長崎・佐世保市のお仏壇処分

お仏壇はご本尊や先祖のお位牌をお祀りする場所で、仏様や大切な故人様のお住まいです。
専門的知識を持った信頼できる業者に依頼し、適切に処分しましょう。

御見積無料

お仏壇処分についてお悩みありませんか?

  • 処分方法が分からない
  • 費用を知りたい
  • 専門業者を知りたい
  • 県内に菩提寺がない
  • 実家の仏壇を処分したい
  • 引越しで仏壇を処分したい
  • 実家の仏壇を処分したい

そのお悩みを解決します!

長崎県佐世保市内で、お仏壇・仏具販売店を創業して今年で82年になる「お佛壇のかたやま」がお仏壇処分を引き受けます。「佐世保仏教連合会」の会員で、仏教に精通したスタッフがお客様のお仏壇を正しい方法で処分いたします。まずはお見積りやご相談だけでもお気軽にお問合せください。

お仏壇処分までの流れ

Step.1
菩提寺へ「閉眼(へいげん)供養」の依頼をする。
お仏壇購入の際、必ず「開眼供養」を行います。そのため処分する場合は「閉眼供養」が必要となります。
Step.2
仏壇処分業者を探す。
何を専門で行っているか不明な業者より、店舗を構えた仏教の専門的知識を持った業者に依頼することをお薦めします。
Step.3
菩提寺の僧侶へお布施を渡す。
菩提寺もしくはご自宅で僧侶に「閉眼供養」を施していただき「お布施」を渡します。
Step.4
仏壇処分業者に仏壇を回収してもらう。
必ず「閉眼供養」が終わった後に業者を呼び、仏壇処分業者に引き渡します。
Step.2
仏壇処分業者を探す。
何を専門で行っているか不明な業者より、店舗を構えた仏教の専門的知識を持った業者に依頼することをお薦めします。

「閉眼供養」について

お買い替えや引っ越しなどに伴い、古いお仏壇を処分しなければならないこともあります。しかし、お仏壇はご先祖さまやご本尊を祀るものであるため、古い家具などを処分するときと同じように処分するわけにはいきません。

お仏壇を処分するとき、やらなければならないことは「閉眼(へいげん)供養(魂抜き)」です。お仏壇に入っているご先祖さまの魂を、抜いてもらう儀式になります。

お仏壇を購入する際に開眼供養を行います。お仏壇に魂を入れる儀式です。魂を入れたお仏壇は必ず魂を抜いて処分するようにしてください。
「閉眼供養」はお布施(費用)がかかりますので、まずは菩提寺の僧侶へご相談なさってください。

お仏壇を処分する業者について

現在、お仏壇処分はインターネットの普及にともない、様々な業種の業者が専門外で行っています。中には誤った方法で処分し、トラブルになるケースも増えているようです。

お仏壇は仏様や大切な故人様のお住まいです。処分には「仏壇の知識」と「仏教の知識」の両方が必要になります。
そのため、店舗を構えていて、お仏壇の処分経験が多い仏壇・仏具販売店などにご依頼されることをお薦めしています。


処分ができるお仏壇

当店で処分可能なお仏壇は、ご自宅から運び出すことが可能なお仏壇であることと、「閉眼供養」が終わっているお仏壇とさせていただいています。
そのため、お仏壇を運び出すために工事が必要な場合や、お仏壇の「閉眼供養」が終わっていない場合は処分をお断りすることがあります。

ただし、何らかの事情で「閉眼供養」ができないお客さまについては、有料にて当店のお取引先寺院で「閉眼供養」を行なった上で処分させていただきます。
お仏壇の処分をご検討のお客さまはぜひ当店へご相談ください。

長崎県外在住の方について

  • 長崎の実家(親族)のお仏壇が処分したい。
  • 県外からのご用命もお受付しています。日程や「閉眼供養」についてもお気軽にご相談ください。
  • 県外からのご用命もお受付しています。日程や「閉眼供養」についてもお気軽にご相談ください。

処分料金

高さ130cm迄 20,000円(消費税込み)※
高さ131cm以上 25,000円(消費税込み)※
2階以上で階段を使う場合 +2,000円
駐車場が無い場合 +2,000円
閉眼供養 10,000円~(宗派によって異なります)
2階以上で階段を使う場合 +2,000円
※仏間に仏壇が入り込んでいる場合は、サイズや運搬環境に関わらず別途費用(+5,000円)が掛かる場合があります。
営業時間 9:30 - 18:30(日曜10:00 - 17:00)
0956-32-5555
第1・3日曜休み

実 績

令和元年10月
長崎県佐世保市のお客様で総高さ54cm程度の上置型仏壇を処分させていただきました。

会社概要