医学部をあきらめるのはまだ早いですよ

国公立大医学部へ合格するための具体的な勉強法を開示

尊敬を集める職業であるお医者さんへの挑戦パスポート

豊かな未来の獲得をサポート


たとえ、2年先、3年先であっても常に時間は
不足しているものと認識しましょう

いつやるか 今でしょ!


効果がないと判断されれば全額返金保証付き





    多額のお金をかけずに独学で

    国公立大医学部に合格できる勉強法が

    あるのですが

    知りたくはありませんか





偏差値が低い

経済的に恵まれていない

でも一念発起して

独学でめざす

逆転国公立大医学部合格勉強法

「今まで勉強してこなかった人が独学で国公立大
医学部に合格する勉強法」

約40年にわたって勉強法をさぐってきた成果を公開

最短1年で合格できる裏技も紹介



 

やり方を間違った勉強法でいくら努力をしても

本来合格できるだけの知力を持っている人でも

合格できないことがあります。

逆に、とても合格できそうもない人でも

合格するための正しい勉強法で努力を

すれば合格できるのです。


独学のほうが自分の時間を多くとれ、自分に合った学習時間を多くとれる。

この教材には、塾で言っているようなことはほぼ入っています。

試験問題を解くには

単純知識と解法知識が必要です。



単純知識とは知っておくべき基本知識のことです。

例えば、数学では公式とか定理です。

解法知識とは問題を解くのに適した解答の導き方のことです。




偏差値40位の人や

今までまともに勉強らしい勉強をしてこなかった人でも

日本語が読めて理解できれば大丈夫!




何故効果的な勉強法を知ることができるようになったのか

私も昔、国立大の医学部を目指して朝から晩まで
図書館にこもって真面目に勉強していましたが、
結局合格することができませんでした。


家庭の経済的事情から受験勉強を続けることができず、
医学部進学をあきらめました。
受験に失敗した後、自分の勉強法が間違っていたことを
痛切に感じました。


失敗のショックが大きかったため、
真剣に勉強法を反省しました。

 

社会人になった後も断続的に様々な勉強法の本を
約40年間読んできました。


仕事が忙しい時は数年間まったく読めなかった時期も
ありましたが、仕事が暇なときは思い出したように
また勉強法の本を読むということをしてきたのです。

その中で最も影響を受けたのが、司法試験を
一年の勉強期間で合格した人が書いた司法試験受験本です。


その時、受験勉強とはどういう風にすればいいのか
確信を得たのです。

 

それをこのマニュアルにまとめました。

 

合格体験記などによく勉強法が載っていますが、
あまりアテにしない方がいいです。

合格者というのは合格したことで
それまでの苦労がいっぺんに吹き飛んでしまっています。

そのため、そんなに苦労しなくても合格できた
という雰囲気で書かれていたり、

勉強法なども上べのカッコいいところだけしか
書かれていません。

ですので、合格体験記の内容を鵜のみにしない方が
いいです。

 

自分にとって参考になるところだけ取捨選択した方が
いいです。

実際の勉強法というものは「泥くさく地味」なものです。

このマニュアルでは、どういう教材を使い、

どう勉強すればいいのか

「合格する勉強法」を具体的に述べています。

       

あなたには私と同じ失敗をしてほしくないのです。

試験で高得点をあげるには「あること」を身に付けて

おく必要があります

予備校の講師が数学の問題を

「論理的思考力を駆使して解かなければいけない」

などと言っていますが、自分自身は、

知識として蓄えた解き方で問題を解いてきただけ。

つまり、論理的思考力を駆使して一から自分で考えて

解いたのではなく、

記憶してきた解き方を

論理的に組み合わせて解いてきただけなのです。

そうでないと大学には合格できなかったでしょう。

講師自身自分がどうやって問題を解いてきたか

はっきりと認識していないのです。

独力で一から自分で考えてひらめきを待って問題を解いていたら

試験時間内にはとても間に合いません。

一から自分で考えて合格した人など一人もいません。

東大生がテレビのインタビューを受けているところを

見る時があります。


その時、彼らも自分で一から考えて

問題を解いてきたようなことを言っていますが、

自分がどうやって問題を解いてきたか

客観的に認識している人はいないように見受けられます。

 

ある種、自分たちの権威づけのために言っている

のかもしれませんが 

予備校の講師も正しい「合格する勉強法」を

知らないこともあると思います。

学校の先生もそうです。

また、たとえ知っていてもそれを教えないと思います。

何故ならば、自分たちの存在意義がなくなるからです。

 

そこで、

「合格する勉強法」を効率よく習得できるようにしたのが

このマニュアルです。

解法知識をどのように身に付けていくのか具体的に

解説しています。

 

中学卒のレベルから国公立大医学部に合格可能なレベルまで
どのように引き上げていくのか具体的に解説しています。

 

このマニュアルで紹介している市販の教材には、

予備校の講師が講義で

言っているようなことはほとんど書かれています。

ですので、特に予備校などに通わなくても独学で

十分合格可能です。