なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

地域部活動支援

学生時代の部活動は、
「貴重な学びの機会である部活動」、
居場所としての部活動」、
「スポーツ活動を享受する機会を提供する部活動」
といった意義や社会的役割が大きい。

しかし、

昨今の社会的変化(少子化、教員の過剰労働、多様なニーズ…)に伴い、部活動も役割を残しつつ、変化が求められている。

一緒に良い変化に繋がるような活動をしませんか?

これからの部活動

教員の働き方改革

今までの部活動は教師による献身性の下で成り立っており、

持続可能な部活動と学校の働き方改革の両方を実現するために、

特に休日の部活動における教師の負担軽減を図る必要がある。

部活動は、学校教育の一環として行われる活動であるが、

必ずしも教師が担う必要のないものであることを踏まえ、

休日に授業を行わないことと同様に、

休日に教師が部活動の指導に携わる必要がない環境を構築すべきである。

〜文部科学省 資料より〜

生徒にとって

部活動に参加する生徒にとっては、
スポーツ、芸術文化等の幅広い活動機会を得られるとともに、
体力や技能の向上をはかるだけではなく、
授業とは異なる集団での活動を通じた人間形成の機会でもある。

部活動は多様な生徒が活躍できる場であり、
豊かな学校生活を実現する役割を有する。

休日の部活動に対する生徒の希望に応えるため、
休日において部活動を地域の活動として実施できる環境を整えることが重要である。

〜スポーツ庁 資料より〜

地域にとって

すべての地域に求められる役割は、地域全体で子どもたちの成長をサポートすることになります。

しかし、環境やリソースは地域ごとに大きく異なります。
各々の地域毎に試行錯誤して、地域住民みんなが、スポーツや芸術文化を育てていくことが大切です。

例えば、総合型地域スポーツクラブや地域のスポーツ団体などと協力し、受け皿となることや様々な交流の機会を創造していくことがなどが考えられるかもしれません。

先生のやりたい!をサポート

兼業兼職

令和5年以降、教員が土日の部活動指導を行うためには、
教育委員会による兼職兼業の認可が必要になります。

外部団体に属した形で地域部活動として、指導を継続することが可能です。

指導者として学ぶ

指導を学ぶ

「学ぶことをやめたら、教えることをやめなければならない。」

これは、フランス元代表監督のロジェ・ルメール氏の言葉です。

指導者自身も学びが欠かせません。

分析やコーチング、スポーツマンシップ、医療、栄養、メンタルなどの専門家による講義を受け、
指導者としてスキルアップが可能です。

弊社登録の指導者(先生)には、上記のような学びの機会を定期的に得て頂き、
経験に基づく指導だけでなく、スポーツ医科学に基づく指導で、短時間でも効率の良い指導を行い、選手の上手くなりたい!をサポート出来る指導者へとレベルアップして頂きます。

良質な安心安全サポート

全チームに専属トレーナー

弊社に登録された指導者が指導を行うチームには、

もしものケガの際に、有資格者のトレーナーが、オンライン/オフラインを活用して、安心・安全なスポーツ復帰を全チームフルサポート

近隣の医療機関との連携も可能です(地域による)

国が示す方向性

文部科学省・スポーツ庁・文化庁

教員の過剰労働の現実

「学校の働き方改革を踏まえた部活動改革」
https://www.mext.go.jp/sports/content/20200902-spt_sseisaku01-000009706_3.pdf

経済産業省

学校部活動の「光と影」

学校部活動の持続可能性問題

地域×スポーツクラブ産業研究会 第1次提言https://www.meti.go.jp/press/2021/06/20210625005/20210625005-1-2.pdf

地域部活動のカタチ

希望する人全てがスポーツを楽しめる環境

休日の地域部活動とは
地域部活動のカタチ(休日のみの場合)
1校の部活動として活動する地域部活動(平日の部活動の延長)
 指導は、いつもの教員 
 目的;所属チームとしての成長

複数校の部活をまとめた地域部活動 
 指導は、いつもの教員と他校の教員、外部指導員
 目的;競技力向上とともに、他校の生徒、教員との交流で社会性も育む

競技やチームの枠も超えた自由な地域部活動 
 指導は、様々な指導者
 目的;様々なスポーツ体験を軸に、個人としての成長や多様な視点を育む

※土日に大会があり、学校を代表するチームとして参加する場合は、
 単独チームとして参加(地域部活動は場合によりお休み)

部活動の地域移行の順序

現状把握
1

リサーチ&アンケート

まず初めに取り組むことは、各地域の現状を知ることです。
今までは、都市部も過疎地域も同じ学校管理下での部活動でした。
各地域のスポーツ周りをリサーチすることは、部活だけでなく、市民の健康や福祉についても検討する情報となります。
中学校;部活動の種類と所属生徒数、活動場所、スケジュール、担当教員など
担当教員が地域移行後も休日の指導を希望する/しない

地域;受け皿となり得る団体の現状(運営状況、指導者数(ライセンス保有者)、活動日、会費など)

部活動指導員や総合型地域スポーツクラブなど具体的にどの程度の数が必要になるのか?を把握することが第一段階となります。

受け皿作り

地域に合ったカタチを考える

令和3年に、114の拠点で地域移行の実践研究が行われています。
それらの成功事例から、各地域のモデルとなるカタチを検討することや
失敗事例から学びつつ、自分たちの地域のカタチを作っていくことになります。
大切なことは、子どもたちが機会を失ってしまうことがないようにすること

受け皿となり得るのは、
総合型地域スポーツクラブ、民間スポーツクラブ、スポーツ少年団、大学、
プロスポーツチーム、社会人スポーツチームなど 既存のスポーツ団体
外部指導員、部活動指導員
兼職兼業の教員
資金

課題はなんといってもお金

地域部活動に必要な経費は、
グラウンドや体育館などの会場費
指導者への謝金
クラブハウスや照明などの維持費改修費
会場までの移動費
単純に、小学生の習い事のように受益者負担では、
経済的負担によって活動が続けられない子どもも出てきてしまいます。

受益者負担をベースに、貧困家庭への公金による補助、受け皿団体への助成金、
地域企業などによるCSR活動としてのサポート など

また、単なる経費に止まらないエコシステムの構築も必要になります。
大会を考える

大会の再編成が急務

受け皿の形によっては、これまでの中体連、高体連の枠組みでは出場できない大会が出てきてしまいます。

一つの目標でもある大会が失われることで、子どもたちが得られる貴重な機会も失われてしまいます。

各地域の中体連、高体連、競技団体とともに、大会参加規程などの再検討が必要となります。

教員募集

弊社では、部活動の地域移行後も指導に携わりたい教員の方を募集しています。

将来的には、部活動は地域部活動として生まれ変わるかもしれません。

今まで献身的な関わりで部活動を支えて頂いた教員の方々と、
より良い環境を子どもたちに提供できるカタチを作りたいと思っています。

指導者としての成長と子どもたちの豊かな未来をサポートします。

教育委員会・スポーツ振興・推進部門 担当者の方

公立中学校の部活動地域移行

学校と地域、生徒と教員、指導者とチーム
地域により、様々な課題がある
公立中学校の部活動地域移行。

地域のリソースをどのように活用して、
スポーツの教育的価値を残していけるか?
お困りの担当者の方は是非ご連絡ください。
登録に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします
会社名 株式会社Sports Multiply
創業者 佐藤哲史
設立年月 2015年11月