誰もが「本物の著者」になるチャンス!

人気編集者が教える
人生を変える出版スクールin広島

誰もが「本物の著者」になれる!
人気編集者が教える
《人生を変える出版スクール》
in広島


元自衛隊の臨床心理士・玉川真里です。
普通の自衛官から臨床心理士に転身した後、広島で独立。
ビジネスに関して何ら知識もなかった私が
仕事もうまくいかず苦境に立たされたときに出逢ったのが
出版という道でした。

敏腕の編集者さんと出逢い、
本を出版したことで私は人生が大きく変わりました。
広島という地方に住み、何ら営業活動もできなかった私が、
助言に従っているとTVやラジオの出演オファーがあったり、
高名な著者さん達との出逢いがあったりと驚きの連続です。
新聞や雑誌からの取材も続々、
思いがけない分野からの仕事もどんどん舞い込むようになりました。

「著者」になることで信頼性が高まり、
TVやラジオに起用されることで更に発信力は高まります。
依頼される仕事の質もどんどん変わってきました。

その後、4冊の本を出し続けるなかで私が感じたのは、
相談やワークショップで出逢う人達が
みんな素晴らしい才能と経験をお持ちだということです。
特に広島をはじめとする地方の人々には貴重な才能や経験を持っているのに、
機会がないだけで損をしている人たちがたくさんいます。
悩んでいる人ほど、いい素材を持っているのにもったいない。
そんな人のチカラになれないかと、長い間、思っていました。

「地方をもっと元気づけたい! 地方にも光を当てたい!」

今回、そんな長年の思いがついに
「広島での出版スクール」という形で実現しました。
もちろん、広島の方に限らず、
西日本在住の方にとってはチャンスです。

本物の著者になりたい人、
出版を目指したい人には、
是非ご参加いただきたいと思います。

今回の講師・綿谷 翔さんは、
サンマーク出版の編集者として10年以上活躍するなか、ベストセラーを連発!
著者育成にチカラをそそぎ、著者からの信頼が最も厚い編集者の一人です。
出版社を退職して独立後は、
著者になりたい人から一流著者までコンサル依頼が殺到しています。

地方ではベストセラー編集者による出版スクールは皆無で、
せっかく良いノウハウを持っていても出版への道筋が見えないことがほとんど。
業界でも人気の編集者から直接、
これだけの内容を集中して教えてもらえる贅沢なスクールは、
他にはありません。
これだけの内容なのに、はっきり言って、値段も破格です。

この機会を逃さず、出版社から執筆依頼をどんどん受ける著者を目指しませんか?
社会から必要とされる人になるために、選ばれる人になるために、
仕組みや方法を一緒に学びましょう。

主催者

玉川真里(たまがわ・まり)

元自衛隊の臨床心理士。NPO法人ハートシーズ理事長。
1973年岡山県生まれ。アルコール依存症の父と、自殺未遂をする母のもと育つ。自分の身を守る強さを求め、1991年に陸上自衛隊に入隊。所属駐屯地では、女性初の大砲部隊野外通信手として活躍した後、2008年、陸上自衛隊において現場初の臨床心理士として、最も自殺率の高い職業といわれる自衛隊の自殺予防対策を任されると、9割の患者の復職を成功させると言われるほどの信頼を得る。クライアントからの信頼もあつく、年間のべ2000件を超える相談があり、累計では3万人以上の心を解放してきた。メディア、新聞等で取り上げられている今もっとも注目を集める臨床心理士。メンタルヘルス、ハラスメント、人権、子育てなどの講演を多数行っている。

玉川真里のブログ

主な著書
『もう「あの人」のことで悩むのはやめる』(サンマーク出版)
『心のクセを変える6つの方法』(大和出版)
『イヤな気分をパッと手放す「自分思考」のすすめ』(誠文堂新光社)
『いい人病』(大和書房)

メディア出演
フジテレビ「ダウンタウンなう」
テレビ東京「日曜ビッグバラエティ」
TBSラジオ「土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送」
ラジオ番組「玉川真里の“もう「あの人」のことで悩むのはやめる”」など

その他
日経新聞、JapanTimesをはじめ各種新聞への記事掲載、広島FM、FMはつかいちなどメディアへの出演多数

受講のメリット

  • 地方での出版スクールは、ほとんどなく極めて貴重です
    (次回があるとは限りません)

  • 編集者が講師として徹底指導するのが最大の特徴です。だからこそ、出版社の裏側から出版の具体的な方法とコツ、人気著者の秘密まで、本当にレアな情報をこっそりお伝えすることができます

  • ベストセラー編集者の考え方を生で聴けて、わからない部分はいつでも質問ができます

  • 一生役立つ「最強のプロフィール」の作り方を知ることができます

  • 同じ志を持った「最高の仲間」と知り合うことができます

  • 同じ地域出身の著者仲間はかなり貴重な存在で、大きな仕事が生まれることもあります

  • 本の販売促進についての方法も、アドバイスを受けられます。ベストセラーも夢ではありません

  • 新しい人生の一歩を踏み出すきっかけとしても最適です。本を書くことで、自分の目標やかなえたい夢を明確に引き寄せることができるようになります

  • 受講生限定のコミュニティに参加することができます

  • 地方での出版スクールは、ほとんどなく極めて貴重です
    (次回があるとは限りません)

スクール講師紹介

綿谷 翔(Wataya Susumu)

「人生を変える本づくり」を体現する編集者。出版プロデューサー。
東京大学文学部社会心理学科卒業後、日本一の編集者になるために、サンマーク出版に入社。2年目に担当した『脳からストレスを消す技術』が22万部を突破し、オリコン年間ランキング実用書部門でベストテン入りを達成。「セロトニン」という言葉を広め、涙でストレスを解消する「涙活」を生むとともにひとつの文化として定着させた。ビジネス書や自己啓発から料理、健康、語学などの実用書まで担当するなど、手掛ける「幅広さ」と「ベストセラー率」においては日本有数の実績を誇る。モットーはマイノリティや弱い立場にいる人をマジョリティにする本作り。とくに「ニッチな分野」で活動する人の編集術に定評があり、プロフィールの見せ方ひとつで魅力を最大化し、ベストセラーを多数生み出してきた実績を持つ。
出版業界の活性化のために各種セミナーや出版スクール、立教大学などで講師を務め、10年以上にわたり、これまでのべ2000人以上に出版の面白さと「自分の魅力を最大化する方法」「いい本を作って売る方法」を教え好評を博す。
2017年、出版業界の活性化、編集者の地位向上と可能性の拡大に取り組むため独立し、株式会社こはく社を設立。編集者としての活動を続けながら、著者プロデュースや大手一般企業と編集者のコラボによる冊子制作、情報サイト運営などに携わる。
出版業界についてあまりにも熱く書いたブログ「人生を変える本を作ろう」はライブドアブログの「編集部・ライターブログ」で1位を獲得。地元テレビ局で特集が組まれるなど、注目を集めている。
担当作に『脳からストレスを消す技術』(22万部)、『わが家の母はビョーキです』(14万部)、『女の運命は髪で変わる』(8万部)、『奇跡の営業』『エースと呼ばれる人は何をしているのか』(いずれも6万部)などがある。

 出版業界で話題のブログ
「人生を変える本を作ろう」

本を出すと、なぜいいのか?

強み①
著者という「最強の信頼」を得られます
強み② 人生で培ってきた経験や知識を「コンテンツ」としてまとめることができます
強み③ 「著者仲間」ができることで、「良質な人脈」が一気に広がっていきます
強み④

上質なコンテンツと信頼は、あなたのビジネスを何倍も成長させます

強み⑤ 社会に伝えるべきメッセージや価値を残すことができます
強み⑥
本が売れれば、講演やセミナー、雑誌コラムなどの依頼来るようになります
強み⑦ 「読者の人生を変える」という大変価値ある体験ができます
強み③ 「著者仲間」ができることで、「良質な人脈」が一気に広がっていきます

綿谷翔からのメッセージ



世の中にはたくさんの本が刊行されています。
ベストセラーの著者もいれば、新人著者もいます。
私はこれまで編集者としてたくさんの本を世に出してきました。
そのなかで感じることが二つありました。

「思いさえあれば、出版する資格はある」
「あなたには、あなたにしか書けない内容が必ずある」

ということです。

貴重な体験談や、長年の経験によって得たスキルや知識というのは、
あなたにとっては「普通」のことかもしれません。

しかし、「普通」だと思っている知識や技術にこそ、
伝えるべき「最高の価値」があります。
でも、「伝え方」を知らないために、それが広く一般の人に伝わらないのです。
せっかくなら、そんなあなたのスキルや知識を本にしてみませんか?

本を出版すると、あなた自身にとっても思いがけないメリットや経験がたくさんあります。
本を出すことで、思いがけない出会いや仕事が生まれる。
本を出すことで、地域や社会に貢献することができる。

どちらも「著者」にならなければ体験できない、非常に貴重な経験です。
その反響が大きくなれば、ときに社会を変えることさえあります。
だからこそ、ご自身の経験や知識を本にしたいと思う方もたくさんいるのでしょう。

しかし一方で、私は何度もこんな相談を受けてきました。

「自分が持つ知識や経験を本にしたいとは思ったけど、
とてもニッチな内容なのであきらめました。やっぱり無理ですよね?」

しかし私は思うのです。
ニッチな分野で得た情報にこそ、
私たちが知らないとてつもない価値があるのではないかと。

たしかに、ニッチな分野で大ベストセラーを目指すのは簡単なことではありません。
でも、それはどんなジャンルにも言えることです。
ニッチな分野でも、そうでなくても、
多くの人に役立つメッセージを届けることはできます。

結局は、一緒に本作りをする「編集者」がそれを「面白い!」と思って、
一生懸命に向き合ってくれるかどうか。
それに尽きます。

私は、地域で活躍する人がもっと出版できる環境をつくりたい、
という思いから今回スクールを開催させていただきました。
私の知識や経験は出し惜しみせずにお届けします!

また、いい著者を育てることで、
出版業界全体を盛り上げたいとも思っています。
あなたもこの機会に「いい著者」の仲間入りをするべく、
まずは本セミナーに足を運んでみてはいかがでしょうか。

だからこそ本スクールでは、
ただ本を出すだけが目的ではありません。
良質な本を出し続ける著者になること、
コアな読者を獲得できる著者になること、
「文化」を作って業界に遺せる著者になること、
そのための内容をお伝えし、
徹底指導していきたいと思います。

本が好きな人はもちろん、自分自身をさらに成長させたい人、
自分を変えたい人、自分の強みを知りたい人、
みなさん大歓迎です!

実際に、「普通のサラリーマン」の方で著者になった方も少なくはありません。
本当にさまざまな方が本を出すことで、すてきな経験をされています。
著者になるということは、何より、自分の人生を変えるものなのです。

ただし、本は出そうと思って簡単に出せるわけではないのもまた、事実です。
なぜうまくいかないかというと、次のような理由があります。

① 出版業界の事情を知らないから
② 企画書の作り方を知り、出版社に必要な情報を伝える必要があるから
③ 出版社・編集者とのつながりがないから

これらを知らないから、
本を出そうと思うだけでは本が出ないのです。
ならば、学べばいい!

今回、上記の課題をすべて網羅した内容にしてスクールのプログラムを組みました。
これらの知識は通常、得ようと思って得られるものではありません。
もちろん、ネットでいくら検索しても、解決法などは存在しないでしょう。

出版業界の第一線で活躍してきたのはもちろん、
10年以上にわたり数々の出版スクールで審査員や講師を務め、
たくさんの著者を世に送り出してきた編集者だからこそお話しできる内容ばかりです。

本は、人生を最も大きく変えるものの1つであることは間違いありません。
本を出し人生を変えたいと願う「最高の仲間たち」とお会いできること、
心から楽しみにしております。

出版の基礎を学びながら、その奥深さと面白さを体感しましょう。
一緒に人生を変える本を、作りましょう。


 編集者/こはく社代表取締役 綿谷 翔

スクール概要

1日目
(10月6日)
【出版業界のこと、本と著者の仕組みを知る】
☆自己紹介
・講義1「出版業界と本作りのプロセス」
・講義2「いま出版業界で起こっている『大変革』を捉えよ」
・講義3「著者になってわかったこと、変わったこと」 
☆企画プレゼン
☆プレゼンの感想共有ワーク
・講義4「著者になるために必要なこと」

《終了後》懇親会(希望者のみ・実費)
2日目
(10月7日)
【企画書の必須要素を知り、作り方を体験する】
・講義5「企画書の作り方・基礎編ー企画書に書くべき要素について 」
・講義6「プロフィールの作り方」
☆「最強のプロフィール」作成ワーク
☆ベストセラー編集者が徹底指導する企画書作成ワーク
3日目
(10月27日)
【思わず手を挙げたくなる企画書に仕上げていく】
・講義7「企画書の作り方・応用編ーいい企画書、求められる企画書とは?」
・講義8「シンプルに表現するってどうすればいいの?」
☆企画プレゼン
・講義9「構成案の作り方」
・講義10「惹かれるタイトルと見出しキャッチの作り方」
・講義11「伝わるメッセージ、浸透するメッセージとは何か?」

《終了後》懇親会(希望者のみ・実費)
4日目
(10月28日)
【「本物の著者」になるための知識・スキルを深める】
講義12「販促を深く理解してベストセラー著者になる」
講義13「読みやすい文章と、読まれる文章を身につけよう」
講義14「最も大事な原稿『はじめに』の上手な書き方」
☆ベストセラー編集者が徹底指導する企画書作成ワーク
5日目
(11月17日)
【自分自身や企画内容をプレゼンで表現する】
☆プレゼン大会に向けた最終調整
☆プレゼン大会!(ゲスト審査員参加)
☆講評と表彰式

《終了後》大打ち上げ会(※参加必須)
6日目
(11月18日)
【今後の目標を共有して、チームで夢を実現する】
☆最後の企画アドバイス
☆一生役立つ「スクールコミュニティの発足」
☆3年後の人生の目標発表
☆企画相談会
注意事項 ※内容は予告なく変更する場合がございます
※本スクールは出版を確約するものではございません
※参加できない日程がある場合などは、メールにてお気軽にご相談ください
3日目
(10月27日)
【思わず手を挙げたくなる企画書に仕上げていく】
・講義7「企画書の作り方・応用編ーいい企画書、求められる企画書とは?」
・講義8「シンプルに表現するってどうすればいいの?」
☆企画プレゼン
・講義9「構成案の作り方」
・講義10「惹かれるタイトルと見出しキャッチの作り方」
・講義11「伝わるメッセージ、浸透するメッセージとは何か?」

《終了後》懇親会(希望者のみ・実費)

開催概要

日程 10月6日(土) 、10月7日(日) 、10月27日(土) 、10月28日(日) 、11月17日(土) 、11月18日(日) 
時間 土曜日 13:00〜18:00
日曜日 10:00〜18:00
場所 広島駅周辺(参加者にのみ直接お知らせいたします)
参加条件 ・パソコンを持参できる方
・フェイスブックのアカウントをお持ちの方
・メールアドレスをお持ちの方
(※アカウントやアドレスがない方は作成していただければ問題ございません)
・申し込み後の課題「なぜ、本を出したいのか?」「プロフィール」を提出された方
参加費 50万円(+税)

※通常の出版スクールでは50〜100万円ほどの金額が主流ながら、編集者の指導があるとは限りません。
また出版プロデュースは200万円前後の価格が珍しくありません。
ベストセラー編集者が直接指導する出版スクールで、かつこの価格は破格です。
※理由のいかんを問わず、お振込後の返金はいたしませんのでご了承ください
支払方法 銀行振込
定員 15名
※先着順の受け付けとなりますので、定員に達した時点で応募は終了となります
お早めのご応募をおすすめいたします
連絡先 heartseeds@live.jp
質問や申し込みはこちらにご連絡ください。応募方法は別途、下記をご参照ください
場所 広島駅周辺(参加者にのみ直接お知らせいたします)

応募方法

ステップ1

下記アドレス宛てに件名を「出版スクール申し込み」として参加希望の旨をご連絡ください。メールを確認後、課題の「なぜ本を出したいのか?」と「プロフィール」を書き込むシートをお送りいたします。

アドレス : heartseeds@live.jp

ステップ2

課題を受け取った後、厳正な審査のうえ、順次結果を発表いたします。合格された方には、受講料の振り込み先をお伝えしますので、一週間以内にお振り込みください。
お振り込みを確認いたしましたら、確認メールが届きますので、そちらをもちまして応募を完了といたします。

※課題の確認は先着順に確認させていただきます。
定員になり次第、募集は終了となりますので、お早めのご応募をおすすめいたします