LESSON4
経費
について

  • 月末に
    仕入れると
    赤字になる
  • せどらーは
    経費で
    損している
  • あの〇〇が
    経費になる!?

月末に仕入れると赤字になる

利益の計算方法って覚えてますか?

売上から仕入と経費を
引いて残ったのが利益
でしたね。

例えば
売上が50万円、
仕入が40万円、
経費が5万円とすると

利益が5万円です。

この状態で月末最終日とかに
10万円仕入れると
どうなると思いますか?


売上が50万円で
仕入が40万円+10万円
経費が5万円なので

利益がマイナス5万円
になりました

赤字になっちゃいましたね。

もし、この計算が許されるなら、

12月最後に儲かってる分だけ
仕入して赤字にできます。


赤字だと税金はかかりません。


はい、そんなことが
許されるわけがありませんね!



では、利益はどう計算するのか?


はい、実は利益計算するときに
もう一つ追加しないといけません。


それが『棚卸』です。


仕入れたけどまだ売れてない商品は
棚卸として計算しないといけません。


正しい利益計算は

売上から仕入を引いて、
棚卸(まだ売れてない在庫)を足して、
経費を引く。

となります。


混乱してきましたか?


大丈夫です。


よく見てください!

足し算と引き算だけです。
小学生でも計算できます
からね。


『棚卸』はとっっても大事なので
覚えておきましょう。

せどらーは経費で損している

せどらーって
売上とか
商品利益(粗利)とかは

好きなんですけど、

経費に無頓着すぎる人が
多いんですよね。


経費にできるものを
経費にしてないから、


無駄な税金を払ってるんですよ。


稼ぎたくて始めたせどりなのに
経費を引いた最終的な
利益や
資金管理ができてないって

何やってるんだろうって思いませんか?


いつの間にか、稼ぐのが目的ではなくて
せどりをすることが
目的になってるんですよね。



この状態を抜け出せないと
いくらせどりをやっても

お金は増えないどころか、
減っていきますよ。



せどらーの経費ってたくさんあります。


例えば、
アマゾンにFBA納品するときの
ゆうパックや宅急便の送料
もちろん、
自己配送の送料も
経費ですね。



発送するために使う
ダンボールやガムテープ、

プリンタインクやカッター
なども
経費ですね。



あと、店舗せどりやってる人は
車のガソリン代はもちろん、

高速代や駐車場代も経費ですね。


セミナーや情報交換に行く場合の電車代
も経費になります。



自己啓発の本とか飲食代とかでも
経費になるものもあります。



他にもここでは挙げきれないぐらい
経費になるものがあります。


次で、多くのせどらーが経費にしてない
代表的なものと
その解説をしますね。

あの〇〇が経費になる!?

【自宅の家賃や
電気代が経費になる】


個人事業主の人で
自宅で仕事をしている人は

家賃や電気代が経費になります。

これ経費にしてない
せどらーさんが多いです。


ただし、経費になるのは
全額ではなくて、

仕事に使っている部分だけです。


例えば家賃5万円の1Rに住んでいる
独身のAさん。

仕事で使っている割合が50%とすると
家賃5万円の50%、

つまり2.5万円が経費になります。


年間にすると30万円の経費になります。

しかもこの家賃って経費にしなくても
払ってるものですからね。



で、この割合をどう計算したらいいのか
という質問をよくいただきます。


家賃の場合は、
仕事に使用してる面積や時間で
計算しましょうというのが
一般的で、合理的です。


専用の仕事部屋がある人は
面積で計算するのもいいですね。



ただ、副業の人で専用の仕事部屋を
持ってる人は少ないと思うので、
時間で計算する人の方が
多いかなという印象です。



家族がいる人は自分だけの仕事時間で
計算すると
割合が高くなりすぎる
(合理的でない)
ことが考えられます
ので、
その辺も考慮してくださいね。


あと、仕事用に事務所を借りてる場合も
自宅でも仕事をしていたら自宅分の
家賃も割合で経費にできますからね。



電気代や水道、ガス代、
いわゆる水道光熱費は家賃と同じ割合で
経費にすれば
基本的には
問題ないかと思います。





【車検代が経費になる】

仕事で自家用車を使ってる人は
ガソリン代とか駐車場代とかを
経費にしてますよね。


では車検代や自動車保険料も経費になる
ことを知ってますか?


結構驚かれることが多いですけど、逆に
経費にならない
理由を聞きたいですね。



もちろん、
全額を経費にしては
ダメですよ。



前述の家賃と同じで仕事に使ってる
割合分だけを
経費にしてくださいね。


あ、電脳せどらーでも車を仕事に使う
ことは
ありますからね。



直接的な経費以外にも経費になるものは
たくさんありますので、

気をつけてくださいね。




【飲食代が経費になる】

経費になる飲食代は
主に2種類あります。

1つは打ち合わせの時に
コーヒーやお茶などを飲みながら、

または食事をしながらという飲食です。

経理的には会議費と言います。

特に金額の制限やお酒を飲んだら
ダメという
決まりはありません。


ランチミーティングなども
会議費ですね。



そしてもう一つ、
みんな大好きな(?)
接待交際費です。

なんか接待とか交際費とかって
特別なことを
想像するかも
しれないですけど、


普通に情報交換とかで
ご飯を食べに行く、
お酒を飲みに行くのも接待交際費です。



ここで気をつけなければいけないのは、

あくまで仕事(ビジネス)に関係ある
飲食ということになります。


単に友達と飲みに行ったのは
プライベートなので
経費にはなりません。

ただ、情報交換もビジネスには
欠かせないので、


ビジネスやってる人(個人事業主)が
仕事全く関係なく飲みに行く
って
ないと思うんですよね。


これはあくまで個人的な考えですけど。

私は家族以外との飲食は
全て経費にしてますね。


事業家に完全プライベートなんて
ないですよ(笑)





【教材代やコンサルが
経費になる】


これが経費にならないなら何が経費に
なるんだろうって
思うんですけど(笑)

実際に経費になるかどうかで
一番聞かれる質問がこれなんですよね。



経費になるかどうかの判断は
それがビジネスに必要かどうかです。


例えば
恋愛系の教材みたいなものは
ビジネスに関係ないので

買っても経費にはならないですよ。

でもビジネスに関係するものの
教材やコンサルは全て経費になります。



一つ気をつけないといけない
のは
年をまたぐコンサルやスクールです。

例えば12月に50万円で
半年間のコンサルに参加したとします。


この場合、今年の経費になるのは
12月の一ヶ月分です。


50万円を6ヶ月で割るので
ヶ月分は8.3万円ですね。


残りは来年の経費になります。


面倒ですよね。


今は募集してませんが、私のコンサルは
期間が無期限なので

いつ参加しても全額経費になりますよ。

ちゃんと参加する人のことを
考えてるでしょう?(笑)
いかがでしたか?

今回は、

≪LESSON4 経費について≫

をお話させていただきました。

どういうものが経費になって、
どういうものが経費にならないか


わかっていただけましたでしょうか?

あなた自身、経費で損していませんでしたか?

質問や感想などは
メッセージにていただけると嬉しいです


LESSONは以上となりますが、
ライン@の方では引き続き

マル秘お得情報を盛りだくさんで
お伝えしていきますので


楽しみにしていてくださいね♬