美白対策大全

シミそばかす対策に気をつけていることは紫外線を浴びないようにしてます。一年中日焼け止めを塗り、家の中にいても日焼け止めを塗るようにしています。真夏はSPF50PA++++の物を選んで塗りこんだり、シミ対策に期待できるハーレストリッチホワイトを使うようにしています。。肌が敏感で乾燥肌なのでノンアルコールの子供でも使用できる肌に優しい日焼け止めを使います。ドラッグストアで千円以内で購入できるプチプラの日焼け止めです。外出の時は目にも紫外線が入らなようにサングラスをかけ、髪には日焼け止めスプレーをかけて外出します。スキンケアで気をつけている事は、たっぷり肌に保湿をします。紫外線をうっかり浴びてしまったなという日は、セザンヌのトラネキサム酸入りのホワイトニングジェルをつけて寝ます。トラネキサム酸はメラニンの生成を抑えシミそばかすを防いでくれる効果があります。紫外線が強くなる夏は、なるべくトラネキサム酸入りのスキンケアを選ぶようにしています。忘れてはいけないのが、週に一度のパックです。紫外線を浴びたなと思うときは、ビタミンC誘導体配合のパックをつけて肌をクールダウンさせます。トラネキサム酸やビタミンC誘導体配合の他に、アルブチン配合のスキンケアも使います。ロート製薬の肌ラボから、トラネキサム酸入りの化粧水より少し安く売られているので、お財布に優しいです。化粧水も乳液もアルブチン入りのものを使います。真夏に使用したことがあるのですが、うっかり日焼けしてもそんなに肌は焼けなかったなと感じています。スキンケアの他にシミそばかす対策は中からのケアも意識しています。美白効果があるハトムギサプリメントを飲んだり、食べる日焼け止めと言われるトマトを沢山食べるようにしています。リコピンはメラニンを抑える効果あるので、トマトを食べるとシミそばかす対策に繋がります。朝からトマトジュースを飲んで、昼や夜はトマト入りの野菜を食べるように心がけています。シミそばかす対策だけではなく美白効果に繋がります。

シミそばかす大全

シミやそばかすのケアにつながるローヤルゼリー

ローヤルゼリーは女王蜂の食べ物として、驚異的な生命力と繁殖力を支えることから、「不老長寿の薬」「若返りの妙薬」として名高く、古くはアリストテレスも記しているほどです。

<栄養成分としての働き>

ローヤルゼリーにはおもな活性成分としてローヤルゼリー酸を中心に糖質、脂質、必須アミノ酸、を含むたんぱく質、ビタミンA、B、E、葉酸、パントテン酸などのビタミン類、そして、銅、リン、亜鉛、鉄、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルがバランスよく含まれています。これ以外にも「R物質」と呼ばれる、まだ解明されて未知の物質も含まれています。体に良い成分が沢山入っています。

「間脳に作用し、自律神経の老化を防止」

ローヤルゼリーにはアミノ酸の一種であるタウリンやアセチルコリン、ビタミンBなどの神経刺激伝達物質が含まれています。これらが自律神経の中枢である間脳に作用し、自律神経の老化を防ぐと言われます。これにより自律神経失調症や更年期障害に効果があります。栄養がたっぷりなので、健康的に活用していくことができます。

ローヤルゼリーはミネラルが豊富に含まれているので、ローヤルゼリーは体にとても良い健康食品です。

栄養素が豊富なローヤルゼリーを食べることで、健康な体を作ることができて元気な毎日を過ごすことができるようになります。

他にもローヤルゼリーは効果としまして「美肌効果があります」細胞の代謝を促す効果のあるアピシンと、若返りのホルモンといわれる、類パロチンによるところが大きいといえます。アピシンは、細胞の代謝促進の効果があり、さらには抗酸化作用によって細胞の酸化を防いでくれると言われています。また、パロチンは、25歳くらいまでは盛んに分泌されていますが、加齢によって減少してしまいます。ローヤルゼリーの類パロチンは、このヒトの体内にあったパロチンに代わって、細胞が生まれるのを促進する働きがあります。また、ローヤルゼリーには、ビタミンCの働きを援助するパントテン酸やビタミンB群が含まれていますし、ストレス解消に効果がある10-ハイドロキシデセン酸なども含まれています。これらの成分が美肌に良いです。