堂々とフェイクを
キメれるようになる!

憧れの人からオファーが来る秘訣






ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子

こんなこと悩んでいませんか?

  • 声が枯れやすい、のどを痛めやすい
  • ステージで息が続かない、アンブシュアがバテる…
  • 本番前あがる。体や手がかたくなって、実力が出せない…
  • 肩こり、首こりがつらい、ステージでヘトヘトになる…
  • 前より声が出なくて歌えなくなってきた。歳のせい?
  • 花粉の季節は鼻水で集中できなくない
    鼻が詰まると頭痛まで。ずっと薬を飲みっぱなし…
  • ステージで息が続かない、アンブシュアがバテる…

こんにちは。
ステージに上る音楽家のフィジカルセラピスト、進藤浩子です。

こちらをご覧いただいていいるということは、息が足らない、
声や口が痛いなど悩みを抱えているのだと思います。

もっと息を出せるように、腹筋や体幹を鍛えたり、ペットボトルやストローを使ったり。
顔や舌を動かしたり、走ったりしていらっしゃると思います。


実は、これらは間違いです。

その運動やレッスン、
効果ありますか?

吹奏楽や歌の本には、呼吸器の解剖、息が出入りするしくみ、喉・声帯の解剖が載っています。
そのため、息は出入り、息の量の大きさや筋肉の問題だと捉えてしまいます。

息を大きくすることを目指してトレーニングしたり、口や舌の筋肉を鍛えたり。
歌や吹奏のためにいいと信じて、真面目に続けます。

さらに呼吸に関しては、世の中には正しくない情報が出回っています。
しっかり息すれば呼吸量は増える、深呼吸すれば落ち着く、口から吐くといいなどと言われています。 

浮き輪などを膨らまそうとして大きく息を吐いていたら、逆に息ができなくなって頭がクラクラした経験がある人も多いでしょう。

大きく息しすぎると、気管や血管が狭くなり、めまいや頭痛を起こします。

あがると呼吸が速く大きくなります。
そこにさらに大きく息してしまうと、過換気になってますます心拍や恐怖が増し、あがりはおさまりません。 

なぜ、がんばっているのに
息が出せないのか?

実は、吐く息の量が大きい、イコール息を出せる、ではありません。

小柄な方や華奢な方でも、ロングトーンが出せたり声量が大きい方はいます。
声楽家の中には、男性でも肺活量が2000ml台の人もいます。

大柄な方や肺活量が大きい方でも、息切れしやすかったり、力んで疲れてしまう方もいらっしゃいます。

吐く容量と、息が続くこととは、関係がないのです。

また、喉、声帯の解剖を知っても、自分ではコントロールできません。

発声練習すれば声が出せるようになると信じて、大きな声や早口で発声練習したり、口周りの筋肉をがんばって鍛えます。

吐く息を大きくしても、気管の直径や声帯の隙間の幅は変わりません。
がんばって声を出すことで、喉を傷めてしまいます。

息を大きくすることを目指すことは、声や息の出やすさにつながらないのです。

大きい息を目指すことで、逆に息は短くなります。

フェイクを決めれるようになる
魔法のような方法があります

私が指導する方法は、
大きい息を目指すのではなく、

呼吸や発声している元、
より中枢にアプローチします。


声、息が出やすくなります。

まずは、受講された

音楽家の声をお聞きください

タンギングの正確さと滑らかさ、倍音のコントロールと音程などに良い効果が

田中邦和様 SAX

これから春だぞという時にコロナショックが世界を襲い、心中模索していたタイミングで進藤さんのトレーニングを知りました。

管楽器奏者として呼吸、身体向上の好機と思いオンライン受講しました。その内容は、非常に理にかなった物でした。

呼吸の仕組みなどの明確な解説から始まり、細かく自覚症状をチェックした上で僕に合った対処法、トレーニングを紹介いただきました。
さすが歯科医師として培われたキャリアがしっかり感じられます。

効率の良い呼吸を少ない息でする重要性、鼻で良い呼吸をするためのケア、滑舌を良くするトレーニング方法。

その成果は徐々に明確になり、呼吸トレーニングのおかげで二、三週間後には長いフレーズも最後まで余裕を持てる手応えが。

発音練習と並行して行ったハミングの成果はもっと顕著で、タンギングの正確さと滑らかさ、そして倍音のコントロール性と音程などに良い効果がありました。

また首肩の筋肉をほぐすと口腔内の筋肉のこわばりも取れます。
結果として、自分の声もよく響くようになった気がします。

個人的には、元来アレルギー体質であることもあってか、咽頭上部のケアについて教えていただいた事が大変ありがたかったです。

自分の不調の原因は、咽頭上部の腫れが随分邪魔していたのだと実感しました。

むやみに練習するより、コンディションを整えるのが非常に大事ですね。

特に若い時とは違うので、いかに効率的にパフォーマンスを上げるか、手かせ足かせを取り除くか、です。

 

呼吸レッスンは考えてもいなかったアプローチでしたので、目からウロコでした。

新道美緒様 Vocal&Piano
一度、体の教室を受けさせていただき、腕の脱力がしやすいことにびっくりして、ピアノの弾き方が変わりました。

前は、整骨院に頻繁に通っていたのが、行かなくなりましたし、結構しっかりほぐして整えていましたが、そんなにあれこれやらなくてもほぐれるようになって不思議です。

呼吸のレッスンを受けたのは、緊張体質だったので、もう少し楽に声も出せるのではないかと思って受講しました。
呼吸レッスンは考えてもいなかったアプローチでしたので、目からウロコでした。

自分で肋骨やお腹を触って呼吸を理解できたのも驚きました。
私は息どめテストで30秒以上あったのと、昼寝をうつぶせしてて良かったんだとわかりました。

先生のレッスンは毎回すごく発見があるので嬉しいです。
私はせっかちなので、なかなかじっくり時間をかけて物事をやることが少ないので、先生のレッスンでじわっとリラックスする身体を作れるのが有り難いです。

私の歌の生徒さんにも呼吸テストをしてみました。
これからも歌って、色んなことにチャレンジしていきたいです。

呼吸レッスンは考えてもいなかったアプローチでしたので、目からウロコでした。

新道美緒様 Vocal&Piano
一度、体の教室を受けさせていただき、腕の脱力がしやすいことにびっくりして、ピアノの弾き方が変わりました。

前は、整骨院に頻繁に通っていたのが、行かなくなりましたし、結構しっかりほぐして整えていましたが、そんなにあれこれやらなくてもほぐれるようになって不思議です。

呼吸のレッスンを受けたのは、緊張体質だったので、もう少し楽に声も出せるのではないかと思って受講しました。
呼吸レッスンは考えてもいなかったアプローチでしたので、目からウロコでした。

自分で肋骨やお腹を触って呼吸を理解できたのも驚きました。
私は息どめテストで30秒以上あったのと、昼寝をうつぶせしてて良かったんだとわかりました。

先生のレッスンは毎回すごく発見があるので嬉しいです。
私はせっかちなので、なかなかじっくり時間をかけて物事をやることが少ないので、先生のレッスンでじわっとリラックスする身体を作れるのが有り難いです。

私の歌の生徒さんにも呼吸テストをしてみました。
これからも歌って、色んなことにチャレンジしていきたいです。

どうして、あなたは
息が足らないのか?

息を長く出せない、ステージでヘトヘトになる、喉を痛める…
これらは、肺活量の少なさや年齢のせいではありません。

信じられないかもしれませんが、これらは息しすぎているせいで起こります。

息の長さは、息の容量の問題ではなく、呼吸中枢での調節によるものです。
呼吸中枢で化学的にコントロールされて、吐いて吸って繰り返しています。

この調節は、息し過ぎていることで設定が傾いてしまいます。
大きい息を続けていると、設定が偏って、息が短く切れやすくなります。

そして、息が足らないと無意識のうちに力んでしまい、喉を枯らしたり、体やアンブシュアに力が入ってしまいます。

喉、唇への負担、疲労につながります。

力んでいることに気づかないまま、がんばって声を出したり吹くことで、喉や口を壊してしまいます。

息を出せるようになるには

呼吸は、呼吸中枢で血液中の二酸化炭素の量や血液のPHによって調節されます。

息が続かない、息が切れてしまう人は、この設定を戻します。

息苦しくならないようになる。
息を続くようにするには、息し過ぎないよう呼吸の調節をリセットする必要があります。

発声練習で声が出やすくなるのは、初歩の段階だけです。
同じ発音を何万回繰り返しても、発声は変わりません。

呼吸も口の動きも、コントロールしている元のところから改善することで、息や声は出やすくなります。

出やすくなります!

続けても効果のない筋トレ、
ボイトレをすることなく、
息や声は出やすくなります!
私自身、歌うとその日に喉が痛くなっていました。
声を出そうと力んでいることに無自覚でした。

がんばって出そうと自分でも無意識のうちに、喉も体も力んでしまいます。

また、冬場に鼻が痛くなるようになって、長年、空気が乾燥しているせいだと思っていました。
喉にも違和感が出るようになって、複数の耳鼻科で診てもらって異常なしと言われていました。

それがなんと、あることをやったら、その日のうちに鼻の痛みがなくなったのです。

楽器の音や英語が聞き取りやすくなったり、発声が良くなるなんて思いもしませんでした。
また、ネガティブ思考から楽観的にもなっていました。(笑)


人は自覚するところを、良くしようとします。
しかし、それは部分的、表面的な改善でしかありません。

医学が専門的で細分化されているせいか、体をパーツごとにバラバラに捉えてしまいます。

人の体は部品の組み立てではなく、それぞれの部位や働き、精神面も含め全部が影響しあいます。

どこかが悪くなるせいで、力んで痛めたり、がんばって練習してはスランプに陥ります。

逆に、力まなくなることで、喉やアンブシュアに負担をかけなくて済みます。

息や発声も、根本のところにアプローチすることで、短期間に確実に効果が出ます。

より中枢のところからよくすることで、体や技術は相乗的によくなっていきます。

自分では意識しない呼吸中枢や神経系へアプローチすることで、身体面、メンタル面、技術、心技体トータルで向上します。

講師紹介

ミュージシャンボディトレーナー進藤浩子

19年間歯科医師をした後、2010年から音楽家専門に身体指導やケアを行っている。
就学前よりバイオリン、小2よりピアノ、小4よりトランペット、高校でアコースティックギター歴。趣味はクラッシクバレエ。

パーソナルトレーナーやテーピングなどの資格を取り、アレクサンダーテクニーク、フェルデンクライス、野口体操、ゆる体操などの身体技法、イチロー選手の初動負荷トレーニングにも通うほどの身体系マニア。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)を発症した経験から、最新の精神科学、脳神経学も学ぶ。

私はブラスバンドでトランペットを吹いていましたが、高音が出せずセカンドでした。

歌えばその日にのどが痛くなるし、こもった声がコンプレックスだったので、息を出しやすくなれる方法を調べていました。

肩こりもありましたし、この5,6年は手の関節が痛く変形するヘバーデン結節にもなっていました。その上、ネガティブ思考でした。(笑)

たどり着いたロシア人医師による喘息の治療法による呼吸法をはじめ、いくつか簡単なことをやったら、聴こえが変わって発声しやすくなっていました。

また、肩がこらなくなっていて、手も痛みや指の変形もかなりよくなって、楽観的にもなっていました。

それまで呼吸、脳や神経、心理について幅広く知識を収集してきたことが、全部つながりました。

思いがけず自分の色んな不調がよくなったことで、個々の症状にバラバラに対処するよりも、元からよくできる方法が判りました。
そして、それが精神面や心理面、思考力もよくすることも。

コロナ禍の今だからこそ、音楽家の方に奏でやすくなって欲しい、活躍して音楽を多くの人に届けて欲しいと思います。

音楽家のための
ブレス改善メソッド

憧れの人と同じステージに立つ

ブレス改善で、こう変わります

  • 息継ぎしたくならない長い呼吸
  • 聴覚、発声がよくなる
  • 力まなくなり、テクニックが磨かれる
  • 体調が整う、体力がつく
  • ひらめきやすく、アドリブを決めれる
  • ステージでも堂々として、ソロが映える

効果が出る理由はこれです!

根本のところ、より中枢へアプローチをすることで、声や音が出やすくなります。

呼吸しやすくなると健康面やメンタル面がよくなり、さらに音感やセンスまで向上します。
つまり、心技体トータルで向上します。

あなたが生まれ変わほど効果が出る理由を、3つのポイントから説明しましょう。
ポイント.1
息が長くなるから

呼吸は酸素と二酸化炭素の交換です。
息しすぎていると二酸化炭素が体から多く出ていって、血液中の二酸化炭素が少なくなります。

吸う量も吐く量も多いと、二酸化炭素が多く吐き出されて血液の二酸化炭素濃度が下がります。
組織で二酸化炭素濃度が少ないと、血液中のヘモグロビンが酸素を放さなくなります。

息が多いことによって、体から二酸化炭素を多く排出し、呼吸しすぎても特に気づくことなくこれが続いてしまいます。
血液中の二酸化炭素の濃度が下がったまま呼吸調節され続けます。

息を長くするためには、二酸化炭素に対する耐性をつけます。

大きな息をしなくても呼吸ができるようになって、息継ぎしたくなりません。

ポイント.2
聴覚がよくなるから

呼吸を改善しながら、鼻の奥から聴覚もよくします。
鼻の奥には、耳管が開いていて耳とも喉ともつながっていて、音楽家にとって重要な部位です。

発声の口の動きは耳で聴くから、動かせるようになります。
楽器でも音楽家の動きは、耳で磨かなくてはなりません。

このメソッドで、聴こえがよくなります。
呼吸しやすくなるとともに、聴覚を磨いて活かすことで、音感や発声はよくなります。

ポイント.3
メンタルやセンスもアップ!
呼吸は精神状態や全身の器官と深く関わります。
また、呼吸を改善することで、全身の健康にも精神面にもいい影響を及ぼします。

リラックスしやすくなり、本番前のあがりを減らします。
頭も明晰になり、直感的なひらめきがよくなり、ソロやアドリブも決まります。

ポイント.2
聴覚がよくなるから

呼吸を改善しながら、鼻の奥から聴覚もよくします。
鼻の奥には、耳管が開いていて耳とも喉ともつながっていて、音楽家にとって重要な部位です。

発声の口の動きは耳で聴くから、動かせるようになります。
楽器でも音楽家の動きは、耳で磨かなくてはなりません。

このメソッドで、聴こえがよくなります。
呼吸しやすくなるとともに、聴覚を磨いて活かすことで、音感や発声はよくなります。

難しそう。私にはムリでしょ?

それが、意外にも
簡単なことを毎日やるだけです。

一部を紹介しましょう。
・1日5分、小さい呼吸

1日5分、吸う息の量をいつもより減らして呼吸をします。
週単位でよくなっていきます。

・鼻うがい

鼻の奥をきれいにします。
鼻の奥には耳管が開いていて聴こえに関わり、喉ともつながっているので音楽家にとって重要な部位です。

また、副交感神経の迷走神経が分布していて、自律神経に大きく影響を及ぼすところです。

鼻の奥は常に外気にさらされるため、耳鼻科的に悪くなくても、程度の差はあれ誰でも炎症を起こしています。
この部位をきれいにすることで、聴覚、呼吸、脳と自律神経へいい影響が及びます。

・五十音で発声練習

意外なようですが、単純な五十音を発声して効果が出ます。
聴こえ、音感もよくなります。

・鼻うがい

鼻の奥をきれいにします。
鼻の奥には耳管が開いていて聴こえに関わり、喉ともつながっているので音楽家にとって重要な部位です。

また、副交感神経の迷走神経が分布していて、自律神経に大きく影響を及ぼすところです。

鼻の奥は常に外気にさらされるため、耳鼻科的に悪くなくても、程度の差はあれ誰でも炎症を起こしています。
この部位をきれいにすることで、聴覚、呼吸、脳と自律神経へいい影響が及びます。

ご注意

このメソッドは、歌や管楽器の方のために開発されたものです。
音楽家でない方、慢性の呼吸器疾患の方は対象外です。

また、奏法を習熟されている方が対象です。初心者の方はご遠慮下さい。












ご興味がある方は、まず
説明会にご参加ください

説明会は、呼吸や体について学ぶとともに、
ブレス改善メソッド講座の内容をお伝えするものです。
本講座ではなく、事前の説明会です。


説明会の主な内容

▶息が長い人と息が切れる人との違いは?
▶なぜ、五十音の発声で変わるのか?
▶耳と鼻、体やメンタルとの関わり
▶ブレス改善メソッド誕生秘話
▶オンライン講座で効果が出る理由

▶息が長い人と息が切れる人との違いは?
▶なぜ、五十音の発声で変わるのか?
▶耳と鼻、体やメンタルとの関わり
▶ブレス改善メソッド誕生秘話
▶オンライン講座で効果が出る理由

説明会概要

日程
次回の募集、未定
こちらでお知らせします
料金
¥4000(税別)
お申込み
青いボタン「説明会に申し込む」から、
参加希望日等をお送りください。
参加方法
ZOOMにて行います。
インターネットにつないで、
PC,スマホ等でご参加ください。
参加方法
ZOOMにて行います。
インターネットにつないで、
PC,スマホ等でご参加ください。

参加特典

これだけでも、ためになる内容の特典です!

  • 誰も教えてくれなかった『息が長くなるコツ』動画
  • 解剖なんて勉強しなくてもよくわかる『呼吸の体がわかる』動画
  • 他では聞けない『最強のコロナ対策法』
  • 今のあなたを把握できる「自己診断チェックシート」
  • 解剖なんて勉強しなくてもよくわかる『呼吸の体がわかる』動画