白髪の原因は?
ヘナ白髪染めの特徴について

気づけば黒髪に白髪が混じっていたということもあるのではないでしょうか。今回は白髪の原因や注目されている「ヘナ白髪染め」の特徴について紹介していきましょう。白髪の悩みを抱えている人は参考にしてみてください。

白髪の原因

こちらでは、白髪の原因について見ていきましょう。白髪は何気なく発生するものではありません。必ず何らかの原因があります。こちらでは白髪の原因とされる一部について紹介します。

 ・精神的ストレス

漫画などで一夜にして髪が真っ白になったという表現があります。あそこまではありませんが、精神的ストレスが白髪を発生させる原因にはなっているのです。その理由として、血行不良になりやすいこと、交感神経が優位になることで皮脂分泌が活発になるからです。

 ・加齢

年齢を重ねることで白髪は自然と発生していきます。これは、メラノサイトの働きが加齢によって悪くなっていくからです。その結果、メラニン色素の生成が鈍くなって白髪が多くなっていきます。

 ・睡眠不足

白髪発生の理由として睡眠不足も挙げられています。肌にも影響があるように、睡眠は胎内細胞の働きを正常化してくれます。この正常化によって白髪の生成を抑制する効果があるのです。

白髪を防ぐためには?

白髪は日常的なことで予防することも可能と言われています。個人差はあるので、必ず予防できるというわけではありません。こちらでは、どのようなことが予防に繋がるかを見ていきましょう。

 ・食生活の見直し

栄養素をバランスよく摂取することで身体の健康状態を良くすることができます。白髪を減らすためには根菜類やゴマ、ひじき、のりなど海藻類を積極的に摂取するようにしましょう。

 ・睡眠をしっかり取る

先述したように睡眠も白髪の生成に大きく影響しています。特に夜10時から深夜2時の間は身体の細胞を整える時間と言われているので、この時間帯はしっかり睡眠を取っておくようにしましょう。

 ・サプリメント利用

アミノ酸などのサプリメント摂取することで予防に繋がることもあります。ただ、サプリメントは「治療」ではなく栄養補助食品なので絶大な効果を期待することはできません。

ヘナ白髪染めの選び方

自然素材を使った白髪染め「ヘナ白髪染め」が注目を集めています。しかし、ヘナ白髪染めと言っても複数種類あるので悩む人もいるでしょう。どんな選び方をすればいいのかを見ていきます。

 ・天然100%を選ぶ

ヘナ白髪染めだからと言って、すべてが天然100%とは言い切れません。パッケージを確認して「ヘナ100%」であるかをチェックしておきましょう。注意したいのは、日本語表示が一切ない商品です。これは海外の人向けの商品であって、日本人向けではありません。そのため、使用した際に思わぬトラブルに巻き込まれることもあるので気をつけましょう。

 ・ヘナの形状

ペースと状のものは避けた方がいいと言われています。その理由として、染色作用を保つために添加物が配合されている可能性が高いからです。

 ・粉の色

ヘナと言えば緑色と思われがちですが、上質なものは茶色っぽくなる特徴があります。逆に鮮やかな緑色の場合は「ヘナっぽさ」を出すためにわざと染料を混ぜて作られている可能性があるので注意しましょう。

おすすめのヘナ白髪染めについて

こちらでは、ヘナ白髪染めの中でも特に評判が良いものを見ていきましょう。白髪染めに悩んでいる人はぜひ候補のひとつにしてみてください。

 ・マックヘナ

オーガニック認定製品であり、天然成分100%のヘナ白髪染めです。高品質のヘナが含有されているだけではなく、洗い流すまでが40分と比較的短い時間で白髪染めが完了します。トリートメント効果も期待されているので、髪を優しくケアしてくれるのです。

 ・ナイアードヘナ

インド北西部のヘナを使用した白髪染めです。現地スタッフが厳選したヘナを使用していることもあり、品質において他の製品以上に高い特徴を持っています。ハーブなどと配合されているものもあるので、髪質などに合わせて選ぶことも出来ます。

 ・ジャパンヘナ

カラーバリエーションが豊富という特徴を持っています。それだけではなく、色落ちが少ないのでリピーターも多く存在します。サロンで講習会なども開催されているようです。一般販売よりサロン販売に焦点を当てているアイテムです。

ヘナ白髪染めについて他の特徴などを知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

ヘナ白髪染めと言ってもさまざまなものがあります。
先述したように100%ではないものもあるので購入する際は、
しっかりパッケージに記載されている情報を確認しましょう。
ヘナ白髪染めの中でも注意したいアイテムなどもあるので、
安さなどに釣られずしっかり信頼出来るものかどうかをチェックしてください。
日本人の肌には合わないものもあり、
安易な選び方をすると頭皮トラブルなどに繋がってしまいます。