マンション投資で失敗してしまう原因

近年はマンション投資を始める人が増えてきました。マンション投資はリスクが少ないため人気を集めています。しかしリスクが少ないと言ってもゼロではありません。今回はマンション投資で失敗する原因について紹介していきます。

マンション投資のメリット

マンション投資にはさまざまなメリットがあります。収益効果だけではなく、そのメリットを目当てにマンション投資を始める人も少なくありません。今回はマンション投資のメリットについて見ていきましょう。

・少額資金で始められる

一棟マンション投資の場合は、億という費用が必要になります。しかし、ワンルームマンション投資の場合は一室のみなので少額から始めることができるのです。投資額が低いということは、それだけでリスクを軽減していることになります。

・節税効果が期待できる

マンション投資を行うことで、節税効果が期待できます。すべての人に当てはまるわけではありませんがマンション投資は節税になることがあるため、サラリーマンなどに人気を集めています。しかし、状況によっては節税が逆効果になることもあるので、節税をメインにマンション投資をするのはやめましょう。

・年金代わりになる

将来の不安のひとつとして、年金があります。ある程度の生活をするためには年金だけでは足りないと言われているのです。マンション投資は老後資金を得るために始める人も少なくありません。マンション投資による不労所得が手に入ることで、老後の生活資金にすることができるのです。

マンション投資のデメリット

マンション投資は比較的リスクが少なくメリットが多いものですが、デメリットもあります。こちらでは、どんなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

・修繕費用の増大

マンション投資のデメリットとして、修繕費用がかかるということです。マンションも消耗品のため、人が住めば住むほど室内の劣化も進んでしまいます。人の入れ替わりがある以上、室内の修繕をしないと次の入居者が決まらない可能性があります。マンションは築年数が経つにつれて修繕費用もかかるようになってくるので、修繕のための費用を溜めておかないといけません。

・長期空室で収益を確保できないリスクがある

マンションやアパートなどは新築がどんどん建っていきます。そのため、築年数が経過するごとに新規入居者は難しくなるのです。そのため、マンション投資は長期空室で収益を確保できないリスクがあるのです。もちろん、マンションだけに限らず賃貸物件を所持している人全員が同じリスクがあると言ってもいいでしょう。

・災害や事故による収益性の低下

思わぬ災害や事故によって被害を受けることがあります。保険に加入していれば補償されるため、対応する保険には加入しておきましょう。特に地震保険は別途加入しないと補償されないので気を付けておきましょう。近年はオーナーが火災保険の更新をしないケースもあります。火災保険や地震保険を使う機会は滅多にありませんし、実際に使う機会が来ない方がいいのですが、万が一の時のことも考えてしっかり保険には加入しておきましょう。

マンション投資で失敗する原因

マンション投資はリスクが少ないと言っても、ゼロではありません。こちらでは、どんな時にマンション投資が失敗するのかを見ていきましょう。

・長期的なキャッシュフローを見据えられていない

マンション投資で失敗する理由は、収益がすぐに手に入ると考えている人です。長期的なキャッシュフローを見据えていないとマンション投資はすぐに破綻してしまいます。基本的にマンション投資で収益が出るまでに時間がかかります。それをしっかり把握しておかないとせっかくの投資も無駄になってしまうのです。

・主観的な情報に左右されてしまう

マンション投資で失敗をしやすいのが「主観的な情報に左右されること」です。例えば、デザイナーズマンションだから収益が羅回はず、好立地だからリスクがないはずだ、など確証のない情報に惑わされると大変なことになります。情報を整理する時は客観的に考えないと失敗に繋がります。

・判断を周囲に任せてしまう

マンション購入時の担当が勧めてきたからという理由で、投資先を増やす人もいます。しかし、費用を出すのは購入者です。本当に必要なのか、収益が見込めるのかをしっかり見極めないと損をする買い物になりかねません。嫌な考えをすると、担当はノルマ達成のために「儲かりますよ」という話を持ってくるかもしれないのです。大きな買い物だからこそ、判断を周囲に任せないようにしましょう。

マンション投資の失敗について知りたい人が、こちらをクリックしてください。

まとめ

マンション投資はリスクが少ないと言われていますが、それでも大きな買い物に変わりはありません。失敗する原因は少しでも避けつつ、自分のためになるマンション投資を行いましょう。