太秦の撮影の達人に
会社やお店のCMを撮ってもらいませんか?

2017年8月28日(月)
読売テレビ夕方ニュース
【かんさい情報ネットten.】に登場予定。

武将スーツ紹介予定です。

「気になるアレどうなってん」のコーナーで武将スーツが紹介される予定です。
放映エリアが関西地域になるかと存じますが、ご視聴可能地域の方は是非、
御覧くださいませ。

武将スーツ詳細へ

武将スーツCM
右京太秦芸能人会×株式会社NFL・ノービアノービオ

2014年、株式会社NFL(フォーマル専門店ノービアノービオ)によって始まった武将スーツプロジェクト
これまでに真田幸村、織田信長、北条氏康、島津義弘、石田三成スーツが商品化。

武将スーツはNHKやTBSなど数多くのメディアでも取り上げられてきました。
この武将スーツのCMを、太秦の映画スタッフの有志で結成された右京太秦芸能人会と
武将スーツを手掛けるノービアノービオ(株式会社NFL)がタッグを組んで制作しました。

本作には右京太秦芸能人会より
監督・演出に「逃亡者おりん2」「鬼神剣サキ」などで知られる中野広之監督、
「水戸黄門」「逃亡者おりん」などを手がけた和田圭一監督を迎え、
カメラマンに「水戸黄門」「大岡越前」などの杉原典彦氏、

そして!
真田幸村役には「ラストサムライ」「オードリー」「仮面ライダーW」などに出演多数の西村匡生氏という
贅を尽くした京都太秦の才能あふれる辣腕集団が結集!

撮影協力には甲冑や小道具レンタルで有名な「株式会社 高津商会」さんの
全面協力のもと制作されました。

企業CMを撮りたい!武将スーツを作りたい!そんなお問い合わせをお待ちしております!

武将スーツとは
「現代のサムライ ビジネスマンの甲冑」

大阪城下、谷町で紳士礼服の製造小売を手掛ける株式会社NFLは、
戦国時代のサムライの仕事着が甲冑なら、現代のサムライ、ビジネスマンの甲冑はスーツだ!をテーマに、武将☓ご当地素材で武将をモチーフにしたスーツを製作。
地方を盛り上げようとこれまでに5つの武将スーツを製作してまいりました。

武将スーツはご当地応援商品です。
ご当地の伝統素材や伝統工芸品×ご当地が誇る武将を組み合わせ、
スーツとして製作・シリーズ化をしております。

真田幸村では長野県の上田紬、和歌山県の皮革製品を、織田信長では愛知県・岐阜県(尾州)の毛織物を、北条氏康では小田原の伝統工芸品・寄木細工を、島津義弘では薩摩ボタンや大島紬を、石田三成では
近江ちぢみを採用し、自治体とも数多く連携、ふるさと納税の返礼品にも選ばれてきました。

そして、このCM動画では太秦の時代劇を担ってきた素晴らしいチームにご協力を頂きました。

地元の武将をスーツ化してほしい!武将スーツを取り扱いたい。
太秦の名人達によって企業、商品、サービス、あるいは自治体のCMを制作してほしいなどのお問い合わせやご用命をお待ちしております。

2016年の大河ドラマ真田丸の影響もあり、首相官邸のHP、内閣府地方創生推進室「ふるさと投資」連絡会議の事例集(4)に幸村スーツが掲載されたり、テレビ、新聞でも数多く取り上げられています。

【これまでの武将スーツ主なメディア実績】
2016年
12月15日滋賀報知新聞/12月13日毎日新聞・産経WEST/12月7日繊研新聞/12月1日中日新聞/10月13日南日本新聞/10月3日繊研新聞
8月27日産経新聞/6月3日繊維ニュース/3月10日ライブドアニュース/1月15日NHK「ニュースほっと関西」/1月14日TBS「Nスタ」
1月11日東海ラジオ「安蒜豊三 ニュースファイル」

2015年
9月7日繊研新聞/9月2日BSジャパン「日経プラス10」/8月31日産経新聞/7月28日信濃毎日新聞/7月23日フジサンケイビジネスアイ
5月28日朝日新聞/3月13日朝日新聞/2月5日J.COMチャンネル「関西TODAY」など

武将スーツCM制作チーム
【右京太秦芸能人会】が
企業のお店のご当地のCMを作ります!

【右京太秦芸能人会の現在の活動について】

Ⅰ、右京太秦芸能人会は
①時代劇映画継承する
②自然を守る活動を中心に時代劇ロケ現場の保存活動
③時代劇の技術スタッフを継続して育てる
を、目的として掲げています。

その中で今年、1月より『100年後に残る名作を京都で作ろう!』を会のキャッチフレーズに、水戸黄門の様な、‶笑いと涙ある時代劇″を
是非未来に繋げていきたいと願って、児童文学作品『なまくら』の映画化を計画し、今動き出しています。

原作は、児童文学界の巨匠・吉橋通夫先生です。
‶なまくら″は、野間児童文学賞並びに京都本屋大賞を受賞した、児童文学の金字塔です。

短編七編を二年かけて製作する予定です。2017年、まず、『チョボイチ』と『なまくら』を製作します。

物語の舞台は、全て京都です。撮影も、勿論京都で行われます。

Ⅱ、京都の民間団体「銀幕維新の会」で製作している、浅田次郎原作の時代劇映画『輪違屋糸里』の広報・
メイキング制作。 京都の時代劇づくりを記録におさめた、記録映像制作。

①京都の時代劇づくりを記録におさめた、ドキュメンタリー制作
②島原の太夫さんの取材。芸妓さん、舞妓さんを取材した記録映像制作    

CM制作についての問い合わせ

監督・脚本家・演出家/中野広之

1967年栃木県足利生まれ。監督・脚本家・プロデューサー・舞台演出家・CM監督。
1989年大阪芸術大学映像学科を平成元年度主席にて卒業。
京都映画祭実行委員長・映画監督中島貞夫に師事。

2003年TSUTAYA全国レンタルより「千代姫戦鬼」にて監督・脚本家デビュー。

2006年大阪サンテレビ局にて連続ドラマ、「恋するユーレイ」「剣客魔界伝ヴァンパィアーハンター」を統括プロデュースする。同時にメイン監督と脚本家を務める。

2012年東京12チャンネル系全国放送、連続時代劇ドラマ「逃亡者おりん2」の監督を務める。全11話中7話から11話(最終回)までの五話分を担当する。

2014年“年末時代劇スペシャル”「鬼神剣サキ」の脚本・監督を務める。

2015年7月にイギリス国立英国映画協会にてプレミア上映を果たした。
同年10月、第1回うずまさ映画祭にて、2週間特別上映された。

中野広之監督 これまでの代表作

2003年 
戦国女子高生 千代姫戦鬼

2006年 
剣客魔界伝ヴァンパイアーハンター

2014年 
鬼神剣サキ

2015年
 孫市まつり

監督・脚本家/和田圭一

1953年7月22日生まれ。

1975年 京都府立大学文学部卒業。

1980年 東映太秦映像に助監督として入る。

1981年 第4回ぴあフィルムフェスティバル一般公募部門入選。

1994年 「暴れ八州御用旅」で監督デビュー。

2006年 「逃亡者おりん」。

2007年 「お江戸吉原事件帳」

2008年 「水戸黄門」

2014年 「鬼神剣サキ」

カメラマン/杉原典彦

1971年生まれ。

京都科学技術専門学校卒。

1991年東映太秦映像に所属。
京都撮影所に入所。

主な作品
「水戸黄門」「大岡越前」「逃亡者おりん2」
「バンパイアハンター」等多数。

俳優・殺陣指導・所作指導/西村匡生

武将スーツCM 真田幸村役

1965年生まれ。京都出身。

1980年 東映にて俳優デビュー。

2005年 国盗り物語 浅井長政役

2009年 寧々~おんな太閤記 池田輝政役

2010年 仮面ライダーW 風の左平次役

映画「ラストサムライ」出演。
サンテレビ連続ドラマ「剣客魔界伝ヴァンパイアーハンター」主演。
NHK「オードリー」「ぼんくら」出演。

その他
「水戸黄門シリーズ」「暴れん坊将軍シリーズ」「科捜研の女シリーズ」など
時代劇、現代ドラマでも存在感を示し、テレビ、ドラマに出演多数。東映映画村でも多くのショーに出演している。

殺陣指導・アクション指導としても活躍中。

撮影スタジオ協力・衣装・小道具協力
株式会社 高津商会

『武将になろう!!』甲冑ならお任せください。

映画やテレビで見たあの道具を使って展示や演劇をしてみたいと思われる方は是非ともご一報ください。
親身になってご相談をお受け致します。

これから映像や情報のコンテンツは益々細分化されていくものと推測されますが、知識や道具はコンテンツに関係なく常に必要です。その為のアシスタントとしてお気軽に当社をご利用ください。

映画・テレビ・演劇用小道具貸出及び一般への小道具貸出、時代行列企画・演出、イベント・展示企画・設営

所在地/(本店) 〒616-8163 京都市右京区太秦西蜂岡町13-1 

TEL:075-882-7866(代表)  
ホームページ:http://www.kouzu.jp

【一般イベント部門】
町内の催し物、学園祭のイベント等をはじめ、デパート、ホテル、見本市などのディスプレイ・企画・演出をお手伝いします。万博公園のイベント、デパート友の会イベント・歌謡大会などの企画運営を行っておりま。

【武将スーツCM製作スタッフ】
脚本・監督/中野広之
撮影/杉原典彦
編集・監修/和田圭一
仕上げ・録音/小林薫
殺陣/西村匡生
原案・企画/酒匂雄二
音楽提供/甘茶の音楽工房

武将スーツ・企業CM・動画制作についての
お問い合わせ

武将スーツはご当地応援商品です。
ご当地の伝統素材や伝統工芸品×ご当地が誇る武将を組み合わせてスーツとして製作・シリーズ化をしております。
真田幸村では長野県の上田紬、和歌山県の皮革製品を、織田信長では愛知県・岐阜県(尾州)の毛織物を、北条氏康では小田原の伝統工芸品・寄木細工を、島津義弘では薩摩ボタンや大島紬を、石田三成では近江ちぢみを採用し、自治体とも数多く連携、ふるさと納税の返礼品にも選ばれてきました。

そして、このCM動画では太秦の時代劇を担ってきた素晴らしいチームにご協力を頂きました。

地元の武将をスーツ化してほしい!武将スーツを取り扱いたい。
太秦の名人達によって企業、商品、サービス、あるいは自治体のCMを制作してほしいなどのお問い合わせやご用命をお待ちしております。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信