目元ケアに欠かせない!
口コミ評判の良いアイクリーム

年齢を重ねると同時に気になり始めるのが、目元のしわです。今回はなぜ目元のシワができるのか、ケアに欠かせないアイクリームなどについて紹介していきましょう。目元ケアをしたい人はぜひ参考にしてみてください。

しわの種類

しわには種類がないと思っている人もいるでしょう。しかし、実際は違います。しわと言っても原因などが異なる複数種類があるのです。こちらでは、どんなしわがあるのかを見ていきましょう。

・乾燥じわ
乾燥によって肌がかさつくことで、ちりめん状や線状のしわを指します。放置することでしわの数が増えてしまい、小さなしわが大きなしわに変化していたということもあるようです。

・紫外線じわ
紫外線のダメージによってできるしわです。肌のハリを支えるコラーゲンが減少することで、大きなしわに繋がります。紫外線によるダメージは決して軽視できないので、しっかりと日焼け止めなどを塗って対策しましょう。

・表情じわ
笑った時のしわなど、表情の変化によってできるしわが表情じわです。若い世代の時は、表情じわができてもすぐに元に戻りますが、年齢を重ねることによって弾力を失っていき、表情じわの跡が消えなくなります。その結果、しわとなって残るのです。

アイクリーム選びの際に注目したい成分とは?

アイケアのためにアイクリームを使っている人もいるでしょう。しかし、適当に選ぶのではなく成分などに注目しなければいけません。こちらでは、アイクリームでおすすめされている成分について見ていきましょう。

・シアバター
保湿成分の高さで注目されている成分です。中央アフリカなどに広く分布されている「シア」という植物の種子から抽出した脂肪酸のことを指します。しっとりとしていて、なめらかに肌の上をすべる感覚が心地よいです。乾燥を防ぐためには最適な成分と言えます。

・ホホバオイル
樹齢200年に達する珍しい植物、それがホホバです。ホホバの種子から抽出した成分がホホバオイルです。ホホバが種子を実らせ始めるのが樹齢10年程度からと言われていて、希少価値が高いオイルとして知られています。

・プラセンタ
美白効果が高い成分として、プラセンタの名前を聞くこともあるでしょう。シミの原意になるメラニン生成を抑制してくれる効果が期待されています。肌の生まれ変わりも手助けしてくれるので、綺麗な美白肌に導いてくれる成分です。

アイクリームの選び方

アイケアのためのアイクリームには、さまざまなものがあります。そのため「どんな選び方をすればいいのか」という悩みを持っている人も多いはずです。こちらでは、アイクリームの選び方について見ていきましょう。

・費用
どれだけ効果が高くても継続できなければ意味がありません。効果が高く費用も高額なものより、若干効果は劣っても継続できるアイクリームを選ぶようにしてください。

・肌質
肌質に合わせたアイクリームを選ぶ必要があります。敏感肌、乾燥肌、アイクリームは肌の状況などに合わせた成分が含まれているので、自分の肌質を知るのは重要です。

・口コミ
実際に使った人の意見が見られる口コミサイトなども確認しておきましょう。すべての人に同じ効果があるわけではありません。効果があった人、なかった人などの意見を比較して選ぶといいでしょう。

口コミ評価の高いアイクリームを販売しているメーカー

こちらでは、口コミ評価が高いアイクリームを販売しているメーカーについて見ていきましょう。現在、どのメーカーのものを買うか悩んでいる人は参考にしてください。

・SK-Ⅱ
アンチエイジングコスメで高い評価を集めているメーカー、それがSK-Ⅱです。年齢や肌質に合わせた製品が多くあるので、自分の肌に合うアイクリームを使うことができます。国内外で肌の綺麗な女優さんをCMに活用していることでも有名です。

・クリニーク
比較的リーズナブルな価格で購入できるアイクリームが特徴的です。各自の肌のコンディションやニーズに対応できる商品をウリにしています。ブランドに対する信頼なども厚いので、アイクリームだけではなくスキンケアアイテムを購入している人も少なくありません。

・コスメデコルテ
中年期以降の女性におすすめされているアイクリームです。コーセーから生まれたブランドであり、スキンケアなどに注目している人が多く活用しています。研究に研究を重ねて開発されたアイテムばかりなので、クオリティの高さにも定評があります。
口コミの高いアイクリームについて知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

アイケアはしっかりしておかないと、すぐに衰えてしまいます。
目元ケアをしないと老けて見られることも多いので、しっかりケアをしておきましょう。
それぞれのお財布に合わせたアイクリームを見つけてください。
高級なものを1回使うのではなく、適度な価格のものを継続して使うことを考えましょう。