お酒とチョコを合わせる時のポイント

シェフ 齋藤昌彦
素材を引き立たせる為のお酒選びが重要

例えば日本酒の繊細な口当たりには和素材を選び、ブランデーなどの香りの強いものは柑橘系の酸味をプラスするなど、互いの素材の持ち味を損なわないよう気を配ります。

又、お酒はアルコールの揮発性が高く、口に入れた時ダイレクトに味覚を感じます。その余韻を楽しめるような素材合わせがポイントとなります。
Wine

ワイン

チョコレートに合うのは一般的なものよりも甘口のワインです。特に「ポートワイン」「マディラ」「バニュルス」「貴腐ワイン」「アイスワイン」など甘口に分類されるワインとの相性がよく、ディナー後のデザートとして楽しむのもおすすめです。

伊予柑ピール

どのワインにもよく合います

商品詳細へ

ペカンナッツショコラ(ココア)

白ワインライトボディ、フルーティで軽めのもの

商品詳細へ

セイヴォリーペカンナッツ(4種類のペッパーミックス)

メルローなどの赤ワインと

商品詳細へ

フランボワーズ

ロゼスパークリングワインと

商品詳細へ

Wiskey

ウイスキー

ウイスキーとチョコレートは香りや風味に共通点が多く、定番の組み合わせとして知られています。双方の風味を存分に引き出すには、まずチョコレートを口に含み、ゆっくりと溶けだしたところでウイスキーをとろっと流し込むのがポイントです。

セイヴォリーペカンナッツ(弓削島の藻塩)

バーボンウイスキーと合わせて

商品詳細へ

生チョコ(ミルク)

ロックのウイスキーにはひんやり冷やした生チョコが最適

商品詳細へ

Champagne

シャンパン

シャンパンのアクセントの一つとなる酸味と深く長く続く余韻にはアーモンドのコクのある香りがとても合います。

アマンドショコラ

辛口のシャンパンと合わせて

商品詳細へ

フランボワーズ

ロゼ・シャンパンと

商品詳細へ

Beer

ビール

苦みのあるビールには塩気の効いたナッツ類が最適。チョコレートには合わないイメージがあるかもしれませんが、フルーツ系の「フレーバービール」との組み合わせも試す価値アリです。

セイヴォリーペカンナッツ(ガーリック&オニオン)

どのビールとも相性◎

商品詳細へ

伊予柑ピール

ビールのホップとの相性バツグン

商品詳細へ

Brandy

ブランデー

ブランデーはチョコレートとの相性が非常によく、お互いをよりまろやかに感じさせてくれる効果があります。甘く濃厚なミルクチョコレートよりも、カカオ濃度の高いビターなチョコレートがおすすめです。塩気のあるナッツともよく合います。

アマンドショコラ

コニャックと

商品詳細へ

伊予柑ピール

グラッパやカルバドスと

商品詳細へ

Sake

日本酒

チョコレートと日本酒を合わせる場合は、基本的には甘口のタイプや甘い香りのあるものを選べば間違いなしです。辛口ですっきりとしたタイプには甘さ控えめのダークチョコレートとの組み合わせが良いです。

伊予柑ピール

辛口でも甘口でも

商品詳細へ

トリュフアソート

甘く濃厚なボンボンショコラには甘口の日本酒を

商品詳細へ