天皇賞秋 
フィエールマン2着
アーモンドアイG1・8冠の陰に隠れていたけど、この馬にも天皇賞春秋制覇の記録がかかっていた。
アーモンドアイには届かなかったものの、クロノジェネシスを仕留めるあたりはさすが。まだ、キャリアは11戦なので今後も期待できる。

菊花賞 
アリストテレス2着
この馬の馬券を握りしめながら、コントレイルの3冠達成を応援していた。条件戦からのローテで新鮮さがあり、菊花賞の馬場が合っていたこともあるが、あわやコントレイルを交わすかという脚は、これからさらに楽しみな1頭です。
京王杯2歳S 
モントライゼ1着
キャリア3戦すべて悪馬場という不運があるも、ノーザンF育成馬で直線もしっかり走る馬なので、ここは負けられないと考えた。+14Kgでの快走で、次回絞れればまた期待できるが、キレる脚はないので馬場に注意しながら選択して行きたい。
京王杯2歳S 
モントライゼ1着
キャリア3戦すべて悪馬場という不運があるも、ノーザンF育成馬で直線もしっかり走る馬なので、ここは負けられないと考えた。+14Kgでの快走で、次回絞れればまた期待できるが、キレる脚はないので馬場に注意しながら選択して行きたい。
チャンピオンズC 
過去6年レース傾向
クリソベリルを消すデータ探しは時間の無駄なのでやめました。
でも、1~3着が堅く収まるとも思えず相手探しに妙味。
カフェファラオ、サンライズノヴァ、ゴールドドリームが危なっかしいので、三連複は案外オモシロイぞ!
ステイヤーズS 
過去10年レース傾向
年齢不問のリピーターレース。過去10年のレース傾向で浮かび上がって
きたのは、やはり名門の底力だった。
データ分析の力が試される難解レース。で、アルバートは今年どうする?
ジャパンC 
最終予想
浪漫にばかり浸っていられないので、来年につなげる予想経過報告と
反省会。来年この動画を見返せば馬券が獲れるように、ジャパンカップ
と京都2歳Sの消しポイントをまとめました。