このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
お申し込みはコチラ→

地域とつながるオンラインスナック
「縁路はるばる」


03.14[Sun]
Open 18:45 Start 19:00
オンライン開催「zoom」

なぜスナック?

“今こそつながりたい!”
コロナ禍である今だからこそ、地域と人とがつながる豊かさをもう一度大切に見つめていきたい。そんな思いから兵庫県:加西市と千葉県:市原市のローカルプレーヤー陣が集い「縁路(えんろ)はるばる実行委員会」を立ち上げました。

みんなで話し合いを重ねるうち、「つながるって何だろう?」と考えた時にふと「横丁にあるスナックのような、狭いカウンターで肩寄せ合って気取らず言葉を交わせる空気」から生まれる自然な一期一会と「また飲もうよ」と声かけあえる柔かなつながりこそ、地域と人とが出会えるきっかけづくりになるのではと言うビジョンに辿りつきました。

まるでスナックで偶然出会った見知らぬ者同士がいつの間にか互いの交流を深めていけるような場作りをベースに、20〜30代のUターン・Iターンを検討中の若手と地域とをつなぐプラットフォーム的な役割を担う企画を目指しております。

なぜ加西(兵庫)と市原(千葉)?

もともと地域活性に興味を持っていた掘エミイと松本大輝がとある地域創業スクールで出会ったことがきっかけ。掘は市原、松本は加西でそれぞれ地域の若者たちとの親交を深めていくうちに、この「縁路はるばる」プロジェクトに賛同してくれるメンバーとして下江・幸野が加わりました。

皆で開催実現に向けて話し合いを重ねつつ、関東と関西のお雑煮の違いや方言などをシェアしては「縁路(今まで歩んできた道のりが偶然クロスしてつながったふしぎで暖かいご縁)」を楽しんでいます。

PROGRAM


Special Session

兵庫県:加西市にて地域おこし協力隊を勤め、その後若干29歳にして市議会議員として活躍中の「下江一将」と、
千葉県:市原市にて地域おこし協力隊として活動中であり、「ローカルプロダクトチーム:サトモノ企画」の代表も務める「掘エミイ」によるトークセッション。関東・関西双方の視点から地域活性について語らっていきます。ついでにお互いのご当地名酒も楽しみながら♪

Local Artist LIVE

故郷を守るピアニスト:渡邉 美佳によるスペシャルライブ!

スナックに集まろう♪

参加申込はこちらから

地域とつながるスナック
「縁路はるばる」

オンライン開催(zoom)
19:00~START
(受付開始 18:45)
  • 特別企画
  • 参加無料

MEMBER

「縁路はるばる」実行委員会の仲間たち
下江 一将 Shimoe Kazumasa
ローカルプロデューサー
YouTubeチャンネル:のらくらライフTV
1991年 島根県出雲市出身、兵庫県加西市在住。
大学卒業後に加西市地域おこし協力隊に就任。
「地域で若い世代がトライ&エラーできる環境づくり」をテーマに活動する。

現在は地域資源と若者のチャレンジが結びつく機会を作るためにレンタルスペースやシェアハウスの運営、コミュニティづくり、YouTubeチャンネル運営、商品開発・食品加工など幅広く展開している。

・好きな方言 : らっきゃ→大丈夫(播州弁)
・好きな郷土料理 : かしわ飯
・参加を検討している人たちへ : あなたのペースで始められる加西でのチャレンジを一緒に考えます!
掘 エミイ Hori Emy
ローカルプロダクトデザインチーム
「サトモノ企画」代表
スナックゴイチカ:大ママ(つまみ食い担当)

1980年市川市生まれ。
国立音楽大学に進学後、舞台やダンス公演への出演を15年以上続け、ニューヨーク公演ではダンススロを担当。
米大リーグ「LAドジャース」傘下の野球選手等のプロアスリートへのヨガ指導を始め、都内・千葉を中心に15年以上のキャリアを積む。

穏やかな空気の中で身体がみるみる元気になっていくヨガで過疎化すすむ地方の活性に貢献できないかと2018年秋から市原市で個人的に活動を開始。2019年7月より同市の地域おこし協力隊に着任し、東京から養老渓谷へ移住。

「里を営むヨガ講師」として活動する一方、地域活性のためのプロダクトデザインチーム「サトモノ企画」を設立。自生している野草や樹木と里山の流通再生を目指す国産アロマブランドや「10歳からの里農(リノ)ベーション”畑のがっこう”」を立ち上げ、里山環境保全を発信するブランディングや田畑を新たな教育現場と位置づけ子供達の個性を活かした体験コンテンツを提供。

松本 大輝  Matsumoto Daiki
兵庫県小野市出身神奈川県鎌倉市在住の25歳。元新幹線車掌🚄
普段は平日は会社員として働きながら、ライフワークとして平日夜や土日に地方創生の活動をしています。
将来的には現在のライフワークを生業にできないか構想中。
趣味は旅・鉄道・ドライブ・地のものをいただくこと。
普通の旅行はもちろん、自分だけの旅のスタイルも楽しんでいます。
今日は地域についてゆる〜く語りましょう!🍺
幸野 茜 Kono Akane
デザイナー/ ゴヰチカ スナックママ/ ビートルズ研究家(見習い)

千葉県市原市出身。2011年桑沢デザイン研究所卒。
marimekko→(本社:加西市)GRAPH→都内広告代理店勤務を経て2021独立。
幼少期から根っからのビートルズ愛。デザイナー業と並行して、地元市原市「ゴヰチカ」にて不定期にビートルズスナックも開催している。
ひとこと:「不思議で強いご縁から今回のプロジェクトに参加させていただきました。気張らず暖かな空間を作れたらと思います。縁路はるばるお会いしましょう◎」

渡邉 美佳 Watanabe Mika
地元を愛するピアニスト
千葉県市原市出身。市原中央高等学校芸術コース卒業。東京音楽大学卒業。
在学中より定期的に主催コンサートを開催。
現在は歌手、楽器奏者の伴奏者として国内外問わず活動中。
学生時に剣道弍段を有し、お琴、扇舞、二刀の演舞をし、現在は日本文化継承者協会に在籍し日本文化や日本の旧暦の過ごし方、しきたりを学んでいる事から近年では日本文化の発信をするコンサートも開催している。

●第8回べーテン音楽コンクールピアノ連弾部門全国第1位。
●2015 年ワシントンD.C,NYのカーネギーホールでの「日米親善公演桜まつり100周年記念」にアンサンブル伴奏者として出演。
●2016年ブルガリア共和国で日本文化を発信するソロコンサートを開催。満員御礼にて好評を博す。
●2018年在日ハンガリー大使館で主催コンサートを開催。日本とハンガリーの知られざる歴史やアジア人との共通点を話しながら、縁のある曲のみを演奏し両国の親善に努める。
●2019年、国連サミットで採択された国際目標であるSDGsを日本に広め、音楽で社会貢献していきたいとの想いから「music for SDGs」(音楽を通してSDGsを促進しよう!)メンバーに参加。
SDGs講演に音楽を融合させたミュージカル調講演を、6月にオーストリア「EFMA国際サミット」、10月にはバリ島にて行われた「ASEAN保険サミット」、日本では慶應義塾大学にて特別公演を行い、活動は国連本部や日本政府にも報告される。
●2020年慶應義塾大学特別講義にて、オンライン公演に出演。
ピアノ連弾にて日本演奏家コンクール連弾部門奨励賞。大阪国際コンクール入選。
●2021年ピアノ連弾にてグランディール音楽コンクール本選1位通過中。ヨーロッパ国際コンクール本選通過中。
掘 エミイ Hori Emy
ローカルプロダクトデザインチーム
「サトモノ企画」代表
スナックゴイチカ:大ママ(つまみ食い担当)

1980年市川市生まれ。
国立音楽大学に進学後、舞台やダンス公演への出演を15年以上続け、ニューヨーク公演ではダンススロを担当。
米大リーグ「LAドジャース」傘下の野球選手等のプロアスリートへのヨガ指導を始め、都内・千葉を中心に15年以上のキャリアを積む。

穏やかな空気の中で身体がみるみる元気になっていくヨガで過疎化すすむ地方の活性に貢献できないかと2018年秋から市原市で個人的に活動を開始。2019年7月より同市の地域おこし協力隊に着任し、東京から養老渓谷へ移住。

「里を営むヨガ講師」として活動する一方、地域活性のためのプロダクトデザインチーム「サトモノ企画」を設立。自生している野草や樹木と里山の流通再生を目指す国産アロマブランドや「10歳からの里農(リノ)ベーション”畑のがっこう”」を立ち上げ、里山環境保全を発信するブランディングや田畑を新たな教育現場と位置づけ子供達の個性を活かした体験コンテンツを提供。


ご参加のお客様へ:ご協力とお願い

  • オンライン開催中の様子をスクリーンショットにて撮影する予定です。撮影した画像は今後の広報(SNS、広告、ランディングページ掲載等)で使用させていただく場合がございます。
  • 撮影や個人名の表示に不都合がある場合は、画面表示のオフや表示名の変更などを事前にご自身で設定しておいてください。
  • 開催中に見聞きした参加者の個人的状況や情報は、SNSはもちろんのこと、不必要に第3者へ開示なさらないよう、何卒ご配慮くださいますようお願いいたします。

SNS

ソーシャルメディア

お問い合わせフォーム

下記のお問い合わせフォームにご記入いただきご連絡ください。内容を確認後、メールにてご対応させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。
企画・運営 「縁路はるばる」実行委員会
E-mail enroharubaru@gmail.com
E-mail enroharubaru@gmail.com