本人確認不要ではじめるビットコイン投資

本人確認なしでビットコイン(仮想通貨)の投資をはじめることができるのか、検証をしていきます。

日本国内の取引所では、本人確認が必須

日本の金融庁に登録をしている仮想通貨交換業者(取引所)の場合は本人確認の手続きは必須です。では、ビットコイン投資を本人確認不要ではじめられる取引所は存在するのでしょうか。

結論から言うと、いくつかの海外取引所であれば本人確認なしでビットコインへの投資をはじめることができます。

本人確認はマネーロンダリング対策

なぜ本人確認が必要なのか?

2017年4月の改正資金決済法により、仮想通貨取引所は登録制となりました。仮想通貨の取引所がしっかりと投資家を守れていないことが背景に改正されました。

またそれに加えて、ビットコインなどの仮想通貨は、不正利用やマネーロンダリングなどの犯罪行為の温床になりがちで、そのような悪事を防止するという狙いがあります。

海外の取引所では本人確認不要でビットコイン投資ができる場合もあります

海外の取引所の場合は、本人確認なしでメールアドレスだけで登録をして仮想通貨の取引を行える取引所があります。

入金は他の仮想通貨で行う必要があるなど制限もありますが、すぐに取引をはじめたい人には使い勝手が良く、評判です。

仮想通貨交換業者に対する規制

マネロン・テロ資金供与規制(犯罪収益移転防止法)

顧客の本人確認(口座開設時、200万円超の仮想通貨と法定通貨等との交換時、10万円超の仮想通貨の移転時) ・ 本人確認記録、取引記録の保存 ・ 疑わしい取引の当局への届出 ’ 体制整備(社内規則の整備、 研修の実施、統括責任者の選任、リスク検証・モニタリングの実施、内部監査の実施など)

仮想通貨交換業者に対するこれまでの対応等(金融庁)

1位 Binance(バイナンス)

100種類以上扱う大手もメールアドレスだけでビットコイン投資が可能

100種類以上の仮想通貨を取り扱う取引所。中国発の取引所として有名ですが、現在はマルタに拠点を移して運営中。

世界でも最大の取引所の一つで、サイトも非常に使いやすく人気です。そんなバイナンスでは、メールアドレスがあれば利用を開始してすぐに取引をはじめることができます。

取引所ページへ

2位Liqui(リクィ)

メールアドレスだけで、新しい仮想通貨に投資できる

2016年にLiquiは仮想通貨取引所としてサービスを開始しました。ウクライナのキエフに拠点を置いています。

出来高は比較的小さいですが、取引所としての最大の特徴はCOを終えた直後の仮想通貨をすぐに上場させる傾向にあること。大手取引所に上場する前に購入できます。

メールアドレスだけで取引が開始可能なのも特徴です。

取引所ページへ

3位 Kucoin(クーコイン)

メールアドレスで、今すぐやすい手数料でビットコイン投資

Kucoinは、2017年9月に香港で開設された取引所です。取引量が多く、日本語にも対応しているので、安心して取引ができると評判。利用者も増えており、手数料は全て0.1%。

メールアドレスだけで取引を開始できるので、今すぐ!買いたいという方におすすめです。

取引所ページへ

日本国内で本人確認の審査が簡単で早い取引所

日本の取引所では必ず本人確認の手続きが行われますが、その中でも手続きや審査の時間が短い取引所もあります。

ここからは本人確認の審査が「早い」か「シンプル」な取引所を紹介します。

1位:bitbank(ビットバンク)

本人確認が3日で終わる

仮想通貨の取引手数料が無料のキャンペーンをbitbankで行っています。はじめての仮想通貨購入にかなりおすすめの取引所です。ビットコイン以外のリップルなどのアルトコインも充実。

口座開設手続きにかかった日数は3日程度で非常にスムーズです。

取引所ページへ

2位:BITPOINT(ビットポイント)

本人確認が3日で終わる

赤丸急上昇中の取引所がビットポイントです。本田圭佑を使った広告でもおなじみの取引所。上場企業が母体になっているので、運営、オペレーションが非常にスムーズ。

本人確認も、新規登録の流れで完了することができました。

取引所ページへ

3位:Zaif(ザイフ)

取引をはじめるまでたった4日

マイナス手数料をはじめて導入した取引所です。積立や特徴的なサービスが多く人気の取引所の一つ。

口座開設の手続きも非常にスムーズで最短4日で完了することができました。

取引所ページへ

本人確認が早い仮想通貨の取引所

仮想通貨の口座開設が早い取引所はこちらの記事にも詳しく記載がありました。

口座開設がとにかく早い仮想通貨の取引所を調査!