美白サプリで白髪が増えるなんて副作用がある?調査してみました。

美白サプリは人気のサプリメントの一つ。
塗る化粧品ではなく、サプリで体の中から改善できるということで、効果も高いのかなと思われるところがあります。

さらに、最近では美白、シミ対策だけではなく小じわやそばかすにも効くというものも出ていて、気になるものになっています。

でも、気になることとして副作用で白髪が増えるという話を聞いたのです。
本当に白髪が増えるならちょっと・・・と思ってしまいますよね。

ここでは美白サプリの副作用について改めて調べてみることにしました。
客観的な内容を載せておきますので、気になる方は是非見てみてください。

本当にそんな噂はあるの?

美白サプリと白髪の関係について本当にそんな噂はあるのでしょうか?確かに美白サプリということで肌を白くする成分は入っているのでしょうけど、それが髪まで白くすると飛躍するのは考えすぎなのではないでしょうか?

本当にそんな噂があるのかと、いうことで、yahooで検索で美白サプリということで検索しようとすると確かに
「美白サプリ 白髪」
という検索補助キーワードが出てきました。
これは、ある程度の人が検索している、何らかの需要があるからこのような言葉が出ているということ。

信ぴょう性はともかく全く誰にも知られていない話ではないということです。

検索結果の中身から美白サプリの副作用を見てみる

「美白サプリ 白髪」というような検索結果が出てくるということがわかりました。実際にその言葉容で調べるとどのような内容が出てくるのでしょうか?

中身を見てみると
白髪の原因になるのはメラノサイトというメラニン色素を作る細胞だということです。このメラノサイトが、機能が低下すると、白髪になってしまうというもの。

美白のためには皮膚のメラニンを抑制する必要があり、メラノサイトの働きを抑制して髪のメラニンまで落ちて白髪になってしまうという問題が発生する可能性があるそうです。

このメラニンを抑制するのがL-システインという成分になり、美白サプリに含まれているのです。

美白サプリを飲みながら白髪を防ぐ方法

L-システインという成分が入ってる美白サプリを飲めば、白髪が増えてしまうという話があると書きました。

ただ、この白髪が増えるということですが、回避する方法もあります。
それがビオチンと呼ばれるビタミンB群に分類される水溶性ビタミンを摂るという方法です。

ビオチンは白髪を抑えるのに効く成分とされ、酵母、レバー、豆類、卵黄等に含まれます。

単体でサプリメントも販売されていますので、こうしたサプリメントを使えばビオチンを摂ることも可能です。

ただし、ビオチンがL-システインの副作用を抑えてくれるのかどうか、はっきりしないという意見のある文章も見かけました。

ネット上で検索すると、いろいろな文章が出てきますが、あくまで美容に興味がある人が書いたというようなもので、医学関係者が書いた間違いのないものというものではありません。

ビオチンが、白髪や脱毛を防ぐというのは事実ですが、これがL-システインの白髪を増やすことを抑えるということについては推測レベルの話以上のものは見つかりませんでした。

本当にL-システインは白髪を増やすの?

ビオチンを摂ればL-システインの副作用を防げる、なんて話を紹介しましたが、本当にL-システインは白髪を増やすのでしょうか?

確かにブログやtwitter等を見ていると、白髪がと書いてある人もいるのですが、本当に増えたと書いている人は少なくて
「L-システインをとると白髪が増えるかもしれないんだって!」
というような憶測コメントが目立ちます。

白髪が実際に増えたという人も、本当にL-システインが原因なのでしょうか?

単に年齢であったり、ストレスであったり、日々何らかの要因があって白髪が増えてきているのをL-システインが原因と勘違いしていないでしょうか?

個人の思い込みの範囲で決めつけてしまうのはよくありません。

※ちなみに、L-システインが仮に効いて白髪になっている場合、あくまでメラニンの働きを抑制させているだけで死滅しているわけではありませんので、飲むのをやめると理論的には元の状態に戻ります。

医療関係者の発言は?

ネット上の情報については、美容ライターがまとめた情報は多くありますが、絶対に正確であるという保証はありません。

そこで医療関係者の発言についてもチェックしてみます。

実際の医師が書いたL-システインについての言及もありました。

「Lシステインを摂ると白髪になるという因果関係について証明された文献・論文は現時点ではありません。
医学的にはLシステインを摂ることが直ちに白髪に結びつくわけではない
「私のこれまでの研究から考えても、口から摂取した成分が髪に行きわたる割合と言うのはそれほど多くはないため、推奨されている摂取量程度ではそのような影響があるとは考えにくいです。」

このような発言が出ています。

参考)高橋栄里医師のオフィシャルブログ


あくまで現時点での医学的見解について書いてあるだけであり、今後副作用が発見されるという可能性はゼロではありません。

ただ、世の中のブログ等で白髪が増える等と断定的に書いている方は何の医学的根拠もなく書いていたということになってしまいます。

このようなデリケートな内容については、医療関係者の発言を確認した方がいいでしょう。

臨床結果のデータベースからL-システインを見てみる

医学的な臨床結果で副作用が出ているもおんがないかということで探してみたところ一般名L-システイン、総称名ハイチオールとして、L-システインの効能について書かれているデータベースがありました。

その副作用を見てみますと
「2122例中副作用が報告されたのは14例(0.66%)で、その主なものは悪心10件(0.47%)、下痢2件(0.09%)等であった。(承認時及び市販後)」
となっていました。

悪心(おしん)とは吐き気のことです。
高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意ということが記されています。

つまり、副作用完全ゼロというわけではなく、体調が悪い、生理機能が低下している人が飲めば1%以下の確率で体調悪化ということはあるものの、どこにも白髪が増えるというような話は存在しないことになります。

参考) KEGG データベース

美白サプリの副作用についての結論

ここまで調べた結果として、美白サプリを飲んで副作用で白髪が増えているというのは、なんとなくのイメージ、思い込みのイメージを超える事実としては見つからず、何も医学的根拠がないものだということがわかりました。

しかも万一何かが起こって白髪が増えたとしても、使用を止めれば元に戻るというもので、大きな心配をするようなものではないことが確認できています。

美白サプリの利用を考えているあなたは白髪については何も心配することはありません。

ぜひ、サプリを利用してきれいな肌を手に入れるよう試してみましょう。

人気の美白サプリ等

美白サプリといってもその種類はたくさんあります。
ここでは人気のある美白サプリについて紹介しておきたいと思います。

1.ロスミンローヤル

ロスミンローヤルは、美白になるだけではなく、小じわ、シミ、そばかすに効く効果が認められています。厳密にはサプリメントではなく、効果が認められている医薬品という位置づけになります。

特に小じわに効くと明確に謳っている有名なものとなると、ロスミンローヤルくらいなのかなと思います。

22種類の有効成分があり、9種類の生薬成分もあります。漢方系の成分ですね。
美白だけではなく、冷え性や血行不良、肌荒れへの対策もできるという効果もあり人気の製品となっています。

2.ホワイピュア

ホワイピュアも医薬品として、認可されている人気の美白サプリメントです。美白成分のL-システインの配合量については240mgということでロスミンローヤル以上(160mg)となっています。

小じわ効果はありませんが、しみ、そばかす、色素沈着というところへの効果としてはおすすめできる製品になります。

パッケージが新しくなり、瓶から袋タイプになり、持ち運びやすくなっています。

3.マスターホワイト

マスターホワイトはオールインワン美容サプリという位置づけの製品です。美白成分だけではなく、ブライトニング成分・美容成分・マルチビタミンの3つの視点で、肌を内側からキレイにしてくれます。

具体的な成分として、アスタキサンチンやヒアロコラーゲン、エラスチン、セラミド等もあり、アンチエイジング的な使い方も考えられます。

実年齢よりも若く見られるようになるために飲む美容サプリということで、他の2製品とは違いがあるサプリメントになります。

ここでは美白サプリとして3製品を紹介しました。これが全てというわけではありませんが、それぞれ特徴が異なるので是非チェックしていただければと思います。
美白サプリの副作用というのが一般的に問題がないということがわかっていただいたかと思います。後は実際に美白サプリを試してみて、変化を感じてみてください。