なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

数多くの著名人の電子書籍プロデュースを手がける

末吉宏臣の

 「売れる電子書籍の作り方」
今すぐ申し込む

好きなことを好きなだけ語っていったら、

それが本になり、いつのまにかファンを作る。

そんな、とっておきの

「電子書籍の作り方」
をご紹介するイベントを開催します。

自分の持ってる知識や知恵はきっとみんなの役に立つ!

だからたくさんの人に知ってもらいたい!!


と思っていても、じゃあ、そのために一から


・営業やセールスを勉強したり、

・ホームページを勉強してアクセスが集まるように工夫したり、

・コピーライティングやLP制作を勉強してWebプロモーションをしたり・・・


なんてことは、中々やる気にはなれないものです。



それらの分野だけでも上達するのに、いっぱい努力が必要だし、

努力してもうまくいかないことも多いからです。


それでつまづいて、肝心の好きなことが

手付かずになってしまっては本末転倒です。



そこでお役に立てるかもしれないのが、今回ご紹介する、

「売れる電子書籍を作る」

という、アプローチです。

Q

電子書籍ってそんなに売れるの?

A

正直いうと、電子書籍って、普通の本よりもインパクトにかけるよなあ・・・と思っている人も多いかもしれません。
現段階でいうと、売れる部数は「紙の本」には遠く及びません。

ですが、実は電子書籍は名称こそ「書籍」と言ってはいますが、「作り方」や「使い方」が普通の「紙の本」とは全く違います。発行部数や出版に際しての収入の多さとは異なる、ビジネス面でのメリットもあるからこそ、そこに気がついた方はいち早く電子書籍の製作に力を入れている事実があります。

個人の方であれば、製本などの制作や流通のコストもかからないので、印税収入の割合が大きいこともメリットだと思います。クライアントさんの中には、テレビに出ているとか、何万人のお客様リストに宣伝している、というわけでもないのに、電子書籍の印税だけで月に8万円以上を毎月売り上げている方もいます。

Q

書籍を書くのは難しいのでは?

A

「本を書く」といっても経験のない人にとってはどうしたらできるのか分からない、という方もいらっしゃるかもしれません。

でも大丈夫。
今回ご紹介する方法は、会話をしていくうちにサクッとできてしまうような、そんな方法です。

Q

紙の本との違い①

A

まずは長さ。紙の本だと、どうしても本を購入していただいたお客さまに、商品としての「価格分の満足感」を感じてもらう必要があります。なので、本当に伝えたい数行のために、「中身を膨らませて本の厚みを出さないといけない」という事情が生まれることもある、といいます。でも電子書籍はあくまで読みやすく、短く作られることを前提としてるので、本当に伝えたいことだけを「サクっ!」と書けば大丈夫。

内容勝負の部分が強いだけに、有名人かどうかだって、あまり関係なかったりします。

それにともなって、価格も電子書籍は500円以下くらいがほとんど。ワンコインだからこそ、買う方もお試し感覚で買える、そんな気軽さがあります。

Q

紙の本との違い②

A

出版不況が叫ばれてはいても、まだまだ「本」というものがもつ魅力は薄れません。

紙の本は出版するだけでも「社会的な価値を認められている」というブランディングになります。でも、それ以上広げるのは難しい、というのが欠点です。一方で、電子書籍はパソコン上などで見るのでインタラクティヴ。読んでくれた人とその後も継続的につながりを持てるような仕組みを持たせることができます。

本だけでなく、活動そのものに興味を持ってくれて、なおかつコンタクトの取れる人たちが、次第に積み重なっていきます。
クライアント様との関係上、それら数字の推移は、ここではお見せできませんが、(当日の会場ではお話しできるかも?)これはビジネスにおいては全自動的な「リストビルディング」ということになるので、非常に魅力的な仕組みである、ということができるでしょう。

Q

インターネットプロモーションとの違い

A

一方では、ウェブでよく見る「登録してくれたら無料でPDF冊子をお送ります」というアプローチがあります。でも、最近は内容が良くても、あまり反応してもらえないようです。やっぱり、人は無料のものに価値を感じないし、見る方も、出している人の「責任感」とか、「想い」を見るようになってきているんじゃないかな、と個人的には感じています。やっぱり、お金をいただく、その対価として知恵や経験を共有する、そんな「本」のもつ、本来の意味を大切にしたい人が増えているのかな、と、電子書籍の現場を最前線で見ていて、感じています。

Q

電子書籍の面白い特徴

A

電子書籍の出版は自由。ボリュームも、出版のタイミングも自分次第。しかも、一冊で終わらずに自分の「好き」や「得意」をたくさん本にして並べることで、「自分出版社」を作る、なんて使い方もできてしまいます。

そんなメディアをもっていると、例えば、ふとした出会いの場面で、あなたの作品のラインナップを見せたとします。一つ一つの作品は同じテーマでも違った切り口で作ったり、あなた自身の特徴や才能を様々な用途で見せたりすることができます。すると、たくさんある切り口のうちのどれかに、その人が興味を持ってくれるかもしれません。

つまり、自分のことを必要としてくれる人との「出会いの確率」が高まる、ということです。

ただ、自由だからこそ、内容は「本」としての最低限の流れや構成ができていないと、触れた人たちが逆に、「まるっと」振り向いてもらえなくなってしまうリスクもあるかな、と思います。

Q

質を生み出す「編集」とは?

A

編集ってどんな作業だと思いますか?実は、編集って普通の人が思っているよりずっと重要です。

例えば、有名な作家はもちろん、伝説的な経営者や、歴史的な漫画家、著名人も、みんな、「片腕」となる存在がいるのですが、本においては編集者がそんな存在です。普通の人はそれを知らないで、全部を自分でやろうとして、「書けない」「書いても全く読んでもらえませんでした」といって挫折してしまいます。これって本当にもったいないことだと思います。

これは「編集」の大事さをアピールして出版のプロデュースをセールスする売り文句で良く使われる理屈ではありますが、一方で真実でもあります。

Q

書籍を書くのは難しいのでは?

A

「本を書く」といっても経験のない人にとってはどうしたらできるのか分からない、という方もいらっしゃるかもしれません。

でも大丈夫。
今回ご紹介する方法は、会話をしていくうちにサクッとできてしまうような、そんな方法です。

今度のイベントではこれらのことを、より詳しく共有します。

<当日のセミナーでお話しする予定のこと>

  • 紙の本ではできない、電子書籍のマイクロコンテンツ戦略

  • まだあまり知られていない、電子書籍のメリット

  • 電子書籍で月に5〜8万円以上の不労所得を出す方法

  • 無名でも売れている!電子書籍の名作を紹介!

  • 売れる切り口の作り方

  • 知恵に価値を生み出す「編集」とは?

  • 売り上げが10倍変わる見た目のデザイン

  • 電子書籍の本来の用途

  • 電子書籍を含めた全体的な戦略

  • 実は簡単!epub化で電子書籍は誰でも作れる!

  • 電子書籍で月に5〜8万円以上の不労所得を出す方法

今回は、スペシャル特典付き!

今回のイベントは、イベントの開催当日までお申し込みすることができますが、

21日までに参加のお申し込みをいただいた方には、これらのスペシャル特典をおつけいたします!

・ オンラインサロン「宏臣編集会議」初月無料体験!

・ 次回以降のイベントの割引チケット

・ イベント後、大好評の末吉コンサルを1回分、無料プレゼント!

  

以下のボタンより登録フォームへ入っていただき、必要事項を入力してください。

当日は、コンテンツの話をしだしたら止まらない末吉が、あんなことやこんなことを喋るぞ!とムズムズしながら、お待ちしています(^-^)


5月 宏臣 編集会議 定例イベント

数多くの著名人の電子書籍プロデュースを手がける

末吉宏臣の

 「売れる電子書籍の作り方」

開催日:
2017年5月28日 (日)

開催時間:
14:00~16:30

参加費
編集会議メンバー:無料
一般参加:6800円