ビジネスローンで借入を行うメリット

ビジネスローン
ビジネスローンは通常の銀行融資と違い、中小企業や個人事業主などの事業者が利用できる融資商品です。

銀行や証券会社、クレジットカード会社や消費者金融から事業で使う資金を借り入れることができます。

「事業資金が足りない・・・」と悩む経営者の強い味方ですね。

こちらでは、ビジネスローンで借入を行うメリットをまとめました。

ビジネスローンのメリット

中小企業の経営者や個人事業主にとって、資金繰りは頭を悩ませる問題の一つです。

資金調達の方法として、近年ではビジネスローンで借入を行う事業者が増えました。

ビジネスローンの利用を検討するにあたり、どのようなメリットがあるのかきちんと押さえておかないといけません。

それでは、他の資金調達の方法とは違うビジネスローンのメリットを詳しく見ていきましょう。

比較的審査が甘い

ビジネスローンは元々、信用力の低い中小企業や零細企業に向けて開発されたローン商品です。

銀行融資よりも金利は高めに設定されていますが、その代わりに借入の審査が比較的甘いというメリットがあります。

資金調達を行うにあたり、次の悩みを抱えている事業者の方はいませんか?

  • 銀行の融資を受けたいけど審査に通らない
  • 銀行からの借入の枠が増えない
  • 補助金や助成金の対象にならない

中々お金を借りられない中小企業や個人事業主にとって、審査が甘いのは何よりも嬉しいことです。

もちろん、事業者であれば誰でも借入ができるわけではないものの、ビジネスローンは銀行融資のように多くの資料をもとにして、細かい審査が行われることはありません。

最短で即日融資が可能

ビジネスローンの種類によって異なりますが、最短で即日融資が可能なのは大きなメリットです。

急ぎで資金調達が必要な事業者にとって、融資までのスピードが早いのはありがたいポイントですよね。

なぜ、ビジネスローンで即日融資が可能なのか、いくつかの理由を挙げてみました。

  • 事業者の申告した情報をデータで処理して、自動的に判定するシステムのスコアリング方式で審査が行われる
  • スコアリングによる審査は、コンピューターシステムによってスピーディーに完了する

銀行融資の場合は、「融資担当者が面談をする」⇒「稟議書を作成する」⇒「支店内や本店で回覧する」という流れで融資を受けられるか決まります。

銀行では融資まで2~3週間かかるケースが多いですが、ビジネスローンは長くても数日間で結果が出るのが魅力的です。

担保や保証人が不要

ビジネスローンの中には、担保や保証人を用意しなくても借入ができるサービスがあります。

ビジネスローンの種類は大きくわけると次の2つです。

  • 担保や保証人が不要の無担保ローン
  • 担保や保証人が必要な有担保ローン

無担保のビジネスローンであれば、不動産を持たない個人事業主でも借入ができますよ。

ただし、多額の事業資金を低金利で借り入れたい場合は、無担保ローンではなく有担保ローンの方がおすすめです。

担保や保証人が不要なビジネスローンは事業資金を借り入れるまでのハードルが低い代わりに、金利が高く設定されています。

これは許容できる貸し倒れリスクの幅が広がるのが原因ですので仕方ありません。

借入の方法が簡単

「事業資金の借入は手続きが面倒なのでは?難しそう。」とイメージしていませんか?

しかし、カードローン型のビジネスローンでは、借入の方法はとても簡単です。

わざわざ実店舗に足を運ばなくても、インターネット上で融資の申し込みを行い、無事に審査を通過すればコンビニや銀行のATMを使って借入や返済ができます。

お金を借りるまでの手間が一切かかりませんので、ビジネスローンは早急に資金を調達したい中小企業の経営者や個人事業主から選ばれているわけです。

また、カードローン型のビジネスローンは、限度額の範囲であれば何度でも借りられます。

限度額に関しては最初の審査で決定しますが、枠の範囲内で借入や返済ができれば、わざわざ何度も契約を結ぶ必要はありません。

なお、個人の借入総額を年収の3分の1に制限する総量規制はビジネスローンでは対象外ですので、年収の低い個人事業主でも多額の事業資金の調達が可能になります。

最後のまとめ

以上のように、資金調達で悩んでいる中小企業の経営者や個人事業主の方は、ビジネスローンで借入を行うのがおすすめです。

ビジネスローンは銀行や保険会社、証券会社やクレジットカード、消費者金融など様々な金融機関で取り扱いがあります。

ビジネスローンの種類で金利や審査の通りやすさに違いはありますが、「比較的審査が甘い」「即日融資が可能」「担保や保証人が不要」などメリットは豊富ですよ。

どうやって資金調達をすればいいのか迷っている事業者の方は、ぜひビジネスローンを有効活用してみてください。