なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

美容ラボ

美容情報などの情報をお届けします。

ちょっと気になる話題を更新中

現代生活が引き起こす「女性ホルモンが減る」習慣

女性ホルモンが減ると聞くとドキっとしますね。

女性の一生と関わりの深い女性ホルモンは、
30代後半から40代前半にかけて
女性ホルモンが減り始めて、体に変化が現れます。

30代40代は人生で仕事や子育てに最も忙しい時期なのですが、
体に変化が訪れるぶん、本当はもっと自分の変化に敏感になり
いたわってあげたい時期でもあります。

女性ホルモンと生活習慣

30代後半から少しずつ出始める女性ホルモンは、
体の負担になる普段の生活習慣によって、
さらに女性ホルモンが減ることになります。

女性ホルモンの減少は自然のものですが、ゆるやかに低下させることで、
女性ホルモンの低下によるさまざまな症状を緩和することができます。

またその後、訪れる更年期を遅らせ、
更年期特有の症状を和らげることにもつながります。

女性ホルモンが減ると…

女性らしい体を作る女性ホルモン。
女性ホルモンが減少すると、美容面でも不調が出始めます。

肌の乾燥、吹き出物、しわ、たるみといった変化もありますし、
太りやすい、むくみ、冷え、便秘という体調の変化もあります。

それだけでなく白髪や薄毛、ドライアイ、腰痛や肩こりといった
エイジングのような症状も引き寄せやすくなります。

もちろんこういったことには個人差があり、
すべての人に当てはまるわけではありませんが、
さまざまな不安定感を感じるのが更年期の前のプレ更年期。

できるなら女性ホルモンを無駄に消費しない生活をしたいですね。

女性ホルモンが減る習慣

1、万年、食べないダイエット

20代と同じように、食べないダイエットを繰り返していませんか。

とにかくカロリー重視で、単純に食べる量を減らせばいいと思っているなら、
十分な栄養とれておらず、食事のバランスが悪くなっています。

食生活を見直し、極端な食事制限はやめましょう。

2、甘いものが大好き

甘いものを食べ過ぎると代謝するときにビタミンB群が消耗されます。

ビタミンB群はコレステロールから女性ホルモンを生成する役割を持っており、
女性ホルモンの働きを円滑にする栄養素。

アルコール、糖質、脂質、これらの摂りすぎはどれもビタミンB群を
多く使ってしまうことになります。

3、食生活には無頓着

「ジャンクフードが大好き」、「毎食外食している」、
「コンビニでご飯を買うのが習慣になっている」など便利な食生活は
糖分や脂肪分を摂りすぎる傾向にあります。

こういった食事ではビタミンやミネラルが大量に消費され、
体内が栄養不足の状態になってしまいます。

食生活に無頓着なのも女性ホルモンの減少に影響します。

4、デスクワーク中心で動きがない

デスクワーク中心の仕事は、冷えやむくみの原因となることも。

また体内の流れが滞り代謝が低下してしまいます。
これらは女性ホルモンの分泌にも悪影響します。

5、睡眠時間が少ない

睡眠不足や不規則な生活、睡眠の質の低下など、
睡眠の状況はホルモン分泌に大きく関わります。

毎日夜更かししていると、ホルモン分泌が少なくなり、
ホルモンバランスも悪くなります。

6、運動する習慣がない

日々の体を動かす量とは別に、楽しく運動する習慣があると
毎日にメリハリが生まれます。

運動はリラックスを促し、代謝をあげ、
睡眠の質を改善するなど女性ホルモンもサポートしてくれます。

ダイエット目的の激しい運動ではなく、
楽しく気持ちがリフレッシュするようなものを選びましょう。

7、ストレスが多く精神的にギリギリだ

毎日ストレスが多く、精神的にも肉体的にもきつい。

そういう状況が続くと自律神経が乱れホルモンバランスに影響します。
短期間なら問題ありませんが、30代半ばを超えてそういった生活を続けていると、
プレ更年期の症状を強めてしまうので、注意が必要です。

8、喫煙や受動喫煙をしている

タバコは女性にとって百害あって一利なしと言われます。

女性ホルモンの観点からしても、タバコは卵巣機能を低下させ、
女性ホルモンの生成を阻害し、減少させます。

自分は吸っていなくても身近にいる人が喫煙者だった場合、
副流煙が女性ホルモンのバランスを崩すこともあります。

自宅やよく行くお店、職場環境などタバコの煙に対しては何らかの対策をしましょう。

9、体がいつも疲れている感じがする

何かと忙しい30代や40代の時期でも、
心身の疲れはそのまま残さず解消するようにしましょう。

肩こりや腰痛、足の疲れ、なんとなくだるい感じなど、
疲れが慢性化するとホルモンバランスに影響し、
女性ホルモンの減少を加速させてしまいます。

10、ゆったりする時間がない

「いつも忙しい」、「帰ったらすぐ寝るだけ」といった生活を繰り返していませんか。

習慣的にゆったりとリラックスする時間がないと、
自律神経が乱れホルモンバランスを狂わせます。

ゆっくりできる時間を持つことが安定したメンタルを育てることになります。

まとめ

女性ホルモンを減少させない生活のポイントは、
「食事」と「運動」と「心」のありよう。

どれか1つでも今の自分に欠けている部分があるなと思ったら、
生活を見つめ直すターニングポイントにしてみましょう。

若返るチャンス!?「アラフォーのダイエット」

急激に体重を落とすと、余分な皮膚があまり、
肌のしわが深くなるのはよくある話。
ダイエットに成功したのに年老いて見えたら、女性にとっては無残ですよね。
男性でも精悍どころか、疲れて老け込んだ印象に…。

ダイエット=若返り

特にアラサー以降の女性や中年の女性は、
ダイエットできれいになるという意味は、若返ることでは?
お金をかけて自分を変えるなら10歳ぐらい若返りたいものです。

10年前の痩せていた自分をイメージして、
外見上はそこに近づいていく。

中年以降の女性はキレイに痩せるモチベーションとして、
過去の自分をイメージするのがいいと思います。
10年前痩せてなくても、肌の感じやボディーラインは思い出せるはず。

ただやみくもに体重を落とすのではなく、
若返りこそがダイエットのポイント。
若返りダイエットでは、目標として以下のような姿を想像してみましょう。
  • 肌のつやがよくなる
  • 女性らしいボディーラインをキープ
  • 代謝が上がって太りにくい
  • 髪や爪まで栄養が行き届いている
  • 体が軽く、気分も明るい
  • 疲労感がなく活力が湧いてきた
  • 女性らしいボディーラインをキープ

アラフォーのダイエット成功の法則

中年以降のダイエットは、若い時とはまた違う成功の法則があります。

食べ過ぎるわけでもなく太ってしまった人、
あまりアクティブではない生活を送る人、
お酒が甘いものが習慣になっている人…。

すぐに太ることではなくても、長年の積み重ねで本人の自覚がないところで
体重増加の原因になっている場合があります。

また本人に合わないダイエットで健康を害してしまったら大変。
ダイエットは健康を損なわないよう、
自分の体質や適切な運動量を見極めることがスタートです。

1、食べて痩せる

極端な食事制限や〇〇だけ食べるといった一品ダイエットは、
栄養のバランスを崩し、肌や髪、ツメなど細部が痩せ衰えてしまいます。

余分な糖質や脂質をカットし、足りない栄養素を補うことで、
食べて痩せるダイエットが完成します。

抗酸化成分の多い野菜やスーパーフード、必須脂肪酸のDHAといった
アンチエイジング成分も積極的に取り入れるといいでしょう。

2、ボディメイクする

ダイエットには運動が欠かせませんが、中年以降のダイエットでは、
無理をすると、辛過ぎて続けられない、下手をすると怪我のもとになりかねません。

忙しい人はジムに入会しても通うことを負担に感じることが多いものです。

ボディメイクはまず姿勢から。
背中を丸めずお腹を引き締める正しい姿勢を意識します。

縮こまっていた伸ばすストレッチも自分の体を知るには最適。
正しい姿勢を知ったら、ウォーキングなど軽い運動を始めましょう。

3、代謝を上げる

年齢とともに筋力は1年で1%落ちるといわれています。
そのため代謝が落ち、冷え性やむくみが出て、太りやすくなったという人もいます。

こまめに動き、体を温める食べ物を摂取する、
そして筋肉を維持するための筋トレをすることが大切です。

若い時に比べて基礎代謝は年々低下していきます。
特に太りやすい人は、生活を見直し、代謝を上げる生活を心がけましょう。

4、疲れ・コリをケアする

仕事内容や日常生活の癖で体に歪みがでると、
その部分にコリや疲れがたまりやすくなります。

そして体内の巡りを悪くし、脂肪や老廃物が溜まりやすい体に。
足のむくみや、肩こりや首こりなどの疲れを放置していると、
定着してしまいその部分にボリューム感が出てしまうことに。

マッサージやストレッチでこまめに疲れやコリをケアすることです。

5、楽しみながら続ける

ダイエットがきついと体重が減らないだけで気持ちも下がってさがってしまいます。
何かしら運動やリラクゼーションなど、楽しいと思えることを定期的に続けながら、
モチベーションを維持しましょう。

これまでやってみたかったダンスや新しいエクササイズのクラスに通ったり、
月に1度エステをうける、温泉旅行に出かけるといった
“体に効く”ご褒美も新たな発見につながります。

まとめ

間違ったダイエットだと痩せるとき筋肉も一緒に落ちてしまいます。
そうなると引き寄せるのは老化。

体にあったダイエットで筋肉をつけながら、余分な皮がでないよう
戦略的に時間をかけて体重を落としていくのがポイントです。

本当に肌に合う化粧品の選び方

世の中にはたくさんの化粧品がありますが、
皆さんはずっと同じブランドを使い続ける派ですか?

それとも様々なブランドをとりあえず使ってみる派ですか?

愛用のコスメが残り少なくなったとき、
「また同じものを買うか」「新しい製品を買うか」という
二者択一が結構な頻度で現れますよね。

間違いない!コスメ選びの基準

「今のコスメがあっているのか」と思うみなさんに、
コスメ選びの基準を私なりにまとめてみます。
合っているコスメのポイントは・・・
・肌荒れしない
・使い心地がいい
・使い続けられる価格
・欲しい効果が得られる
・ブランドイメージが好き
一概に高いもの使えばきれいになれるというものでもないので、
使ってみて肌に合うかどうかは大きな見極めポイントになります。

誰かに合っているものでも、自分に合うとは限らないですし、
何年か前に使ってみてよくても、今の自分に合うとも限らないのです。

効果を感じられるコスメは大事

あとは効果を感じられるかどうかも大きいですね。

化粧品は効果を感じにくいものではあるのですが、
使ってみて何も変化がないよりも、
使うことで肌に何かしらの良い変化があると、
それは使った甲斐があったというもの。

使い心地がよく、さらに使っていて、
「肌が綺麗になった」
「どんどん若返っていく(気がする)」みたいな感覚は大事です。

何かしら使ってよかったと思えることでスキンケアが楽しくなります。
そういうものを得られたら、そのコスメはもう自分にとっての“推しコスメ”。

合っているかどうかは使い方の問題も

合っているかどうかは肌質もありますし、使い方の問題も。

コスメによっては毎日使うといいものと、
毎日使うには重たいけれどもスペシャルケアで使うと
とっても肌にいいというものもあります。

特にスペシャルケアとして謳っていない製品でも、
時々使うといいというものもあるのでコスメは使い方次第でもあるのです。

その使い方は自分の肌との相性で決めるしかありません。

使用量に関しては…?

分量に関しても自分の肌が必要な分を使うのが良いです。

どの化粧品にも推奨量はありますが、
それは一つの目安として考えておきましょう。

パウチ型になっているものなど一回分が決まっているもので、
とても肌に合い、効果を感じるけれど、一回分全てを肌にのせると
肌の負担となり、吹き出物がでるというものもあります。

これは使い方の問題で、推奨量を全てを使い切らないと
と思う必要はないのです。

自分の肌に必要なだけの量を知っておくことで、
新しい化粧品の導入がスムーズになります。

これはダメ…肌に合っている?合っていない?の見極め方

使用量や使い方に問題がないのに、
なぜか合わないというコスメも確実にあります。

化粧品が合っているかどうかを、さらに詳しく肌状態で
判断するには以下のようなことを目安にしてみてください。
1、 肌が荒れない、赤み、ヒリつきなど痛みがないか
2、 ニキビや吹き出物が出ないか
3、 乾燥が抑えられているか
4、 見た目に透明感が出る
5、 たるみなどが出ない
このようなポイントが網羅できれば、そのコスメは合格。

肌荒れなどがなく、保湿が十分に行われ透明感が出ていれば、
その化粧品は肌に合っているということができます。

またニキビや炎症を起こし肌がたるんで見える時は
油分が多過ぎるのかもしれません。

まとめ

使ってみて残念ながら肌に合わない化粧品というのもあります。

肌が荒れたり、シミが濃く見えたり…。
こういう化粧品は、“使い続ければ結果が出る”などと期待を膨らませずに
すぐに使うのを中止してください。

また肌がデリケートになっている時などは、
一旦新しいコスメは休みにして、しばらくしたらまた使ってみましょう。

それでもダメならそのコスメはやめた方がいいです。

今は低価格の化粧品でも品質の悪いものはほとんどなく、
どんな化粧品でも合うか合わないか、欲しいか欲しくないかで判断できます。

けれどアンチエイジングのための化粧品が増えて、
高保湿の成分が肌に合わなかったり、
必要ないほどの高機能なコスメを使ったりすることで、
逆に、肌トラブルになっているケースがよくあります。

新しいコスメを買う時はサンプルを使ってみることが大前提。

その上で、肌が弱い自覚がある人は、一気に全て取り替えないで、
美容液(乳液)など一品だけを変えてみると肌の負担が少なくなります。

そしてその製品を見極めるために、化粧水+美容液(乳液)といったシンプルなケアで肌の調子をみていきましょう。