ビジネスブログ
9つの注意点

1:終わりが見えない
2:リンクがある
3:文字色を変えられる
4:文字の大きさを変えられる
5:検索で見つけられる
6:どの媒体で見るのか不明
7:見にくい・読みにくい
8:一覧性が低い
9:双方向である

Webライティングの注意点

ブログの書き方 どこで習う
終わりが見えない
リンクがある
文字色を変えられる
文字の大きさを変えられる
検索で見つけられる
どの媒体で見るのか不明
見にくい・読みにくい
一覧性が低い
双方向である

ブログの書き方 どこで習う?

ビジネスブログを書くときに、どうやって書くんだろう、どうやったら結果が出るんだろうとかいろんな事を悩みますよね。よくよく考えると、学生時代にはブログの書き方なんて習った事ないですから、困りモノです。

そこで、ブログを書くときにつまづきそうになる、紙に文章を書くときとの違いを説明していきます。アナログとデジタル文書の違いを理解していくと、いろんな事見えていきますよ。 ビジネスブログを書く時のヒントにしてください。

詳しくはこちら

WEBライティングの特性

文章全体が見えない

デジタルの画面はスクロールするものなので、当然一画面に入りきらない物は、文書の終わりがどこまであるのか わかりませんね

詳しくはこちら

リンクがある

デジタル文章には、SEOというものがあります。さらにリンクをつなげて他のページへ移動できるようにできますね。

詳しくはこちら

文字色が変えられる

アナログ媒体であっても、赤ペンなどを使えば
当然色を変えられますが、デジタル媒体の大きな違いは
後から色を変えられると言う点です

詳しくはこちら

大きさを変える

デジタルの文章は、後から改変して文字の大きさを変更する事が出来ます。 この後から変えられると言うのが何気に重要なんです

詳しくはこちら

検索で見つける

アナログ文章で書くときは、御社とか弊社とか、いろいろ略語であったり決まり切った文字を入れる事が多いですね。でも、それって検索では・・・・

詳しくはこちら

一行の文字数は

アナログですと、見る媒体が決まっているのに、デジタルの場合になると
何で見るのかが決まっていないですね、例えばパソコン、スマホ、タブレット端末と、読者の閲覧する媒体が変わってきますね


詳しくはこちら

読みにくい

デジタル文章とアナログ文章の違いの一つに、デジタルの文章は読みにくいって話があります。なぜ 読みにくいのか考察をご覧ください

詳しくはこちら

文章の一覧性

パッと見で、文章構成や全体像が理解できないと、どこをどう読んだらいいのかわからなくなり、読み手の意識も分散してしまいますね。

詳しくはこちら

双方向性である

デジタル媒体では、書き手と読み手の立場が容易に入れ替わり、読み手同士、読み手と書き手、コミュニケーションをとる事が出来ます。

詳しくはこちら

ブログを書く悩み解決します!

ビジネスブログを書くときって、どうやって書くんだろう、どうやったら結果が出るんだろうって いろんな事を悩みます。 みんななんで悩むのか、その根本の原因を紐解いていくと理由がわかります。 ズバリ、子供の頃からWeb上で文章を書くことを習ったことが無いからです。 ここのサイトでは、アナログで書く文章とデジタルで書く文章の違いを順番に説明していきます。 その違いを見つめつつ、どうすれば書けるのか考えていきましょう。 目指せWebライティングマスターですね。

こんな方が対象です

    • ブログを書く担当になった
    • 毎日の情報発信をしていく方
    • ブログが書けなくて困っている方
    • 最新の知識を勉強したい方

私たちの思い

このサイト(簡単Webライティングの基本 〜ビジネスブログの書き方〜)を開設するにあたり、自分でもWEBライティングの基本的な話を見直し、再確認する事が出来ました。 みなさんが、ビジネスブログなどWEB上の文章を書く際につまづきそうな事柄を9つのブロックに分解して、一つ一つ解説しています。 自分で紙にペンで書く場合と、デジタル上で書く場合の違いを感じて頂ければ、少しづつビジネスブログなど書けるようになると思います。 ちょっとした事の積み重ねですから、あとは日々の努力ですね。 頑張っていきましょう

未来を目指して

昔は新聞広告やラジオ広告・テレビCMなどで情報配信している企業やお店が多かったですが、今ではHPやブログ・Facebook・ライン・ツイッター・インスタグラムなどのSNSも情報配信のツールに加わり、多種多様なメディアで情報配信する企業・お店が増えてきました。 ネット媒体は気軽に情報配信できる分、プロに頼らずに自社で配信する事が多くなってきております。 この流れは今後も加速していくと思われます。 WEB上では文章はどのように見えるのか、アナログ媒体とはどう違うのか、時代の流れに取り残されないように 順番に学んでいきましょう