米づくりから酒づくり
僕らの酒造りプロジェクト
開催期間:2018/5/26〜2019/3
田植えから酒仕込みまで、
アナタの手で日本酒作ってみませんか?
主催 南越前町地域おこし協力隊
共催 任意団体ぷらすたいむず
20名様限定!
米づくり
田植えと稲刈り ときどき草抜き
酒づくりには、私たちが食べている米とは異なる
「酒米」と呼ばれる米を使います。
今回は、吟醸を作るのに適していると言われている酒米の最高峰「山田錦」。
愛知県から移住してきていて、米づくりを楽しむ
「山田農園」さんと一緒に、楽しく米づくりをしましょう。
酒づくり
 普段は入れない仕込みの時期の酒蔵に潜入!
酒蔵にとって”酒仕込み”は1年で最も気を遣う時期。
そんな時期の酒蔵は見学すらすることができません。
酒蔵さんの特別協力により、自分たちが作った米が
酒になっていく様子を直に見ることができます。
タイミングが合えば、麹室に入り、麹を触ることもできます。
出来立てのお酒をプレゼント!
自分たちの手で作った日本酒を完成パーティーで
プレゼント!(720ml×2本)
自分で飲むもよし、人に贈るのもよし。
ラベルもオリジナルのものを貼り付けてあなただけの
お酒をつくりましょう!
酒づくり
 普段は入れない仕込みの時期の酒蔵に潜入!
酒蔵にとって”酒仕込み”は1年で最も気を遣う時期。
そんな時期の酒蔵は見学すらすることができません。
酒蔵さんの特別協力により、自分たちが作った米が
酒になっていく様子を直に見ることができます。
タイミングが合えば、麹室に入り、麹を触ることもできます。

★ スケジュール ★

STEP

1

田植え 2018年5月26日(土)

新緑溢れる農村風景の中での田植え。機械で植えることが主流になった今、あえて自分たちの手で植えてみましょう。足が引っかかる田んぼ土の感覚も実際に体験するからこそ、わかること。

STEP

2

稲刈り 2018年10月中旬~下旬  ※8月末に決定

秋が深まる10月。稲のこうべが垂れ始めるといよいよ稲刈りの季節。
今でこそ、機械を使って収穫しますが、今回はカマを持って自分の手で収穫しましょう。

STEP

3

酒造り 2019年1月中旬~下旬   ※10月頃に決定

寒さが深まる1月。寒さと共に酒仕込みも本格化します。出来上がりに想いを馳せながら、杜氏の技を体感しましょう。

STEP

4

完成パーティー 2019年3月中旬 ※1月頃に決定

仕込みから約1か月の熟成期間を経て絞り出される日本酒。米づくりから携わった日本酒がいよいよ完成します。共に酒を造った仲間と新酒の喜びを味わいましょう。

STEP

2

稲刈り 2018年10月中旬~下旬  ※8月末に決定

秋が深まる10月。稲のこうべが垂れ始めるといよいよ稲刈りの季節。
今でこそ、機械を使って収穫しますが、今回はカマを持って自分の手で収穫しましょう。
下記の申込フォームから応募ください

募集要項

日程 2018年5月27日(日)、10月中旬~下旬、1月中旬~下旬、3月中旬
参加費 13,000円(税込)
集合場所 JR今庄駅もしくはJR南条駅(ともにJR北陸本線)
※各参加日に近づきましたらお知らせします。
参加対象 20歳以上の方
スケジュールについて ・各回のスケジュールにつきましては、各開催日の2週間ほど前にお知らせします。
・概ね9時~17時を予定しています。
・第4回以外は1日のみの開催となります。第4回(酒造り)は4日間の開催となります。
 酒蔵は受入可能人数(約8名)が決まっているため、日程調整をし、参加日を決定させていただきます。
その他 ・遠方からお越しの方は前後泊できます。詳しくは申し込み後にご相談ください。
お問合せ 南越前町地域おこし協力隊/旧玉村邸活用プロジェクト
担当:中谷
メール:imajo.guesthouse@gmail.com
TEL:0778-47-8013(受付8時30分~17時15分)
スケジュールについて ・各回のスケジュールにつきましては、各開催日の2週間ほど前にお知らせします。
・概ね9時~17時を予定しています。
・第4回以外は1日のみの開催となります。第4回(酒造り)は4日間の開催となります。
 酒蔵は受入可能人数(約8名)が決まっているため、日程調整をし、参加日を決定させていただきます。
下記の申込フォームから応募ください