なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

【2020年版】豊胸手術口コミおすすめクリニック5選!
脂肪注入やヒアルロン酸など安いのはどれ?

バストアップしたいけど、ヒアルロン酸や脂肪注入など、豊胸手術はどの方法が自分にピッタリなのかわからず、悩んではいませんか?

豊胸手術の種類はいろいろありますが、それぞれメリットもあればデメリットをともなうことも踏まえておく必要があります。

そこで、この記事では豊胸手術のメリット、デメリットや費用相場、おすすめの豊胸手術クリニックなどを紹介していきます。

豊胸手術の種類は?それぞれのメリット、デメリット

豊胸手術にはどのような方法があるか、知っていますか?

美容系のクリニックで主流となっている豊胸手術の方法と言えば、おもにジェル・ヒアルロン酸注入・シリコンバッグ挿入・脂肪注入の3つの方法が主流です。

そこで、それぞれの特徴の違いについてわかりやすくご説明しましょう。

ジェルやヒアルロン酸注入

憧れの美バストを目指すために、ジェルやヒアルロン酸注入による豊胸手術を選択する女性も多いです。

ジェルやヒアルロン酸注入による豊胸法のおもな特徴は、読んで字の如く美容成分をバストに直接的に注入する方法です。

ジェル・ヒアルロン酸注入による豊胸手術は、他の2種類の方法と比較すると、手術としては規模が小さいことから「プチ豊胸」と呼ぶこともあります。

ジェルやヒアルロン酸注入のメリット

・注入直後から効果を実感しやすい

注入した直後からバストアップの効果を実感しやすいのが大きなメリットです。

「今すぐにでも胸が大きくなりたい」という方に最適なのが、ジェル・ヒアルロン酸注入による豊胸手術です。

・メスを使わないので肌ダメージのリスクが低い

メスを使わない切らない方法なので、抵抗を感じる人も少なく、肌ダメージのリスクが低くて安全性が高いです。

・ダウンタイムが少ない

また、ダウンタイムも比較的短く、術後にバストの見た目が不自然な感じになる心配もなくて済みます。

注入する際の所要時間は15分から30分程度で済むので、多忙な方にも最適です。

ジェルやヒアルロン酸注入のデメリット

・触った時の硬さが気になる

術後は見た目には自然な感じになるものの、バストの感触は少し硬めになるケースがあります。

・バストアップの効果は永久ではない

ジェルやヒアルロン酸注入による豊胸手術は比較的費用が安い反面、効果の持続時間は短いのが難点です。

1度注入したら最短で6か月最長でも1~2年程度しか持続しません。そのため、適度に間隔を空けた上で、複数回に渡り注入する必要が出てきます。

ジェルやヒアルロン酸注入の費用の相場

気になる施術料金の目安は、ジェル・ヒアルロン酸1ccにつき2500円~3000円程度です。

これに合わせて、施術費用や術前術後の処置費用がかかる場合があります。

シリコンバッグ挿入

豊胸手術でもっとも原始的で長年用いられていたのが、シリコンバッグ挿入法です。専用のシリコンバッグプロテーゼを胸の中に挿入することで、豊なバスト美を目指せます。

シリコンバッグ挿入のメリット

・日帰り手術OK

シリコンバッグ挿入による豊胸手術は大規模な治療法というイメージですが、基本的には日帰りOKです。

・思い切り大胆にバストアップを実現できる

ヒアルロン酸注入の場合、大胆なバストアップは難しいですが、シリコンバッグ挿入では思い切り大胆にバストを大きくできるのがメリットです。

・頻繁に施術を受ける必要なし

ヒアルロン酸注入とは違い、1度豊胸手術を受けたら、頻繁に同じ方法で受ける必要はまずありません。

・イメージ通りのバストに近づける

シリコンバッグの種類が豊富で、自分がイメージした通りのバストに近づけるという点では、満足度が高いです。

2サイズ以上のバストアップを目指す方や、1度の治療で永久的に効果を維持したい方に最適です。

シリコンバッグ挿入のデメリット

・不自然に見えてしまうことも

シリコンバッグ挿入後は豊かなバストを目指せる反面、見た目と感触がやや不自然になるケースもあります。

・ダウンタイムの長さに注意

ヒアルロン酸注入と比較すると、ダウンタイムが長くなってしまうのが難点です。
個人差がありますが、術後の痛みが2週間以上に渡り継続する可能性があります。

・費用が高い

シリコンバッグ挿入の施術料金は高くついてしまうのが最大のデメリットです。

シリコンバッグ挿入の費用の相場

挿入するシリコン素材の種類や形状により格差が生じますが、最安で30万円程度、マックスで100万円台のものもあります。

脂肪注入

脂肪注入による豊胸手術は、自分の体から抽出された余分な脂肪をバストに直接注入する方法です。

単に自分の脂肪を注入するのではなく、専用の医療機器を用いて抽出された脂肪の不純物が取り除かれます。

その上で良質でピュアな脂肪分をバストに注入するという仕組みです。

脂肪注入のメリット

・安全性が高い

クリニックの医師による施術であり、良質な脂肪分をバストに注入するため、安全性は高いです。

・触感も見た目もナチュラル

脂肪注入後は、触った感じも見た目もとても自然なので、豊胸手術を受けたことを気づかれにくいです。

脂肪注入による豊胸手術はバストをキレイに見せたい方や、自然な仕上がりを目指す方にピッタリです。

また、バストが下に垂れてしまった方や、ハリのあるバスト美を追求する方に最適です。

近年、再生医療技術を活用した豊胸手術が進歩を遂げており、中でも注目されるのが脂肪幹細胞注入です。

単純に脂肪を抽出するのではなく、脂肪に含まれる幹細胞のみを抽出する方法です。従来の脂肪注入と比較すると、脂肪の生着性が高く、半永久的な持続効果が期待されます。

脂肪注入のデメリット

・コスト高なのが難点

メスを使わない安全性の高い豊胸手術である一方、他の方法と比較するとあきらかにコスト高です。

・効果の持続には個人差がある

脂肪注入による豊胸手術を受けた場合、どの程度効果が持続するのかが不透明です。

効果の表れ方には個人差があり、胸に注入した脂肪が定着しにくい場合は術前よりもサイズダウンする可能性があります。

・大幅な豊胸は期待できない

術後は見た目には自然な感じになりますが、脂肪を注入する方法であるため、大胆なバストアップは期待できません。

脂肪注入の費用の相場

脂肪注入による豊胸手術の場合、体の一部から抽出する脂肪量によって料金に格差が生じます。

200ml程度の脂肪を注入する場合、費用の相場は50万円程度です。これとは別に、検査費用や麻酔などの代金が別途加算される場合があります。

後悔しない豊胸手術を受けるクリニックの選び方

豊胸手術でバスト美を追求したいけど、どこのクリニックを選んだら良いか迷ってしまい、そこで止まってしまったりしませんか?

そこで、後悔しない豊胸手術を受けるために、良質なクリニックの正しい選び方について、下記の3つの要素を重視しましょう。
自分がなりたいバストに合った施術を選ぶ
クリニック選びの前に、自分がどんなバストになりたいのか、イメージしてみましょう。

たとえば、バストを思いっきり大胆に大きくしたいのなら、シリコンバッグ挿入による豊胸手術を得意とするクリニックを選ぶことをおすすめします。

簡易的な豊胸手術でコスト安にこだわるなら、ヒアルロン酸注入の実績が高いクリニックを選んでおくと安心です。

自分がなりたいバストに見合う豊胸手術の方法を選択し、信頼できる医師に出会うことが肝心です。

どの方法を選択して良いかわからない場合は、クリニックでの初回カウンセリング時に相談すれば、医師が最適な治療法を提案してくれます。
クリニックの実績が豊富か
バストアップに限って言えることではありませんが、不安なく豊胸手術を受けるための絶対条件は、クリニックの信頼と実績の高さです。

クリニックの公式サイトを閲覧すれば、信頼と実績についてある程度の情報を得ることが可能です。

症例数と実績が高いかどうかリサーチしながら、医師のプロフィールや専門分野をチェックしておくと良いでしょう。
通いやすさ、アフターフォローなどがどうか
クリニックで豊胸手術を受けたら、ここから先が医師との長いお付き合いか始まります。

術後に肌ダメージなど異変が生じた場合に、きちんとした対応ができる医師でなければなりません。術後に美バストを維持していくには、医師の丁寧なアフターフォローが必要不可欠となります。

術後の適切なセルフケアの方法なども丁寧にアドバイスを行う医師であることが必須となります。万が一の際のフォローが必要な場合にも、臨機応変に対応できるクリニックを選択すべきです。

豊胸手術口コミおすすめクリニック5選!

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックでは、自分自身にピッタリのオーダーメイドの豊胸手術が行われています。症例数は2019年12月時点において55069件と実に豊富な実績です。

選ばれる理由は最先端の医療技術により豊富な治療メニュー、そして術後の充実したアフターレアにあります。

豊胸手術のおもな施術メニューは、脂肪注入・ヒアルロン酸注入・シリコンバッグ・乳輪・乳頭・バスト吊り上げの4種類です。

幹細胞…1,157,030円~
脂肪注入…182,100円~
ヒアルロン酸…1cc2,460円~
シリコンバッグ…479,320円~

口コミ

カウンセリングは要点を分かりやすく説明してくれ、無駄な話はせず、不要なものを勧めたりもしません。

同じ脂肪注入の豊胸でも種類があり、何が違うのか丁寧に教えてくれたので選択しやすかったです。

デンスリッチでベイザーでの脂肪吸引でお願いしました。術中は静脈麻酔で寝てしまうので、全く痛くありません。

(40代女性)

引用:美容医療の口コミ広場


太腿の裏側から脂肪を取ってバストに注入したので普通より時間がかかった施術になったようです。

術後、2週間くらいは吸引した太腿の痛みはありましたが、ロキソニンで耐えました。

バストは最初から何も痛みもなかったです。

バストは術後のすぐから、風船で膨らませたように膨らみ、垂れてたトップも上向きになり、満足しています。

(40代女性)

引用:美容医療の口コミ広場

THE CLINIC

THE CLINICの豊胸手術の症例件数は6300件以上、ヒアルロン酸胸のしこり除去・コンデンスリッチ豊胸・コンデンスセルチャー豊胸(培養幹細胞豊胸)・アンダーブーブー豊胸などがあります。

脂肪注入だけでも5種類、この他に豊胸トラブル解消・乳房再建を目指す方の手術もあります。

難易度の高い豊胸手術にも対応可能、術後の失敗修正の実績も豊富です。

ひとりひとりのバストの状態を正しく把握した上で、ピッタリな施術を提案してもらえるので安心です。

幹細胞…1,980,000円~
脂肪注入…480,000円~
ヒアルロン酸…1㏄3,000円~
シリコンバッグ…750,000円~

口コミ

足、腹部から脂肪を吸引し、胸に注入。ベイザーリボです。麻酔で意識がなかったので、痛みはありません。

写真撮影、カウンセリング、手術。しばらく休んで、帰宅しました。 内出血は、脂肪吸引部位は2週間、注入部位は3週間程できれいになりました。

術後、抜糸にクリニックに行きました。手術をしてくださった先生はお休みの日でしたが、その日の担当の先生が、丁寧に抜糸してくださったと思います。

(50代女性)

受付の人、看護師、先生と毎回 同じ人が付いてくれたので 色々と聞きやすかったです!

下半身の脂肪吸引と その吸引した脂肪を胸に注入という施術内容でした。

胸もぺったんこだったのが ふくらみがあり 痛みもなく 洋服を着る際にもメリハリが出て凄く嬉しいです。

(20代女性)

引用:美容医療の口コミ広場

品川美容外科

品川美容外科と言えば美容クリニックの老舗中の老舗、豊胸手術の症例実績は2020年4月時点で81600件を突破しました。

バストの悩み・目的別にピッタリの豊胸手術の方法を選ぶことができます。

マシュマロのようなバストになりたい方、自然な仕上がりを目指す方にはアクアリフト豊胸やプリンセスバストプレミアムが最適です。

乳頭や乳首に関する悩みにも対応可能な施術プランも用意されています。

ジェル…243,490円~
ヒアルロン酸…1㏄1,810円~

口コミ

200cc注入しました。ボリュームはもちろん、仕上がりもとても自然でふっくらバストになりました!

(30代女性)

カウンセリングではしっかりアクアリフトについてと施術前後の流れとメリットデメリットなど詳しく教えていただきました。

そのあと更に担当して下さる医師の方とお話することが出来たので私の理想もちゃんと伝えることが出来ました。

傷口もめちゃくちゃ小さく、保湿を毎日すれば傷跡の治りも今のところ順調です。

(20代女性)

引用:美容医療の口コミ広場

東京中央美容外科

東京中央美容外科(TCB)で人気拡大中の豊胸手術と言えば、ヒアルロン酸豊胸・新世代のバッグ挿入式豊胸術です。

また、他院過去に豊胸手術を受けた方に向けて、バッグ入れ替え・除去の施術も行われています。

他院で以前豊胸手術を受けた部位にしこりができた場合、キレイに除去する施術にも対応可能です。

この中でもっともスピーディーに施術が可能なのは、ヒアルロン酸豊胸、相談日の当日にも施術OKです。

従来のヒアルロン酸豊胸よりも美バストを長期間維持できて、見た目にも自然な仕上がり感が魅力です。

幹細胞…-
ヒアルロン酸…1㏄850円~
シリコンバッグ…224,100円~

口コミ

種類もいくつかあり、それぞれについて丁寧に説明していただき。聞きたいことを答えてもらえ満足しています。

ヒアルロン酸豊胸麻酔で痛みは感じることはなかったです。施術は麻酔などの処置を入れて一時間位でした。

先生も穏やかで施術も信頼出来ると感じました。 女性のスタッフさんが本当に気持ちの良い対応でした。また他の施術をするときもこちらで受けたいと思います。

(40代女性)

説明はとても丁寧でカウンセリングしてくださったお姉さんもヒアルロン酸豊胸を去年の夏にされたということだったのでメリットデメリットを聞きながら、安心して施術に望めました。

安心して受けれてよかったです。個人ブースも設けられていて他の方との接触がないので助かりました。

(20代女性)

引用:美容医療の口コミ広場

ガーデンクリニック

ガーデンクリニックでは、自分自身の理想の美バストを実現させるためのメニューが実に豊富です。

安全性と持続性の高さを追求したピュアクラフト、豊かな美バストのコンデンスリッチ、脂肪をバストに注入するLFD、この3つはすべて脂肪注入タイプです。

シリコンバッグ挿入のコースはモティバ、コヒージブシリコンの2種類、そして定番のヒアルロン酸注入です。

コンデンスリッチ豊胸の術後の脂肪定着率は80%と高い確率になっており、ワンクラスアップの美バストを目指せるのが人気の秘密です。

脂肪注入…190,000円~
ヒアルロン酸…60cc280,000円~
シリコンバッグ…700,000円~

口コミ

たまたまネットでみつけて。他院より少し価格もリーズナブルでした。ヒアルロン酸による豊胸。ほとんど痛みもなく、眠っている間に終わりました。

とても皆さん美しく親切で信頼の出来る病院だと思います。ありがとうございました。

(50代女性)

もともと胸がぺったんこで…子供も3人産み、授乳も終えました。

日々育児に追われて自分の見た目にも無頓着になっていたので、せめて自分の体型を整えることにお金を使おうと思いました。

ペタンコだった胸に少し膨らみができたのも嬉しいですが、脂肪吸引した太もも&お尻のボリュームが減ったのも嬉しいです!

(30代女性)

引用:美容医療の口コミ広場

豊胸手術を受ける前に気になること

施術の流れは?
※ステップ1 医師の診察とカウンセリング

クリニックに予約した日時に来院し、医師の診察・カウンセリングが始まります。

まずは、バストの気になる悩みを医師に打ち明け、どんなバストを目指したいのか相談します。

意思の豊富な実績をもとに、最適な豊胸手術の方法について提案されます。バストの形状・大きさなど、自分がなりたいバストをイメージ・デザインします。

豊胸手術について不安・疑問があれば、カウンセリングのタイミングで医師に尋ねておくと安心です。

・ステップ2

本格的な豊胸手術に入る前に、バスト周辺に極細針の注射器による局所麻酔が行われます。

ただし、術前に行う麻酔の方法によっては、血液検査が事前に実施される場合があります。

血液検査が行われる場合は、その結果が出てから豊胸手術が行われることになります。

麻酔をかける時に、軽くチクッとした痛みをともなうことがあっても、痛みが後を引くことはないので安心です。

麻酔注入後、自分が選択した方法で豊胸手術が行われます。

・ステップ3

豊胸施術が完了したら、しばらく休憩してその日のうちに帰宅できます。

・ステップ4

術後から数日後~1週間後に検診に行って、バストの状態を医師が入念にチェックします。
痛みが強い施術はどれ?
ヒアルロン酸注入・脂肪注入・シリコンバッグ挿入の3つの豊胸手術のうち、もっとも痛みが弱いのはヒアルロン酸注入です。

基本的に専用の注射器での美容治療ですから、注入する時間もきわめて短く、極細針なので痛みは軽いです。

術後の生活についてほとんど制限もなく、注射の後が残る心配もほとんどありません。

脂肪注入の場合は、術後から1週間程度は筋肉痛のような症状が出ることがありますが、術後2~3日後をピークに徐々に痛みが緩和されるので心配無用です。

シリコンバッグ挿入の場合、麻酔により手術中の痛みはほとんどありませんが、術後は筋肉痛に似た痛みが出ることがあります。3種類の方法のうち、痛みが強くダウンタイムが長いのは、シリコンバッグ挿入です。

術前に挿入部を切開する必要があり、術後1週間後には抜糸する必要があるため、他の方法と比較すると肌への負担は大きいです。

しかし、術後の傷跡はほとんど目立つことなく、数か月後には自然に目立たなくなるので安心です、
ダウンタイムはどれぐらい?
ヒアルロン酸注射の場合は、長くても術後2~3日までがダウンタイムですが、他の方法と比較するときわめて短いです。

脂肪注入とシリコンバッグ挿入の場合は、2週間程度のダウンタイムがあります。

ただし、脂肪注入の場合は術後に抜糸の処置を行う必要はありませんが、シリコンバッグ挿入では術後の抜糸は必須です。

まとめ

この記事では、豊胸手術の種類と特徴、おすすめクリニック5選・口コミ・クリニックの選び方についてお伝えしました。

女性なら誰もが美しいバストを追求し、ハリのある豊かなバストになりたいと願うことでしょう。
そんな願いを叶えてくれるのが、美容治療専門のクリニックです。

術後の痛みは少なく、ダウンタイムも他の美容治療と比較すると短期間なので、その点は安心できることと思います。胸が小さいというコンプレックスをクリニックの豊胸手術で解消してはいかがでしょうか。

ヒアルロン酸注入・脂肪注入・シリコンバッグ挿入の3つの方法のうち、どの手段が適しているのか、まずはじっくり考えてみると良いでしょう。

軽めの手術の方が良いのならヒアルロン酸注入が最適、大胆にバストアップしたいならシリコンバッグ挿入がピッタリです。

太ももの脂肪を除去しながら、バストアップも目指したいのなら、脂肪注入ならきっと満足できることでしょう。

自分がどんなバストになりたいのかイメージしながら、自分にピッタリの豊胸手術の方法を慎重に選択しましょう。