ツールの説明!

ツールの説明(*^_^*)

✨サインツール✨

上記の写真は私が使ってるサインツールになります✨
システム会社に勤めてる友人に作って頂いてますので信頼できるものです😊
勝率も7~8割くらいです✨
これで私も毎月200~300万の利益出してます✨
レクチャー生の方もサインツール使ってる方のほとんどの方が利益出されてます😊

使い方、エントリーの仕方もレクチャーしてますので
興味ある方は連絡くださいね✨

ツールの基礎知識用語!

1,移動平均線
2,ローソク足
3,ボリンジャーバンド
4,RSI
5,ストキャスティクス

1
移動平均線

バイナリーオプションの分析は様々あるけど

比較的一般的に使われてるテクニックの一つに「移動平均線」があります❢❢

移動平均線はローソク足に沿って描かれてるグラフのことです(*´ω`*)


正確に言うと
終値の合計を期間で終わることで平均値を算出してこれらを結んだものをいいます

要するにざっくりとした相場の値動きを視覚的に確認することができ
相場のトレンドをとらえやすくしたものです(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

バイナリーオプション分析では価格が上昇してるのか下降してるのかを判断するのことが重要❢❢

移動平均線では短期線、中期線、長期線の3種類が用意されていることが多いのですが

これらの線がクロスするポイントを見極めることが大切(*´・ω・)(・ω・`*)ネー


長期線に対して短期線が下からクロスすることを「ゴールデンクロス」と言い、
こちらは円安のサイン

逆に長期線を短期線が上からクロスした場合は「デッドクロス」と言い、
円高のサインになります!


移動平均線の使い方

バイナリーオプション分析での移動平均線の効果的な使い方ですが

こちらは比較的シンプルに参考にするのがいいですね❢


上向きにグラフが描かれてる場合は価格が上昇

下向きにグラフが描かれてる場合は価格が下落していることを表しています


中期線にもしっかり注目し短期線と長期線が交わるタイミングを視野に入れておくと

さらに参考にしやすくなるので憶えておいて損はないですよ❢❢

2
ローソク足

ローソク足は相場の読み取りにおて基本のチャートで、長方形のローソクのような形をしてます❢

ローソク足バイナリーオプションだけでなくFXや株価チャートでも使われているんです❢

単純に紹介すれば1分や1日、1週間という単位で時間を区切り、そのときの始値、高値、安値、終値

という四本値を形で表したもので、ローソクのような形をしてるのでローソク足と言います❢

ちょっと難しいかもしれないですが分析の基本になるので憶えて損はないです(*´ω`*)

3
ボリンジャーバンド

●ボリンジャーバンド分析での逆張り方法

・ボリンジャーでトレンドの転換点を読みましょう

順張りと逆張りどちらもそうですが、分析してどう相場が動くかを予想するのは簡単ではないです。
ですがバイナリーで投資をしていく場合、それを乗り越えて分析精度を上げなくてはなりません!!
その際、逆張りの判断基準としてひとつの材料に使えるのがボリンジャーバンドです❢❢


ボリンジャーバンドは移動平均線とその標準偏差を利用するオシレーター系のテクニカル指標。
トレンドの転換点を読むテクニカルとしては代表格なので標準以上の機能を備えた
チャートツールなら大抵搭載されてます(*´ω`*)

ココではわかりやすく説明していきますね☆彡

基本的な使い方は移動平均線とその上下の補助線の幅、
現在のレートとのギャップを見ることで相場の転換を予想していきます!
たくさん存在する指標ですが、このボリンジャーバンドは逆張りと相性がいいです♡



そもそもボリンジャーバンドというのは、移動平均線を中心に上下の値動きの幅を統計学的に考え
移動平均線からローソク足が離れる限界点を補助線として示したもの❢❢
この補助線を「σ(シグマ)」と呼び、
移動平均線の上にある近いほうの補助線を「+σ」、
さらにその上の線を「+2σ」と呼びます❢❢

逆に下にある補助線は「-σ」、その外側が「-2σ」となっています(*´ω`*)

ボリンジャーバンドでは「+2σ」にローソク足が触れると反落し、
逆に「-2σ」に触れれば反騰の可能性が出てくると考えます(*´∀`)
ですので、逆張りの手法にぴったりなんです♡

この外側の補助線にローソク足が触れるポイントが見つかった場合は
順張りではなく逆張りで予想するほうが
利益を出せる可能性が出てくるというわけです♡

●バンドの幅に注目してみよう

・ボリンジャーで逆張りの戦術

まずボリンジャーバンドの特徴として、レンジ相場中はバンドの幅が狭くなっていくんです!
狭くなった状態はこれから相場が動き出す力を貯めている状態で、
そろそろ変動するかも知れないという合図になります(*´・ω・)(・ω・`*)ネー



次に中心の移動平均線から補助線(1σ、2σ、3σ)に現在の値がタッチした時なんですが
相場がレンジ状態の時にこの補助線にタッチした場合
かなりの高確率で反転のタイミングとなります❢❢

設定や状況によって変わりますが2本目の補助線2σに
タッチした場合は90%以上の精度を見せることもあります♡


この2つを合わせ考えてレンジ相場のときにボリンジャーバンドを使い、
現在のレートが補助線にタッチするタイミングを狙えば
高確率で逆張りの取引が狙えるということですね(*´∀`)



●ボリンジャーバンドで逆張りをする手順

バイナリーにおいてボリンジャーバンドを使って逆張りをする手順です。

例だよ(*´ω`*)
相場が上昇トレンドにあるときに判定時間まで残りわずかとなりました。
このタイミングで購入することにします。
そのとき上昇トレンドでありながらローソク足が
ボリンジャーバンドの「+2σ」の補助線に触れました❢❢
こうなれば反落のポイントに触れたことになるので予測は「下がる」になるわけです(*´ω`*)
まさに逆張りで購入するというわけです❢❢



逆に下降トレンドで「-2σ」に触れるポイントが見つかった場合は
逆張りで上がると分析になりますね❢❢
これがボリンジャーバンドを使った逆張りの方法です♡


トレードに取り入れやすいものだと思います(*´ω`*)

4
RSI

RSIはボリンジャーバンドと並ぶオシレーター系の代表的なテクニカル分析❢❢




●RSIで逆張りを狙う戦略

・RSIは売られすぎか買われすぎかを判断



RSIを日本語にすると「相対力指数」という意味で現在の為替レートが
「売られすぎか」「買われすぎか」を判断するのに使われます❢❢



RSIは0%から100%まで幅のあるグラフで表示され
100%に近づけば「買われすぎ」、0%に近づけば「売られすぎ」という見方をします(*´ェ`*)

一般的な基準としては70%程度なら「売り」のサイン、
30%程度なら「買い」のサインと言われています♡



●逆張り方向のオプション購入にRSIは使える

・RSIは逆張りのバイナリーオプション戦略

「売られすぎ」か「買われすぎ」かを判断するオシレーター系テクニカルであるRSIは
逆張りのタイミングを計るのに役立ちます(*´ェ`*)

「売られすぎ」なら買い、「買われすぎ」なら売りの姿勢で取引するタイミングの参考になります♡
ただし問題点もあるので注意が必要(´・ω・`)
RSIが反転すると予想して、その予想が外れたときは
ズルズルと大きな損失を出してしまうことが起こりがちです・・・。


通常のFX取引では損小利大が基本なのでRSI単体では少し不安があるのも事実です。
しかしその点、リスクが限定されているバイナリー取引ではそのデメリットが大きく緩和されます♡
バイナリー取引時はRSIのように相場の反転タイミングを予想し
逆張り方向のオプションチケットを購入する戦略が適してるのではないでしょうか
ヽ(´エ`)ノ



似たような動きをするテクニカル分析の一つにストキャスティクスというものがあります!
RSIと2つあわせて使ってみると精度が上がるかもしれませんよー♡

さらにボリンジャーバンドなど他のテクニカル分析とも相性を見ながら取引してみると
勝率がグンと上がるかも知れませんよー♡

5
ストキャスティクス

ストキャスティクスはバイナリー分析方法の中でも
購入タイミングを計るのに適したテクニカルチャートです❢
分析方法の一つの「RSI」と非常によく似ていますが
ストキャスティクスは真近の価格と安値、又は高値の差を%で表しています。

ストキャスティクスには0~100%の折れ線が表示されており、2本の折れ線があって、「%K」「%D」と表します❢❢
2本の折れ線は非常によく似た動きをしてるけど、
よく見ると若干違う動きをしていることがわかります(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
これらのグラフの動きと、表示されてる%を照らし合わせることで
現在が「買われすぎなのか」「売られすぎなのか」を判断できるんです❢❢


●20%と80%に注目
ストキャスティクスでのバイナリー分析方法を取り入れる場合現在のラインが何%に位置してるのかを確認しましょう❢❢
ストキャスティクスの場合、

80%以上になると「買われすぎ」の状態20%以下になると「売られすぎ」の状態だと判断できます


●ストキャスティクスの活用法
ストキャスティクスを用いてるときに例えば80%を超えてると
「今から価格が下がるはずだから購入のチャンス!」と考える方もいると思います❢また20%以下のときに「価格が上がるはず」と考えるのも当然です(´ε` )

しかし注意してほしいのは

「すぐに反映されるわけではない」

ということ❢❢
例えば80%以上で買われすぎの状態だったとしてもすぐに売られるようになるとは限らない実際にストキャスティクスを使ってみるとわかるのですがときには90%台まで上昇することも珍しくありません(´・ω・`)
重要なのは
「%K」と「%D」が
クロスするタイミング❢❢
%の位置とクロスするタイミングを見計らうと精度の高い予測につながると思います♡