なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

ブロックチェーンの導入コストや導入方法は?仕組みや開発費用、強みなどのメリットを紹介!

ビットコインが流行りだして注目を浴びるようになったブロックチェーン。このイメージが強いために「ブロックチェーン=ビットコイン」と思っている方が数多くいると思いますがブロックチェーンはビットコインを機能させるための土台なのでブロックチェーンとビットコインは=ではなく≠です。

今では国内外問わず多くの企業がブロックチェーンエンジニアの募集をしていますが、ブロックチェーンエンジニアをメインで取り組んでる人が多くないのか圧倒的人手不足な状況となっているようです。海外の企業では一流のブロックチェーンエンジニアには2000万以上の年収を提示しているところもあるくらい現在ブロックチェーンエンジニアの市場価値は高いものと言えるでしょう。

そもそもブロックチェーンとはどんな仕組みなの?

ブロックチェーンとは「分散型台帳技術」といって情報を分散させて管理するデータベースのことです。
利用者ごとに情報を格納する箱(ブロック)を持っていてその箱に一定期間自分の情報を記録して自分の箱と他の利用者の箱を繋げて(チェーン)共有しあうことでお互いに監視できる仕組みのことをブロックチェーンと言います。
ブロックチェーンはサーバーを借りて利用者の情報を管理しているのではなくPeer to Peer(P2P)ネットワークと言ったIPアドレスを利用した情報の管理を行なっているため記録の改ざんなどや不正が困難ということが特徴です。
そのためブロックチェーンの安全性がわかった今、政府や銀行などの金融機関がブロックチェーンの導入を検討しているようです。

※分散型台帳技術とは
DLT(Distributed Ledger Technology)
ブロックチェーンの機能を派生し、共有台帳という特徴だけを抽出して一般化した概念が分散型台帳技術、またはDLT(Distributed Ledger Technology)と呼ばれるものです。分散型台帳技術は、ブロックチェーンが持つ特徴のうち、取引の透明性や監査のしやすさ、データ共有のしやすさに焦点が当てられており、その一部はプロトコル上に特有の仮想通貨を持ちません。また、スマートコントラクトを利用することによって、カウンターパーティが多数参加する取引や、エスクローが連鎖して一つの取引になる貿易金融のような分野を自動化し、効率化できると考えられています。
(引用:https://bitbank.cc/glossary/distributed-ledger-technology)

ブロックチェーンの導入コストはどれくらい?

ブロックチェーンの開発費用や運用費用は?

ブロックチェーンの導入コストは主に
  • 開発費用
  • 運用費用
などが存在します。

開発費用はブロックチェーンを運用するまでにかかるシステム開発費用です。
作りたいシステムのボリュームによって値段が前後してきますのでブロックチェーンの開発相場というのは出しにくいものとなっています。

運用費用はシステムが開発されてからかかる費用ですね。
システムがエラーを吐いてしまった時にかかるメンテナンス費用などがこちらに含まれます。

ブロックチェーンを導入するにあたっての一番気をつけなければならないのではデータの整合性です。先ほど説明した通りブロックチェーンはPeer to Peer(P2P)ネットワークを使用しています。そのためデータベースに入っている情報が1つでも違うとシステムの全てがダメになってしまう可能性は大いにあります。なのでシステムを運用する前に必ずデータの整合性を完璧にしておかなければなりません。
中央機関がないブロックチェーンは従来のデータベースに比べて1つ1つ整備しなければならないのでメンテナンス費用が従来に比べてとても上がってしまいます。この辺りがブロックチェーンのデメリットと言えるでしょう。

ブロックチェーンはハマればコストの削減が見込めます。ただ、導入するにあたってのコストが予定よりも大きかったり、うまいこと機能してくれなかったということもシステムなのでありえてしまいます。チェーンブロックを導入する時は、こういった導入コストに見合った成果が出せるかどうかなどをしっかり見据えて検討してみてください。

ブロックチェーンの導入方法は?

ブロックチェーンは金融以外にも利用されつつある?

ブロックチェーンの導入方法といっても基本的には会社や事業にあったシステムの開発がほとんどになります。
その導入を自社で開発するか業者を利用して開発するかのどちらでブロックチェーンを導入するかというのが悩みの1つだと思います。

自社で開発するとなった場合かかる費用は基本的には人件費となります。それがIT系企業でしたら自社で開発するという選択肢もあると思いますが、例えば服飾系の企業では自社で開発できる従業員はいるでしょうか?飲食店を経営している会社にはブロックチェーンを開発できる従業員はいるでしょうか?大手企業であればそのためだけに求人をかけて募集するという手もありますがどの会社もそれができるとは限りません。

自社で開発できる人がいない時は業者に頼むのが一番でしょう 。業者に頼むとコストは自社で開発する時よりも導入コストがかかってしまうかもしれませんが業者はプロですので安心して頼むことができます。

ただし業者に頼む時の注意点がいくつかあります。それは自分たちと業者でシステムの認識の違いを作らないことです。認識の違いがあると自分たちは「アレ」と「コレ」が欲しいと言っていたつもりが業者側の捉え方だと「アレ」のみを作ればいいんだな。という解釈になっていていざ完成して見たら必要なものが無かったということも0ではありません。
先ほども少し説明しましたがブロックチェーンはメンテナンスにとてもコストがかかります。最初の段階で念密に話し合いをしておかなければなりません。完成してから違うと分かってもさらにコストがかかってしまうので業者に頼む時もそうですが自社開発する場合もこちらは念密に話し合いをしておきましょう。

最近では「AgiriDigital」といった農業にブロックチェーンが使われているそうですよ。

ブロックチェーンの強みやメリットは?

ブロックチェーンにデメリットはあるの?

ブロックチェーンのメリットは
  • 銀行などの第三者を間に挟むことなくお金のやりとりができる。
  • 記録改ざんなどが極めて困難なため不正が行われにくい。
  • 安全性が極めて高い。
そのほかにもメリットはたくさんありますが、専門的なことも多いので今回紹介するメリットはこのくらいにしておきます。

銀行などの第三者を間に挟むことなくお金のやりとりができる。
これは手数料などの話ですね。第三者を仲介することによって手数料が少なからず発生します。ブロックチェーンを使った取引には個人と個人の取引になるので手数料は少ししかかかりません。また、世界中で使えるサービスなので例えば子会社が海外にあった場合なども海外にお金を送るのにかかっていた手数料を節約することも可能となっています。基本的には24時間使えるサービスなので深夜などでも利用できるのはありがたいですね。

記録改ざんなどが極めて困難なため不正が行われにくい。
ブロックチェーンは利用するたびにブロックが追加されていきます。ブロックチェーンは直前の取引データも一緒に取り込みながら新規データを追加して暗号化をします。なので10つあったブロックの3番目に不正をしようとした場合次の4番目と3番目が合わなくなり不正が発覚してしまいます。このような理由からブロックチェーンを利用したサービスは不正がほぼ不可能とまで言われているのです。

安全性が極めて高い。
先ほど説明した通りブロックチェーンを不正するのには相当な作業量が伴っています。ここまでして情報を手に入れようとする人はほとんどいないと言えるので安全性は極めて高いのです。

ブロックチェーンもメリットだけではなくデメリットももちろん存在します。
  • システム開発後に改善というのがとても難しい。
  • メンテナンス費用がどうしても高くなってしまう。
  • デジタルデータ以外は扱うことができない。

システム開発後に改善がとても難しい
ブロックチェーンはとりあえず作ろうというのができません。1つの小さなズレがシステム全体を機能させなくしてしまうのが普通にありえてしまいます。なのでシステム開発前から念密に企画を練り、慎重に正確に作らなければならないため開発するのに時間もかかってしまいます。

メンテナンス費用がどうしても高くなってしまう。
中央集権のデータベースを利用していればそのデータベースを書き換えれば基本的にはそれで終わりですがブロックチェーンは各ブロックに何度も何度もデータを書き加えてチェックしなければいけません。なので中央集権のデータベースに比べてメンテナンス費用がどうしても高くなってしまいます。

デジタルデータ以外は扱うことができない。
例えば安全性が高いのでブロックチェーンのデータベースに手元にある住民票をしまおうとしてもそれはできません。紙でありデータではないからです。ただし住民票をデータとしてパソコンなどに取り込めばブロックチェーンのデータベースに取り込むことが可能となっています。

ブロックチェーンを採用するとなった時はこれらのメリットデメリットを考えた上で今よりもコストを削減できると判断できれば利用する価値は大いにあると思います!