一般社団法人ブリッジ・フォー・マザーズ
ママと企業の橋渡しをするソーシャルプロジェクト

子育てをブランクではなく、キャリアアップに

当社団では、本気で働きたいママの育成&人材が欲しい企業を繋げる新しい国内の雇用創造ワークとライフを時間で切り分けないワークアズライフという考えが根底にあります。

ママが夢や仕事を創生できるような環境を作り、 ママの社会進出を増やす。ママと企業の橋渡しによる企業の人手不足解消。 

なぜこの団体を立ち上げようとしたのか?それは、あるシングルマザーの方の相談にのっていた時のことです。

昼夜問わず働きづめの現状。近所に相談相手になる家族もいなければ、友人もいません。彼女は疲弊していました。

そして、泣きながらぽつりと呟いた一言。 「ママは夢を持ってはいけないのですか? 子どもがいても自分らしい生き方はできないのでしょうか?」 心が抉られる思いでした。 

その一方で人材不足に嘆く企業、人材不足によりやむ負えなく倒産する企業が後をたちません。そこで設立したのが、一般社団法人ブリッジ・フォー・マザーズ(BfM)です。

FORママ・FOR企業の精神で、主体的に夢を実現していきたいママを様々な角度から育成・サポートしていくとともに、企業側へママが即戦力プラス可能性につなげていくための、相互理解と環境構築をしていく団体です。

働くママさんを取り巻く社会の現状
POINT
1

人手不足関連の倒産が高水準

人手不足関連の倒産が高水準となっていますが、そこを今は外国人で埋めようとしている動きが大半です。本来はそこを自国のママで埋めていかないと、経済成長には繋がらない。
POINT

生活を困窮させている

世帯収入は横ばいなのにも関わらず、物価指数だけが上がっており、家庭の生活がますます厳しくなっています。男性だからといって稼げる現状になく、稼げる人間が稼ぐ時代が到来しております。
POINT

雇用する企業とママとの意識のギャップ

企業側と再就職を希望している女性との間で求めるスキルとコンピテンシーにミスマッチがあります。企業側が求めるスキルとしては「コミュニケーション能力」「ビジネスマナー」などが高く、以下も「データをまとめるスキル」「プレゼンテーション能力「人事、労務関連」「経理、財務関連」など。故に、ママが当たり前の戦力として社会に溶け込める環境作りと橋渡しが必要となっている。
POINT

採用コストの高騰

2017年の年間採用費用は「人材紹介」が466.6万で「求人広告」が294.2万。一方で働ける時間が限られているママ活用ができない企業が多く、働きたいママを雇用できていないのが現状です。出産とともにキャリアがリセットされる形になり、ママ人材活用が進まず、結果企業は人手不足に陥ってしまっています。
POINT

ママさんが働く環境が補えない

約300名以上のママさんからお話を伺うなかで、今ある制度(時短勤務、パパの育休制度など)では補いきれない部分が多々あると感じています。 例えば、制度を導入するだけでは、周囲の目や声を変えることができないため、ママ雇用の本質的な部分をもっと伝えて、文化創りをすることが大切だということ。 そして、働ける時間=会社への貢献度のような、時間軸でしか評価されにくい評価制度もママ雇用の上では足かせになってしまっています。 

ママさんたちによる声

面接すらしてもらえませんでした

0歳から入園希望してずっと待機児童で、1歳10ヶ月の時に認可外の保育施設に入れました。しかし就活になると、6件ほどは面接すらしてもらえませんでした。1歳の子供がいること、保育園が17時までなので16時には退勤したいことを伝えると、断られました。求人広告ではその時間で募集しているのに、です。急に休まれると困るしねーと。もちろんお店側に迷惑がかかってしまうことには変わりませんが、「こんなにも働きにくい国だったのか」というのを子供が生まれて初めて知りました。
残業が当たり前の雰囲気に不安

仕事復帰を予定していますが、帰宅時間が心配です。出産前に他のママさんが残業を少しだけして帰っているのを、周りが「仕事が終わっていないのに帰るなんて」と批難する声をたくさん聞いていました。私から見れば、効率よく、やらなくてはいけない仕事はしっかり終わらせていると思っていたのですが…。残業が当たり前の雰囲気に、今から不安を感じています。
働きたいのに働けないのはおかしい

父親も育児に参加できなければ、母親ばかりに負担がかかることになります。企業への要望は一時間単位での休暇制度や、在宅勤務制度の拡充など。 国や自治体などへの要望は、育休をもっと取りやすく、長く取れるようにすること、産後の再就職支援、保育園増設です。 働きたいと思っている女性は多いのに社会全体が人手不足って矛盾してるし効率悪いなと思います。
仕事をしていないと保育園に預けられない

仕事してないと保育園預けられない、だけど保育園決まらないと仕事探せない矛盾。
今の世の中、在宅でできること、たくさんありますよね。在宅ワークをもっと国や自治体をあげて推進して欲しい。そうすれば待機児童問題もお金の問題も少しはクリアされると思うのですが。
少なくとも、私は在宅で育児しながらできる範囲で仕事したい。少しでも収入があればもう1人子ども産めるのに。
仕事をしていないと保育園に預けられない

仕事してないと保育園預けられない、だけど保育園決まらないと仕事探せない矛盾。
今の世の中、在宅でできること、たくさんありますよね。在宅ワークをもっと国や自治体をあげて推進して欲しい。そうすれば待機児童問題もお金の問題も少しはクリアされると思うのですが。
少なくとも、私は在宅で育児しながらできる範囲で仕事したい。少しでも収入があればもう1人子ども産めるのに。
ママの夢や仕事を創生するのとともに、優れたママ人材を企業につなげて、人手不足を解消します。

BfMが手がけるサービス

ママでも働ける環境作り
託児付き・ベビーシッター・在宅ワーク・チーム制度・新しい評価システムなどママが働きやすい環境を提供していきます。
仕事や企業の紹介
本当に仕事に活かせる資格取得のサポートやその人に合ったお仕事や企業の紹介をしていきます。
ママさんのサポート
キャリアプラン設計、サポート先の紹介、セミナーを通じて、ママさんをサポートできる環境を整えていきます。
メディアによる情報発信
Webメディアで働くママさんやそれぞれの分野のエキスパートによる情報発信をしていきます。
相談窓口を設置
困っていることをすぐ解決できるよう、ママに関わるそれぞれの分野のエキスパートによる相談窓口を開設します。
ママさんのサポート
キャリアプラン設計、サポート先の紹介、セミナーを通じて、ママさんをサポートできる環境を整えていきます。

For ママ

  • 「働く(働きたい)ママ」に特化した情報発信
  • ママの社会・ビジネススキル・マインドの育成
  • ママ起業・運営・生活のサポート
  • 生活を改善・向上させるイベントの運営
  • ブランディングサポート
  • 「働く(働きたい)ママ」に特化した情報発信

For 企業・団体様

  • 即戦力人材の確保
  • 人材育成のサポート
  • 人材のスキル保証や専門家によるスキル査定

  • ママさんへのニーズ調査
  • 即戦力人材の確保

BfMの強み

  • BfMによる厳しい承認のもと、集まるママに関してホンモノの情報・サービスを無料で紹介

  • 最初から最後まで(夢を持ってから夢を叶えるまで)成長の各ステージごとに様々な角度からサポート

  • 企業にはママが働きやすく成果を出しやすい環境を、ママには即戦力となって活躍し、会社や社会に貢献できるマインドとスキルを提供。

  • 女性が進出したことのない、又はしてこなかったジャンルも開拓していく。

  • 育児をキャリア形成のプラス材料にしていくブランディング

  • 世の中のママの問題をBfMがファシリテートする形で解決させていく。

  • BfMによる厳しい承認のもと、集まるママに関してホンモノの情報・サービスを無料で紹介

このような現状を一緒に解決していくパートナーを募集しています

スポンサーへのリターン

BfMのスポンサーになることによって、7つのリターンを受け取ることができます。
スポンサー(法人様向け)
支援は1口5万円の〜となっております。何口〜でも構いません。
スポンサー様へのリターン
ママに向けたコンテンツ配信・PRが可能

クマコサイト内に自分(自社)ページが持てて、自由に発信できる(ガイドラインあり)

BfMのミーティングに無料で参加することができる
特別価格でセミナーに参加できる
BfM認定のブランドがつきます
優秀なママ人材の紹介が受けられます
BfMに関わる他社とのネットワーク構築が可能
特別価格でセミナーに参加できる
スポンサー(法人様向け)
支援は1口5万円の〜となっております。何口〜でも構いません。

協賛へのリターン

BfMに協賛していただくことによって、3つのリターンを受け取ることができます。
協賛(個人の方向け)
支援は1口5千円の〜となっております。何口〜でも構いません。または、5千円相当のもの(ママが欲しいアイテムやサービスなど)
協賛していただいた方へのリターン
ママに向けた協賛イベントへの出展
優待価格でセミナーに参加できる
BfMのブランドがつきます
優待価格でセミナーに参加できる
協賛(個人の方向け)
支援は1口5千円の〜となっております。何口〜でも構いません。または、5千円相当のもの(ママが欲しいアイテムやサービスなど)

ご支援の使いみち

コミュニティ運営費 
働くママさんのサポート環境を整えていくためのコミュニティを運営をしていくための費用に活用させていただきます。
メディア制作・運営費 
働くママさんたちに役立つ情報発信をするWebメディアの制作や運営費に活用させていただきます。
イベント開催費
ママさんたちに向けたイベントやセミナーを開催するための会場費や講師料として活用させていただきます。
イベント開催費
ママさんたちに向けたイベントやセミナーを開催するための会場費や講師料として活用させていただきます。

一緒に働くママさんの社会問題を解決しましょう

働くママを支援するパートナー募集
『一般社団法人ブリッジ・フォー・マザーズ』の活動に一緒に取り組んでいただける企業・団体・個人の方を募集しています。 今までにない日本の社会問題を解決するママが働きやすい環境を一緒につくっていきませんか?

よくあるご質問

スポンサーになる条件はありますか?
条件
クレジットカード決済はできますか?
基本は銀行振込のみの対応となってしまいますが、PayPal経由であれば、クレジットカードでのご支援も可能です。
1度会って説明してもらうことは可能でしょうか?
現状、関東圏であれば可能です。(それ以外は、交通費をいただく場合がございます)。直接、当社団メンバーがご説明いたしますので、事業の詳細や疑問点などお答えいたします。
1度会って説明してもらうことは可能でしょうか?
現状、関東圏であれば可能です。(それ以外は、交通費をいただく場合がございます)。直接、当社団メンバーがご説明いたしますので、事業の詳細や疑問点などお答えいたします。
まずはしっかりと説明を受けてから検討したいという方はお気軽にお問い合わせください

代表理事 三浦沙矢香

累計3000名以上のママと関わる中で、出産によって自分の居場所や働く場所を失ってしまうママが多いという課題に気がつきました。

せっかく「子どもを産む・育てる」という機会が与えられたのに、それによって居場所や職を失うなんて悲しすぎる。ママになることが仕事やキャリアの足かせにならざるおえない今の日本の現状を変えたい。という想いで、当社団を立ち上げました。

ママさんへ

この度のプロジェクトは、活動報告ブログにて発信してまいります。 コミュニティ内で、随時アンケートやインタビューをお願いさせていただく機会もあるかと思います。 引き続き温かいご協力をお願いいたします。

一般社団法人ブリッジ・フォー・マザーズ

一緒に働くママさんの社会問題を解決しましょう

働くママを支援するパートナー募集
『一般社団法人ブリッジ・フォー・マザーズ』の活動に一緒に取り組んでいただける企業・団体・個人の方を募集しています。 今までにない日本の社会問題を解決するママが働きやすい環境を一緒につくっていきませんか?