ぼくのプリン


”ワクワクする気持ち”
大事にできてますか?

私たちは大人になるにつれて
行動に意味や理由を問われがちです。

それが時には「否定」につながり、

少しずつ、

素朴な「やってみたい」を
口に出せなくなっている。

そんな気がするんです。

でも、きっと、     
みんな持ってますよね?

「なんかやってみたい」

っていう気持ち。

ぼくのプリンは、そんなあなたの

「やってみたい」
サポートする取り組みです。

どんなことでもいいんです。

幼い頃からの小さな「夢」や
ばんやり心の中で思ってたことを

私たちと一緒に、

実現させてみませんか?


先輩プリンに聞いてみな!

具体的に何やってるの?

その質問の答えは、
こちらを見ていただいた方が早い。笑

過去に行われたプリンを
少しご紹介します!


ただ、話してみたかっただけ。


そう。ただ、お汁粉を振る舞っただけ。そして、気ままにお喋りしただけ。
これくらいなら、自分にもできる気がしたんです。
「いいじゃん!やっちゃえ!」
その一言が、どんなに嬉しかったか。笑

見出し

ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
\ もっと知りたくなった方へ /

過去のプリンは、主にnoteで発信しています。
是非、のぞいてみてください◎

twitterも随時更新しておりますので、

ぜひフォローお願いします!

(下のアイコンをクリック!)

プリンまでの流れ

1.ちょっと話してみたい、
とご連絡ください◎

1)どんなことができるかな、なんとなくやってみたいけど何がしたいか分からない、もしくはやりたいことがある!という人は、・twのDM・noteのコメント・プリンサポーターのFBやLINEにちょっと話してみたいです、とご連絡ください。一人で考えていて分からないことでも、話してみると見えてくることがあるかもしれません。

2.お話してみよう!

2)プリンサポーターと話す日程を調整して、オンラインまたは金沢学生のまち市民交流館で1時間ほどお話をします。ここでは、あなたの思っていること、なんとなくやりたいこと、それらがなくてもプリンサポーターから過去のプリンの紹介ができます。

3.計画を立てよう!

3)どんなプリンがやってみたいか、が決まればそれに向けて考えてみます。例えば、イベント企画ならば日程、内容、広報方法を決めたりします。
もし、やりたいプリンが見つからなかった場合も、あなたに合ったイベント情報などをお知らせできる場合があります。

4. 楽しもう!

4)プリン当日!思いっきり楽しみましょう。

5.後片付けも!

5)プリンの振り返り、お世話になった人がいればお礼を伝えましょう。また、簡単な感想文を記入します。機会があれば後輩プリンのサポートにも関わってみましょう。ぜひ、この地域が多くのプリンが生まれる場所に一緒にしていきましょう!
つくってみたくなりました?


お話してみて、「やらない!」ってなってもOK!!

興味本位でも大丈夫です。

気になったというそこのあなた!!

ちょっとお話してみませんか?

プリオニア、募集中。

私たちは、プリンに挑戦する人を
プリオニア
と名付けることにしました。
これは、プリン×パイオニアの造語で、

誰もが作ったことのない
自分だけのプリンを
先駆者として開発、挑戦する人

という意味を持っています。

以下に当てはまる方!

*高校生以上、大学4年生までの人
*プリン実行後、感想文を書いてくださる人
*機会があれば、後輩プリンのサポートに関わってくださる人
 (これはご相談の上になりますのでご安心ください)

ぼくたちプリンサポーターです




プリンを1人でやってみようと思っても、何からはじめたらいいのか?、こんなことできるの?、そもそもやってみたいこととかそんなにない、場合もあると思います。

でも、きっとプリンに興味を持ってくださった皆さんは、なんとなく何かやりたい!と思っているはずです。プリンサポーターそんな皆さんをサポートする人です。

プリンに迷っている時、お話を伺いどんなことができそうか一緒に考えたり、プリンを進めるときに困ったこと(例えば何から進めたらいいか分からない)などの相談を伺いプリンを作る手伝いをします。

プリンサポーターには、過去にプリンをやったことがある先輩や金沢学生のまち市民交流館で学生相談を伺っているコーディネーターがいます。



石原 加奈子

なんか一言で特徴紹介。
ちょっとした小さなことをしてみたい。でも、そのちょっとしたことがそもそも何か分からなかったり、なんかめんどうだったり(笑)ってありますよね。でも一歩出してみると意外と面白かったり、世界が広がることもあります。そんな一歩を、一口サポートできたらと思っています。

\プロフィール/
金沢市の金沢学生のまち市民交流館にて、学生団体や学生個人の相談を年間150件ほど伺いサポートしている。また、株式会社ガクトラボにて学生と地域の挑戦をつなぐプロジェクトを担当。

中西 辰慶

なんか一言で特徴紹介。

\プロフィール/
プロフィール:金沢大学理工学域数物科学類数学コース所属。

小田 望実

なんか一言で特徴紹介。
「何がしたいか分からない」ってみなさん、安心してください。私もまだ分かってない!笑 でもとりあえず、そのとき自分がやってみたい!って思ったことに飛び込んでみたらいいと思うんです。まずは、口に出してみるだけでも大きな一歩です。ぜひ一度お話しましょう◎

\プロフィール/
金沢大学 人間社会学域 地域創造学類 福祉マネジメントコース所属。過去に「フリーお汁粉で交流しよう大作戦!」を実施。コロナ禍の中、新入生のコミュニティ作りにも奮闘し「お喋りの部屋~おひるねの代わりに~」などを開催する。