なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

二の腕のブツブツ用クリームの選び方

二の腕のブツブツをキレイに消したいのであれば、クリームやジェルなどのスキンケア用品の使用がおすすめです。

私は毎日のスキンケアにクリームを取り入れてからというもの、二の腕のブツブツが気にならなくなりました。

肌に潤いを与えてガサガサや乾燥が気にならなくなるのも嬉しいですね。

しかし、ただ薬局で市販されているクリームを二の腕に塗っていれば良いわけではありません。

下記では、二の腕のブツブツ用クリームの選び方で押さえておきたいポイントをまとめました。

  • 古くなった肌の角質に働きかける成分が配合されているかどうかで比較する
  • ヒアルロン酸やプラセンタなどの肌の保湿成分がたっぷりと配合されている
  • グリチルリチン酸ジカリウムなどの抗炎症成分を含んでいる
  • 「無添加」「低刺激」で肌質の弱い女性でも安心して使える

肌に嬉しい成分が配合された低刺激のクリームを使っていれば、セルフケアで二の腕のブツブツを改善するのは決して難しくありませんよ

二の腕のブツブツにおすすめの商品

私が頑固な二の腕のブツブツを解消できたのは、レオナビューティーから販売されているジェルクリームのピュアルピエを使ったからです。

薬局やドラッグストアなどの実店舗では取り扱っていないため、ネット通販で公式サイトから購入する必要がありますね。

ピュアルピエでスキンケアをしてからは、二の腕を気にせずに水着を着られるようになりました。

二の腕のブツブツや赤みなどのトラブルに働きかけてくれるのは、セイヨウナシ発酵液やプラセンタなどの美容成分が配合されているからです。

保湿成分を肌に与えて潤いを与えながら肌のターンオーバーを整えるケアができます。

しかも、ピュアルピエの使い方は下記のようにとても簡単です。

  1. お風呂やシャワーに入って二の腕に付着している汚れをキレイに落とす
  2. さくらんぼ大くらいの大きさのピュアルピエを手に取る
  3. 手の平で温めた後に二の腕に満遍なく塗布する
  4. そのまま放置するとサラサラの感触に変わる

ブツブツが気になる箇所だけではなく、少し広げて肌に塗るのがポイントです。

ピュアルピエのお陰で、「うわ!残念…」と思われるような二の腕を改善できました。

180日間の返金保証制度も採用されていますので、キレイな二の腕を手に入れたい方はぜひ試してみてください。



二の腕のブツブツ用クリームのおすすめ人気ランキング

血行を促進する有効成分や抗炎症作用のある成分も含まれているので、赤みをはじめとする肌の状態を改善することができます。ヒアルロン酸やプラセンタなど、さまざまな保湿成分がありますが、尿素自体で十分に肌の潤いを保つことができます。

皮膚の代謝異常で古い角質がたまる毛孔性苔癬には、皮膚科医が血行を促進するビタミンEを含む薬を処方することがあります。また、保湿効果があり、古い角質を柔らかくする尿素を含む製品もお勧めです。

オイリー肌の方は、乾燥による皮脂の過剰分泌が吹き出物の原因のひとつであるため、ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなどの保湿成分を含むクリームを選ぶとよいでしょう。

また、ニキビ用の化粧水や乳液は、抗炎症作用だけでなく、保湿作用もあるので、ニキビ用のクリームと併用することをおすすめします。抗炎症成分グリチルリチン酸ニカリウムを配合したクリームで、肌の炎症を和らげる効果もあります。

ニキビを防ぐ有効成分「グリチルリチン酸2K」を配合したジェル状のクリーム。尿素20%、血行促進成分、抗炎症成分を配合したクリームで、肌の水分量を増やし、炎症を抑え、肌を柔らかくします。

有効成分サリチル酸とグリチルリチン酸ジカリウムを配合した薬用ジェルクリームです。

二の腕のぶつぶつの原因と予防方法

保湿成分や美容成分の入ったクリーム、抗炎症成分の入ったクリームなどをピックアップします。二の腕のブツブツを予防するには、肌のターンオーバーを正常化することです。

そのためには、肌の角質を取り除くことが一番です。美容成分も配合されているクリームを使えば、一石二鳥です。赤ニキビができているときは、抗炎症成分の入ったクリームを塗るとよいでしょう。

自分の肌の状態に合ったクリームを見つけていただくために、カテゴリー別に分けてご紹介します。このクリームに含まれる抗炎症成分は、最もひどいぶつぶつに効果的です。

天然植物性の角質除去剤です。ざらざらしたブツブツを目立たなくする角質除去パックです。石油系洗剤を使用せず、天然成分で作られた重曹石けん。

尿素はダメ!二の腕ブツブツに効く薬用クリーム

毛孔性苔癬の発症は通常思春期であり、前述のように毛孔性苔癬には遺伝、代謝異常、食生活、ホルモンバランスなどが関係しています。レーザー治療は、塗り薬よりも効果がありますが、費用が高く、長期的な継続治療が必要となります。

皮膚科医のクリニックでのレーザー治療は、結果が早く、回復も早い。自宅での治療や美容皮膚科でダーマローラーという医療機器を使った治療があります。

ここでは、腕のブツブツの予防に効果的な薬用クリームをご紹介します。二の腕のブツブツの治療には、皮膚科では角質除去を促すサリチル酸や尿素が配合された軟膏が処方されることが多いです。

そのため、ターンオーバーが促進されているときに、尿素系の角質除去剤やケミカルピーリングで必要以上に角質を除去すると、ターンオーバーのサイクルが早まってしまい、逆効果になってしまいます。アトピー性皮膚炎は、アレルギーが原因で起こる症状です。

アトピー性皮膚炎では、腕にブツブツができることもあります。これは光接触皮膚炎や光過敏性薬疹と呼ばれるもので、薬を塗った部分の皮膚が日焼けすることで起こります。