南海トラフ地震から家族を守りたい!
子育てママ専用の防災お悩み解決サイト

防災対策の参謀役を引き受けます

南海トラフ巨大地震!子どもと離れている時に発生したらどうしよう・・

仕事の忙しさを理由に親として、防災について真剣に考える機会を後回しにしてはいけません!

また、何の準備もせずに行き当たりばったりで、大震災から大切なわが子の命を守ることはできないと思うのですが・・

子育てママのあなたにこのようなお悩みはありませんか?

  • 南海トラフ地震からわが子と家族を守りたい!でも具体的にどんな防災準備をしておけば『安心』につながるのか?・・分からない。
  • わが子と離れ離れの時に震災が発生したらどうしよう?東日本大震災の時、ママたちはどのような行動を取ったのだろうか?・・知りたい!
  • 東日本大震災を映像を見て巨大津波の恐怖を感じている。でも津波から避難する(逃げる)最善の方法がわからない。
  • 震災が発生したら自宅に留まるか、避難所に行くのか?判断基準がわからない・・どちらを選択すれば、わが子を守れるか・・見当もつかない。
  • もし、わが家が被災したら被災後の生活ってどういう生活?経験がまったくないたら経験者から報道されない実情・実態を聞きたい。
  • 南海トラフ地震からわが子と家族を守りたい!でも具体的にどんな防災準備をしておけば『安心』につながるのか?・・分からない。

南海トラフ地震にそなえる!
東日本大震災の被災経験者による
今まで無かった日本初の防災相談サービス!

わが家のぼうさい相談所とは?

子どもを守る防災対策に不安を抱えている子育てママの悩み解決の場です。

2011年東日本大震災以降、災害が多発しており
日本国民が他人事ではない・・と、思い始めています。

さらに、南海トラフ地震が30年来に80%の確率で発生するであろう・・
と、国が確率を10%引き上げました。

死者予想は最大32万人と想定されています!恐ろしい数字です。

ですので今こそ、南海トラフ地震に備えて正しい知識習得や準備が必要なのですが、必要性を感じながらも仕事の忙しさを理由に親として、防災について真剣に考える機会を後回しにしていませんか?

果たして何の準備もせずに行き当たりばったりで、大切なわが子の命を守ることができるでしょうか?

残念ながら世の中そんなに甘くはありません。
東日本大震災の被災者として悲惨で胸が張り裂けそうな現実をたくさん目の当たりにしてきました。

このままでは、南海トラフ地震が本当に国難になってしまう!

心底危機感を抱き、報道されていない教訓(真実)等を伝えるために、防災相談所を開所しました。

一番の特徴は・・
巷の専門誌・書籍・インターネットにも載っていない「被災地でしか知り得ない教訓」「公的機関からも得ることができない情報提供」に力を注いでいるところです。

これまで、ありそうで無かった・・「ココロの防災保険」の役割を担います!
そして、災害を恐れず「幸せに生きる家族」を応援していきます!

誰が悩みを解決してくれるの?

~解決者プロフィール~

一般社団法人 防災プロジェクト
代表理事 中井政義

2011年 東日本大震災の津波で被災し、自宅、自営業の事務所、家財道具、仕事機材など、全てを失う。

震災直後は、三日間子供たち3人の安否がわからない絶望的な日々を過ごす。同じように子どもを持つ親御さんに、震災時に同じ思いをして欲しくない・・。

また、この大震災を風化させずに、後世の命を守るために「震災・津波の教訓」を後世に語り継がなければいけない!・・。と、2014年 一般社団法人防災プロジェクトを設立し、代表理事に就任。

全国各地で講演活動を行い、被災現地では語り部ガイド活動を通して災害の恐ろしさ、地震や津波に対する認識を深めることの大切さ、命の尊さを伝えている。
これまで対面で伝えた人数は、30,000人以上。

その他の活動として、震災の教訓を伝える絵本制作、防災グッズの監修、さらに災害時に安否確認の迅速化を可能にする「黄色い安否ハンカチ」の普及活動事務局を運営。

テレビ、新聞やラシオなど、マスコミに出演して必要性を訴えている。

真剣に継続している防災活動が
マスコミで多数取り上げられました。

神戸新聞

全国講演活動で必要性を伝えている「黄色い安否ハンカチ」の啓蒙活動が紹介されました。

静岡新聞

東海大学付属静岡翔洋高校での防災講演が静岡テレビと静岡新聞に取材されました。

石巻かほく

震災当日の行動や子供たちと3日間安否不明だった経験が「伝える3,11」の紙面に掲載されました。

石巻かほく

東日本大震災の教訓を活かし、自身が監修した防災グッズが紹介されました。

RKC高知
ラジオ

ぼうさいカフェ2016イオンモール高知で公開生放送。

ラジオ石巻

ishinomaki2.0の番組
リアルボイスにゲスト生出演。

Jcom
チャンネル
横浜

黄色い安否ハンカチの必要性を生中継番組で説明。

KHBテレビ
震災特番

超絶歌ウマアイドル・Little Glee Monster(リトル グリー モンスター)を特番企画で被災地ガイド。

■マスコミ出演・掲載 履歴一覧■
全国に向けて情報発信しています!

~テレビ出演~

KHB宮城震災特番
(Little Glee Monster
/リトル グリー モンスターを被災地ガイド)
スーパーJチャンネル宮城
Jcomチャンネル
静岡テレビ

~ラジオ出演~

NHKラジオ
J-WEVE
東海ラジオ、
高知シティFM、
KBS京都ラジオ
ラジオ石巻
RKC高知ラジオ ぼうさいカフェ2016

~新聞記事~

石巻経済新聞
石巻かほく
神戸新聞
朝日新聞(全国版)
日経MJ
創価新報
津山朝日新聞
奈良新聞
宮城読売新聞
大阪読売新聞
静岡新聞 他

日本初の防災相談サービスへの挑戦!
わが家のぼうさい相談所 開所の理由とは?

4人に1人が防災準備をしていない!

衝撃的なニュースがあります。
子育てママ4人に1人が災害への備えが全くできていない事実が判明しています。

また、南海トラフ地震から家族の命を守る防災対策が分からず不安を抱えているママも多いと聞きます。

その問題解決のための開所が第一理由ですが、さらに以下の理由があります。

当団体は、東日本大震災被災者ですが、被災経験としてひとこと言わせて頂きます!

実際に被災者になると、地獄の苦しみ・・
想像を超えたストレスと理不尽な生活が待っています。

また、テレビ・新聞・マスコミ等で伝えられている情報とかけ離れた現実があります。

東日本大震災は、津波が街々を襲い住民は「衣・食・住」全てを奪われ、多くの方が仕事も失い、絶望的な体験をしました。

家族、親戚、友人、隣人、知人などを亡くし深い悲しみに暮れました。

その後、とてつもない無気力感や喪失感に襲われ、さらに突然襲ってくる脱力感、生き残ってしまった罪悪感に苛まれ、津波に流された方は、災害シーンがフラッシュバックされ、PTSDなどの精神病も引き起こしました。

震災から運良く生き残ることができても、被災した人間が普通の精神状態で生きていくことは、 みなさんが想像する以上に容易ではないのです。

結局、被災者にはいくつもの困難が待ち受け、生活再建は苦難の連続なのです。

それが日を追うごとに増大し、その苦しみを今なお背負っているのが、被災者なのですから・・(震災から7年半経過した今でも現在進行形です!)

人間は誰しも経験しなければ、わからないことがたくさんあります。
いや、経験からしか学べないのが人間なのです。

しかし・・こういった未曾有の大災害は、誰もが経験するわけではありません。

だからこそ、経験者達が教訓として後世に伝えなければいけないと思っております。

なぜなら、これまでも臭いものに蓋をしてきた結果、阪神大震災・新潟中越地震を経験しても重要な問題が改善されていなかったのです。

そして、東日本大震災でも同じ過ちを繰り返された・・
それが被災者を長期間苦しめているのです。
※震災関連死だけでも3,000名を超えています。

もう過ちを繰り返してはいけない!

だから、「南海トラフ地震・防災準備はじめの一歩」をサポートするために、個別相談できる防災相談所を開所しました。

家庭に常備薬、掛かりつけ医が存在するように、「防災の掛かりつけ医」とお考え頂ければ幸いです。

南海トラフ地震から「命を守る術」
被災経験者から聞くのが一番の近道です!

個人的に相談できる人はいますか?
その悩み、今すぐ解決できますか?

3,11の教訓を伝え続けた人数30,000人以上!
この経験を生かし、あなたのお力になります。

あなたのお子さん・ご家族を守るための
無料!防災レポート防災相談のご案内

2つの無料サービスをご用意しました。

無料レポート

南海トラフ地震からわが子を守る
30,000人に伝えた防災・新常識!
~マスコミでも報道されない真実~

今すぐ請求する
請求フォーム

無料Eメール相談

Eメールにてパソコン・スマホから
お気軽に防災相談が可能です。

今すぐ相談する
相談フォーム

悩み続けたお悩みが解決された後の
あなたの得られる7つのメリットとは?

  • 南海トラフ地震(津波被害含む)から家族を守る方法を知ることができます!
  • 南海トラフ地震に対する日々の恐怖心が減り、生活に心のゆとりが持てるようになります。まさに「ココロの防災保険」です!
  • 無駄な防災グッズを大量に買う必要が無くなり、家計を圧迫する金銭面の負担も減ります!
  • 相談で得た教訓を周りに伝えることで、身内・ご近所・友人・職場の仲間も救うことができます!(特に被災地に来て語り部ガイドを受けた10,000人は周囲へ伝承をしてくれています)
  • 何が人々の生死を分けるのか?生死の境界の事実を知ることができ、その価値観変化が継続的な防災力向上に繋がります!
  • 家族と防災について話し合うことで、夫婦の会話、親子の会話も増え家族の絆が強まります!
  • 何より、「自分は必ず生き抜く!」「死んでたまるか!」と生存本能が増します!
  • 南海トラフ地震(津波被害含む)から家族を守る方法を知ることができます!

被災地語り部ガイドを体験されて
直接、生の被災経験を聞いた方のご感想!

自分の無力を知った、だからこそ何かしなくては・・

昨日はありがとうございました。
子供と障害者連れですので、個別ガイドは本当に願っていたものでした。
決め細やかな中井さんのガイドのお陰で沢山見て、感じて回ることができました。

この高さまで津波が来た、3日間は水が引かなかった等見て実感することができました。幼稚園バスの話、小学校の話、全部知ってはいましたが、いま私が来ているここだったのか、と、怖くなる感覚がありました。

東日本大震災で沢山のニュースをみました。どれもこれも現実に起こったことであると事実を目の前にして自分の無力を知った、しかし、だからこそ何かしなくては、ともおもいました。

中井さんの家族が再会できるまでの話をドキドキしながら聞きました。
私も常々、どうせ災害が来てしまうならば家族一緒の時間帯ですようにと願っています。親の立場としては、生きた心地のしない三日間だったことでしょう。

防災についてまた家族と考えて見たいと思います。
また機会がありましたらお願いします。

いつもとはひと味違う夏休みになりました。ありがとうございます。

これから一つずつ考えて準備していこうと思います。

昨日は大変お世話になりました。
記事を読んだり写真を見たりしても、真実を実感することとは、
かなりかけ離れている
のだということが良く解りました。

現場の跡地を訪れて中井さんのお話を聞いて、少なくとも実際に起こったことを幾分なりとも想像出来ました。

そして想像を超える災害が起こりうることに対する準備が必要なこと、
臨機応変に対処しなければ自分や家族の命を救えないこと、
大都会では迅速な救援など期待できないこと、
悪意のある人間が入り込んでくる可能性が大きいこと、
自然災害を被った人への国の支援などは期待できないこと・・等

多くのことを教えていただいたと実感しております。

これから一つずつ考えて準備していこうと思います。

さらに、被災地ガイドを受けた方の感想180個をご紹介しています。
以下、感想閲覧ボタンをクリックして専用ページにてご覧ください。

よくあるご質問にお答えします。

Q相談は有料のみでしょうか?無料相談プランはありますか?
A全国対象でインターネットを活用して相談を受け付けますので、無料プランですと質問が殺到し、大量のご質問に対応できない状態になると思われます。よって、有料制で前金で代金をお支払い頂いた方、先着順でご質問を受付し、解決させて頂きます。
Qどのプランで相談するか迷っています。問合せした場合、アドバイス頂けますか?
Aはい、有料相談前提で相談方法で迷っている場合、適切なプランをご提案させて頂きます。お気軽にお問い合わせください。
Q一度でなく、複数の悩み(相談)がありますので、何度ご利用しても問題ないでしょうか?
Aはい、問題ございません。その都度必要な相談プランでお申込み頂ければ何度でもご利用頂けます。ちなみに被災地に来てくれて、2度、3度と被災地ガイドを受けている方もおります。生死を分けた現場で対面で教訓を聞くわけですから一番効果ある教訓会得法であることは間違いありませんが・・。
Q相談は有料のみでしょうか?無料相談プランはありますか?
A全国対象でインターネットを活用して相談を受け付けますので、無料プランですと質問が殺到し、大量のご質問に対応できない状態になると思われます。よって、有料制で前金で代金をお支払い頂いた方、先着順でご質問を受付し、解決させて頂きます。

正直に言います・・。

自分がまさか被災者になるとは思いませんでした。
でも、被災者になって気づかされたことがたくさんあります。

今年多発した自然災害現場で、被害に遭われた方みんながこう口にしました。
「まさか自分が・・」「まさかこの町が被災するなんて・・」

皆さんも報道・ニュースで、何度も耳にした言葉ではないでしょうか?

人は避難したがらない動物と言われ、異常事態に直面すると直視を避け、無視してしまおう・・と、正常性バイアスと言われる本能が働くメカニズムを持っています。
そして、「自分だけは大丈夫!」と思ってしまうことが普通なのです。

そこに最大の落とし穴があると、東日本大震災の数多くの事例から検証されています。
災害発生後、避難するか、留まるか?・・迷いと空白の時間、いわば生死の狭間が存在するのです。

この状態で助かるための行動は、ただ1つ。それを知って欲しい!

これから災害が発生する可能性がある未災地の方(特に東南海地方の方)は、心理的にも物理的にもまだ準備する時間が残されています。

ただこの瞬間から、Xデーに向けて準備時間は1秒ずつ減り続けます。
だから、今すぐ行動しなければいけないのです。

まずは、事前学習用資料の「無料進呈コラム集」ご請求からでも構いませんので、勇気ある行動を起こしてみませんか?

さらにダメ押し的な事実を公表します。
過去3度、東日本⇒西日本の順番で
大地震が発生!4度目のXデーは?

自主制作しました!
南海トラフ地震の発生が近づいていることを警鐘するポスター
  • 1,100年前の869年 貞観地震が発生し、18年後887年に仁和地震(東海地方)が発生!
  • 400年前の1611年 慶長三陸地震が発生し、96年後1707年 宝永地震(東海地方)が発生!
  • 80年前の1933年昭和三陸地震が発生し、11年後1944年昭和南海・東南海地震(東海地方)が発生!
  • 過去3度、東日本⇒西日本の順番で大地震が発生、3.11から7年半が経過しており4度目の地震リレーの時期が刻々と近づいております。
    最悪の想定ですが、南海トラフ三連動地震の場合、死者予想が最大32万人に達するとされています。あなたは32万人の中に入ってはいけません!絶対に!
  • 1,100年前の869年 貞観地震が発生し、18年後887年に仁和地震(東海地方)が発生!

わが家のぼうさい相談所 概要

運営団体名 一般社団法人 防災プロジェクト
登記住所 宮城県東松島市小松字上浮足175-16
電話番号 0225-84-3558
代表理事 中井政義
事業内容 防災コンサルティング
設立 2014年3月
設立 2014年3月

津波で全壊した・・わが家

震災後、後悔の連続だった・・。

ああすればよかった・・。

こうしておけばよかった・・。

全て「後の祭り」・・。

失ったもの、形がなくなったものは一切戻ってきません。

人間は目の前の損得を重視し、避難する時間を惜しんだり、

費用対効果を考えて行動する動物です。

その行動の最悪(負)の結果が、「後悔」となるのです。

震災の津波で生活のすべてを失った経験者として一言・・。

あなたには「後悔して欲しくありません」・・。

行動を後回しにして後悔しないために・・

2つの無料サービスをご用意しました!

無料防災レポート&無料相談のご案内

無料レポート

南海トラフ地震からわが子を守る
30,000人に伝えた防災・新常識!
~マスコミでも報道されない真実~

今すぐ請求する
請求フォーム

無料Eメール相談

Eメールにてパソコン・スマホから
お気軽に防災相談が可能です。

今すぐ相談する
相談フォーム