武将スーツ

現代のサムライ ビジネスマンの甲冑!!!
2014年、株式会社NFL(フォーマル専門店ノービアノービオ)によって始まった武将スーツプロジェクト。
これまでに真田幸村、織田信長、北条氏康、島津義弘、石田三成スーツが商品化しました。
今後もご当地の素材を使った、武将スーツを開発予定!
うちの地域も作って欲しい!というご要望もお待ちしております。
お求めは店舗もしくはwebで

大阪梅田本店
06-6147-2669

東京南青山店
03-5775-2004

WEBショップ
06-6147-4730

営業時間

店舗:11時〜19時30分
(最終受付19時)
WEB:10時〜16時

【定休日】
店舗:年中無休(夏季・冬季休暇除く)
WEB:土日祝
フォーマル専門店ノービアノービオ大阪梅田本店
フォーマル専門店ノービアノービオ東京南青山店

【最新メディア掲載情報】2017年8月28日
読売テレビ ten.で取り上げていただきました!

法人様制服など、BtoBも承っております!
販売店も募集中!お気軽にご相談ください。

問い合わせ・相談

お品揃え

第一弾 大阪

真田幸村

「日の本一の兵」戦国武将の中でも屈指の人気を誇る幸村。戦国最後の激戦で散った幸村の逸話は様々ありますが、知勇兼備の将、戦国一の兵という勇猛果敢な印象があり、大阪では大変人気の高い戦国武将です。 豊臣方と徳川方が対決した「大阪夏の陣」では、徳川家康を追いつめ、真田隊の凄まじさに家康は自害を二度も覚悟したほどだったという逸話が残るほど勇猛な名将だったとして現代でも語り継がれています。スーツには六文銭と「不惜身命」をあしらいました。


真田幸村スーツ

第二弾 愛知

織田信長

革新的な取り組みで戦国時代の時計を一気に進ませた風雲児。新しいものを取り入れ、破竹の勢いで天下統一を目前で家臣の明智光秀に討たれはしましたが、その生き様などで人気は今でも絶大。冷徹なエピソードが多い一方、優しさを垣間見るエピソードも多いのが人気の秘密なのかも。生誕の地・勝幡城の近くで織られたタキシード生地で仕立てた信長のマントも人気です。スーツには代名詞でもある「天下布武」をあしらいました。



織田信長スーツ

第三弾 神奈川

北条氏康

北条五代の中でも最も人気が高い三代・北条氏康(1515-1571) 文武両道、家臣・領民想いの領主 氏康本人が出陣した戦いでは武田信玄、上杉謙信、今川義元との戦でも不敗を誇り、生涯30回以上に及ぶ合戦では一度も敵に背を見せず、傷はすべて体の前につく「向こう傷」だったといわれており、「氏康の向疵」と呼ばれるほど勇猛果敢な武将だったとされます。「禄寿応穏」という家訓は領民に対する思いやりも込められたマニフェスト。スーツではこの朱印をあしらいました。


北条氏康スーツ

第四弾 鹿児島

島津義弘

薩摩島津家は、現代も続く数々の大名家でも屈指の名家です。鎌倉時代から約800年という長い日本の激変の時代の中でも絶えることなく、時代の節目に名を残す名君が輩出されてきました。鎌倉時代に薩摩に渡りった島津家・薩摩勢が明治維新の中心に居たことは皆様もご存知の通り。関ヶ原の戦いでは西軍についた大名で唯一本領安堵されたことからも幕府が一目置いていたことが伺えます。スーツでは代名詞でもある戦術「釣り野伏」や「狐火」「猫神」など島津家にまつわるエピソードを多数取り入れました。

島津義弘スーツ

第五弾 滋賀

石田三成

関ヶ原以後は奸臣・悪者のイメージが根強くなってしまった三成ですが、その生涯は僅か40歳。一世一代の戦に臨んだ三成の当時の石高は約20万石。豊臣家の一家臣にしか過ぎなかった三成が、250万石もの大大名である徳川家康に天下分け目の大戦を挑みました。結果はわずか数時間で決し、三成はその後処刑されました。その後、徳川政権によって奸臣に仕立てられていってしまったのかもしれません。




石田三成スーツ

第六弾 新潟

上杉謙信

「越後の龍」「軍神」などで称される上杉謙信公。義を重んじ、義理堅いという人物像が強く、「敵に塩を送る」逸話を残していたり、侵略のための戦はなかったと言われています。

上杉謙信スーツ

まずはこちらをご覧ください。
不惜身命 真田幸村スーツ
豊臣方と徳川方が対決した「大阪夏の陣」では、徳川家康を追いつめ、真田隊の凄まじさに家康は自害を二度も覚悟したほどだったという逸話が残るほど勇猛な名将だったとして現代でも語り継がれています。

2014年は大阪で幸村博というイベントが来場者数万人を数え、2015年は大阪夏の陣400周年、2016年には大河ドラマも好評を博して終了しました。益々盛り上がる真田幸村熱にあやかったスーツを製作し、大阪城周辺でかつて隆盛を極めた紳士服縫製文化を全国へ発信し、大阪の縫製業界を盛り上げたいと考えています。

不惜身命 織ネーム

裏地は黒で赤の線をあしらい真田幸村カラーを演出。ネームは幸村スーツ専用に真田の六文銭と不惜身命の文字をいれた特別ネームで制作しています。

六文銭ボタン

片袖6個ずつで、六文銭にならった仕様にしています。

ネーム入りネック裏

ネックを裏返すと、赤地で真田カラーを演出。
さらにここにも六文銭と不惜身命のネームを使用しています。

真田紐留め具

真田幸村のイメージである赤をコントラストにあしらい、ジャケットの内ポケットの留め具、パンツの内側のすべり止めに真田紐を使用

天下布武 織田信長スーツ
2014年9月に発表した「不惜身命幸村スーツ」はテレビ・新聞・イベントなど多くのメディアにご紹介頂き、SNSを中心にネットでもたくさんのシェアをされる中で次の武将に関するリクエストもお寄せ頂きました。織田信長のお問い合わせも非常に多く、またNFLが関わっている愛知県の生地メーカーも盛り上げたいという思いで、織田信長スーツを開発するに至りました。

戦国魂プロデュース・天下布武ネーム

実際に織田信長が押印したとされる印影から起こした天下布武の織ネーム。 こちらは戦国時代・戦国武将をプロデュースする企画集団・戦国魂の鈴木智博プロデューサーに提供・監修頂きました。

永楽旗カラーのボタン

永楽通寶の旗印の山吹色をイメージしたボタン。袖や内ポケットにあしらいました。永楽通寶ボタンと同じく袖ボタンもガンメタリックカラー。袖ボタンの配色はオーダー時にお選び頂けます。

選択可能な襟裏

幸村スーツで好評だった襟の裏の色は3色からお選び頂けます。
左:ワインレッド 右:イエローそして、ノーマルのブラックの3色をご用意しています。

禄寿応穏 北条氏康スーツ
さて「次は是非小田原で!」という熱いオファーを頂きました。
五代90年に渡り関東を治め、今なお慕われ続ける北条氏より、特に人気の高い三代目北条氏康と小田原城をモチーフとしたスーツを製作。
北条五代の大河ドラマ化へ向けて盛り上がる小田原の町おこしのお役に立てればと、小田原市観光課の皆様や小田原の伝統工芸品である寄木細工の若手の職人さん、戦国プロデュース集団戦国魂さんと会議を行い、武将スーツ第三弾「禄寿応穏 北条氏康スーツ」開発プロジェクトを立ち上げました。

禄寿応穏 織ネーム

北条家の家訓が記された「祿壽應穩」=「禄寿応穏」のハンコ【虎朱印】は当主が発給した公式文書を示すために作られた印です。上に乗っている虎は初代・北条早雲の夢に出てきた虎とされています。

「ろくじゅおうおん」の意味は「祿壽(財産と生命)は應(まさ)に穏やかなるべし」のことで、家臣・領民の財産と生命、つまりは穏やかな生活は北条家が守るという、食うか食われるかの戦国時代において、とても庶民を考えた「マニフェスト」を掲げていたのです。

五色旗・五色備えのモチーフ

北条軍の5人の家老の軍の色分け。いわば北条家のスーパー戦隊。この五色の旗は氏康の本陣の馬標として掲げられたといいます。
多目元忠 (黒備)、笠原康勝 (白備)、北条綱高 (赤備)、
富永直勝 (青備)、北条綱成 (黄備)
袖ボタンの下には五色リボンをあしらい、ちょい見せで違いを演出
※袖口がボタンで開く「本開き仕様」はお仕立て時別途3,240円のオプションとなります。

緑色の襟裏

ゲームなどで北条家のイメージカラーとして使用されることの多い緑をあしらいました。
※三つ鱗の金糸刺繍はお仕立て時別途6,480円のオプションとなります。

鬼島津 島津義弘スーツ
西軍の敗北が濃厚になる中、ただでさえ少数の島津軍は四方を敵に囲まれ絶体絶命の危機を迎えます。その時に島津義弘が家臣に尋ねます。「敵はどの方面が最も勢いがあるのか?」と。 家臣は答えます「東側の敵が最も勢いがある」と。 そうすると、義弘は家臣に言い放ちます。 「では、その最も勢いのある軍勢に突撃せよ」と。そうして300あまりの軍勢が80,000の敵軍へ突撃すつ前代未聞の退却劇が始まります。これが今なお語り継がれる敵中突破「島津の退き口」です。 300の兵士のうち、薩摩に生還できたのは80名あまりとも言われています。 この壮絶な退却劇があってこそ、島津家・薩摩藩は激動の時代を生き抜いていくのです。 今回の島津義弘スーツでは、これらの故事を取り入れ、鹿児島県の伝統素材も使用して制作しました。

十字紋の織ネーム

織田信長、北条氏康に続き、今回も戦国プロデュース集団・戦国魂さんがグッズに使用されているロゴデータをご提供いただきました。黒地に白銀色の十字が映えます。

丸十ボタン・小返しの五本鑓ボタン

小返しの五本鑓(こがえしのごほんやり)とは、関ヶ原の戦いにおいて敵中突破退却戦の際、下馬して戦場に踏み止まり、島津義弘を救うために奮戦した家臣5人、川上忠兄、川上久智、川上忠智、川上久林、押川公近、久保之盛を顕彰した呼び名。

彼らの奮戦がなければ、後世まで語り継がれる壮絶な退却劇「島津の退き口」は成立しなかったかもしれず、その勇猛果敢な5人をイメージし、通常は4つが多いスーツの袖ボタンを5つ配しました。
左右の第一ボタンのみ、丸十のプリントを施しました。

襟裏十字刺繍

鹿児島訪問時、尚古集成館様よりご提供頂いた十字の家紋を襟裏に刺繍。これまでの武将スーツではオプションにしておりましたが、リクエストが多いことから、今回は標準でお付けすることにしました。
重要な会議、大きな商談、プレゼンが控える朝はこの襟を見つつ、ピシッと立てていざ出陣!

釣り野伏せっぱ(つりのぶせっぱ)

島津家が得意とした伏兵戦術として「釣り野伏せ(つりのぶせ)」というものがあります。
全軍を3つに分け、2部隊を左右で伏兵させて、敵を三方から包囲する戦法。まずは中央の部隊が正面から敵と対峙、敗走を装いながら後退するのが「釣り」そして敵が追撃を開始すると、左右の伏兵に敵を攻撃させる「野伏せ」で完成。

本来は袖のボタンがあるところの穴かがりに見せた切羽(せっぱ)と呼び、ボタンホールが開いていて開閉ができる袖を本切羽(本開き)といいます。
その切羽の裏袖にICカードを伏兵のように収納できるポケットを装備。

大一大万大吉 石田三成スーツ

武将スーツ第5弾・石田三成スーツ。
滋賀県米原市と連携、滋賀県のまちおこしをということで、滋賀県米原市からお声がけ頂き、地元の方はもちろん、石田三成の末裔である石田家15代目ご当主石田秀雄さんにもお会いし制作のお許しを頂戴しました。

大一大万大吉スーツ ネーム

大一大万大吉 織ネーム

石田三成の旗印である「大一大万大吉」に石田三成のご子孫である、石田家15代目ご当主・石田秀雄さんより頂戴した家訓「惜命報義(しゃくみょうほうぎ)」を重ねたオリジナルのネームをあしらいました。 惜命報義とは命を惜しまず、義に報いること。豊臣家の恩顧に報いるべく関ヶ原へ挑んだ三成の生き様そのものではないかと想います。

三献の茶ボタン

秀吉に取り立てられるきっかけとなった「三献の茶」の故事にちなみ、盃のようなお椀型のボタンを採用。
袖は3杯のお茶にならい、3つのお椀型ボタンをあしらいました。

大一大万大吉スーツ ボタン
大一大万大吉スーツ 襟

襟裏の九曜紋刺繍

石田家の家紋の一つ「寄り九曜」の家紋を襟裏に豪奢な刺繍であしらいました。この周囲の紋が中心に近いものが石田家の本流であると秀雄さんより伺いました。

着用時、襟を正すとき、天下分け目の戦いに挑んだ石田三成の心情に想いを馳せてください。
会議、商談、プレゼン、コンペ。ビジネスマンの大戦に挑むときの相棒として着用してほしい。そんな願いを込めました。

第一義 上杉謙信スーツ
武将スーツ第6弾・上杉謙信スーツ。
上杉9代目「上杉孝久さん」とご縁をいただいたことがきっかけでできた謙信スーツ。
かねてから「次は謙信で!」のお声も多く頂いておりましたが、武将スーツは「ご当地の方々」と「ご当地素材」が不可欠。この度、新潟県の素材「小千谷ちぢみ」との出会いもあり遂に謙信スーツ開発しました。

上杉家家紋【竹に雀】の織ネーム

謙信公をお好きな方は、この画像をみて「あれ?」と思われるかもしれません。多くの方々は異なる図柄でご覧になられていることでしょう。
しかし、上杉さんによると「正式にはどれも違うのです。時代とともにファッション性が出て来るので、正式はこちらです」とお送り頂いた図案でおこしたのが今回スーツにあしらった織ネームになります。

三献の儀ボタン

謙信公は身支度を整えると、必ず、大・中・小の三つの杯で酒を飲み干す「三献の儀」を行ってから出陣したとされています。また、伝説として語り継がれる第四次川中島合戦の一騎打ちでは、謙信公が武田信玄公を3度斬りつけ、それを払いのけた軍配に7つの傷を残した「三太刀七太刀」の伝説の三太刀の三もイメージ。
ビジネスシーンで素早く行動することが求められる人々に、謙信公の軍神の魂を宿す想いも込めて。 

「毘」と「龍」の刺繍ワッペン

謙信公が軍旗として用いていたとされる「龍」(左)と「毘 」(右)。龍は不動明王を表し、毘は毘沙門天を表すとされる軍旗の文字。対で祭られる2体の神を刺繍文字のワッペンにあしらいました。
大きさは最大辺で縦横8cm。シールでもアイロンでも着けられるのでお手持ちの物に不動明王と毘沙門天をあしらえます。

商い処のご案内

ACCESS

ノービアノービオ 大阪梅田本店【完全予約制】

〒530-0013
大阪府大阪市北区北区茶屋町8-34 KZCHAYAMACHI 5F

阪急電車「梅田駅」茶屋町口より徒歩5分
JR線「大阪駅」御堂筋北口より徒歩11分
地下鉄御堂筋線「梅田駅」1号出口より徒歩8分
地下鉄谷町線「東梅田駅」1号出口より徒歩9分
完全予約制とさせていただいております。
ご来店の前には一度お電話きますようお願い申し上げます。

tel:06-6147-2669 
mail:tempo@nfll.co.jp
営業時間:11時~19時30分(最終受付19時)
定休日:年中無休 (夏期・冬期休暇はお休みいたします。)

ノービアノービオ 東京南青山店

〒107-0062
東京都港区南青山3-10-36
銀座一丁目9番出口を出てメルサギンザ2の角を右折。
5ブロック目の右手白いビル4Fです。
(昭和通りに突き当たる2軒手前の1Fがタバコ屋さんになっているビル)
tel:03-5775-2004
mail:aoyama@nfl.co.jp 
営業時間:11時~19時30分(最終受付19時)
定休日:年中無休 (夏期・冬期休暇はお休みいたします。)

会社概要

社名 株式会社NFL
NOVIA NOVIO FORMAL LIFEの頭文字をとって社名としています。
本社/WEBショップ 本社所在地
〒540-0021 大阪市中央区大手通2-1-7

本社事務所/WEBショップ
〒530-0013 大阪市北区天満3-2-2 シャンブルド天満橋 2F
大阪梅田本店 〒530-0013 大阪市北区茶屋町8-34 KZ CHAYAMACHI 5F
TEL : 06-6147-2669
南青山店 〒107-0062 東京都港区南青山3-10-36
TEL:03-5775-2004
縫製工場 〒540-0021 大阪市中央区大手通2-1-7
TEL:06-4790-6676
代表者 代表取締役 川辺 友之
資本金 7,000,000円
従業員数 25名
事業内容 フォーマルウェアの販売及びフォーマルアクセサリーの販売
所属団体 大阪商工会議所
本社/WEBショップ 本社所在地
〒540-0021 大阪市中央区大手通2-1-7

本社事務所/WEBショップ
〒530-0013 大阪市北区天満3-2-2 シャンブルド天満橋 2F

問い合わせ

確認後、弊社よりご連絡させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信