【緊急告知】
IT導入補助金を活用して、予約管理システムを導入!
初年度に必要な経費の2/3が補助されます。

高機能な予約管理システムApotool&Boxが、IT導入補助金制度対象サービスに採択されました。

補助金を活用すれば初年度にかかる経費の2/3が補助されます。予約システムの導入、クリニックのIT化をお考えの先生方はこのチャンスをお見逃しなく!     >>Apotools&Box紹介サイト

POINT

IT導入補助金とは?

ITソフトウェアを導入することで、業務の効率化が促進され、足腰の強い経営基盤を構築することを目的とし、初年度にかかる経費の2/3の金額を補助するものです。あらかじめ事務局の承認を受け、事務局のHPに補助対象 サービスとして公開されたITツールのみ(ソフトウエア、サービス等)が対象となります。 >>IT導入補助金説明サイト

強化オプションとの3点セットが補助金の対象に

今回、「予約管理システムApotools&Box」「経営分析ツール Intelligence」「自費強化パック」の3点セットがIT導入補助金の対象になりました。約55万円の補助を受けながら低コストに導入頂けます。

日々の売上データが見える経営分析ツール
「 Intelligence 」

レセコンの日計データを毎日、自動で集計。
作業時間を減らして患者さんとの対話により時間を割り当てる事ができるようになります。

新サービス・経営分析ツール「 Intelligence 」 を使えば、Apotoolを普通に活用頂くだけで、レセコンとデータを自動連携。

いままで、受付スタッフの方が、正の字でキャンセル数を数えていたことや、エクセルと悪戦苦闘して、各スタッフの売上状況を把握していた作業が、全て自動集計されます。

予約確認メールから自費治療が伝わる。
「自費強化パック」

メールを受け取った約75%の患者さんが反応(当社調べ)。
自費率アップを強力に後押しします。

多くの患者さんが必ず見るのが“予約確認メール”です。

そんな開封率抜群の予約確認メールを使って、自費治療のメリットやメニューを効果的に伝えられるのが「自費強化パック」です。

詰め物の種類、マウスピース矯正、ホワイトニング、定期メンテナンスなど様々な治療の必要性やメリットを専用スマートフォンサイト※にメールから誘導して伝えることができます。

※いくつかのパターンからお選びいただけます。
(パターン:詰め物・被せ物、マウスピース矯正、ホワイトニング、予防・定期メンテナンス、インプラント、入れ歯)

申請・交付スケジュール

申請の手続きも㈱ストランザと全国の提携会計事務所が行いますので、補助金の申請に比べて医院様側の手間は非常に軽微なものとなっております。

※次回公募については募集開始日が発表されていませんので、発表され次第申請を行います。

※スケジュールは変更になる場合があります。

多数のお問い合わせが予想されます。お申込みはお早めに

補助金は助成金とは異なります。キャリア・アップ助成金を申請されている医院様も、IT導入補助金の対象となります

また、申請から、給付までの期間が短く、各医院様で業務改善が見込まれるITツールを、素早く導入頂けるのです。(交付申請を受け、納品完了後、45日で対象補助金が医院様の指定口座に振り込まれます。)

※審査をもって交付が決定される為、必ず交付されることを約束するものではありません。

30医院限定 申込期限は2017年6月10日まで

ご検討される先生はお早めにお申込み下さい。

IT導入補助金についてのお問いあわせはこちらまで

株式会社ストランザ

it.hojo@stransa.co.jp
TEL:03-6695-3868(平日:10:00-18:00)