2019.3.11

私たち防災ガールが誕生して6年が経つこの日

振り返ってみると、

平成を駆け抜けた私たち防災ガールが

6年間こだわり続けたのは、

「コミュニティのあり方」と「独自の哲学」

だったんだと気がつきました。

団体設立の2013年3月11日から
私たちは自分たちの想像を超えるスピードで走り続け、
気がつけば累計130名を超える若者が所属する
一般社団法人になっていました。


本当にこれでいいんだろうかと悩みながら、
たくさんの失敗や反省も重ねながら、
私たちは一歩一歩、メンバーとともに考え抜き
たくさんの方の応援を受けることで、
ここまで歩んでくることができました。

年齢も性別も肩書きも、暮らしている場所も時間も関係ない。
自分たちがどれだけ声を上げ、社会を変えようと行動するか。
きっともう、それだけでいいんだと思うんです。
それさえあれば、わたしたちはひとつのコミュニティになれるのだから。

一般社団法人防災ガール
代表理事 田中 美咲

加速し続けてきたこの団体にいる私たちは、
みんな、特別なものなんて何も持っていない
「ただの若者」でした。

一人ではできなかったこと。
私たちだけではできなかったことが、
この団体の軌跡には詰まっています。

2019.3.11

防災ガールの「コミュニティブック」を公開

2019.3.11をはじまりとし、全8話のコミュニティブックを徐々に公開していきます。
全編を読みたい方は、以下のリンクから応援をお願いいたします。
また、公開まえにこの活動を応援してくださった方には、特別版限定ボイスブックをお送りする予定です。

※「出版本」と記載していますが、2019.3.11時点ではweb上での公開を予定しています。

この活動を応援する

変化し続けるこの時代に、

「何者でもない」私たちがつくった

小さな小さな、軌跡の話をお届けします。