むすびっ子ふろしき活用法
加藤結子

ふろしきはどんな形でも、モノに合わせて包むことができます。
使った後は一枚の布に戻り、また次の包むモノに合わせられます。
使い捨てではないふろしき。環境にもやさしいふろしきの良さを伝えていきます。

次回ふろしきイベント

令和2年9月25日
=結びっ子教室開催=
ふろしき講座 13時~15時
ティータイム座談会 15時~16時
参加費 3,000円
お茶、ケーキセット、ふろしき付き
参加申込みは駒屋へご連絡ください。 0532-41-6065

ふろしきの魅力
一枚の布が物に合わせて自由に包む

結びッ子ふろしき活用術
かわいいリュックに早変わり
防災グッズにも
防災グッズにも

Q.「ふろしき講座をやって嬉しいことは?」

A.「みんなが、驚いて、楽しさに気づいて、喜んでくれること」

使い方いろいろ

加藤結子 ふろしき研究会認定講師

令和元年8月 ふろしき研究会 認定講師
豊橋市二川宿商家「駒屋」 あそびん隊スタッフ
実家はみかん農家です。
3人の子どもを子育て中。
ふろしきに興味をもったのは母のおかげです。
着物好きな母が、ある日大きな布の四辺を縫いふろしきを作ってくれました。
使ったらすごく便利!
ふろしきの魅力を発見することになりました。
まだ知られていないふろしきの良さをみなさんにお伝えしていきます。

駒屋あそびん隊 防災紙芝居にも参加中!

730運動 子どもたちに明るい未来を届けよう
市民ボランティアが地域の安全のために活動しています。
市民、専門家、住宅業者、他。わたしたちの街を守るのは私たち。
防災の話しを子どもでも分かる紙芝居を通してお伝えしています。

インスタグラム



新聞に掲載されました


東日新聞 令和2年7月27日
中日新聞 令和2年8月28日

講演依頼

ふろしき講演受付けます。

また出張講演も考えています。
詳細についてはしばらくお待ちください。


ご連絡はこちらから


フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。