美肌菌を増やす方法!
お肌も菌活で善玉菌スキンケア!

くすみのない美しい肌には、美肌菌(表皮ブドウ球菌)が多いといいます。お肌も菌活で善玉菌を増やせば、ニキビなどの肌トラブルを減らして、美肌を目指すことができます。美肌菌を増やす方法と、減らさないテクニックをまとめました。

美肌菌とは?

私たちの肌には皮膚常在菌という、多種多様な細菌が棲んでいます。

皮膚常在菌の中でも表皮ブドウ球菌のように、肌の調子を整えてくれる善玉菌がいます。

表皮ブドウ球菌のような善玉菌を、美肌菌と呼んでいます。

くすみのない美しい肌には、美肌菌が多いといいます。



また皮膚常在菌の中には、黄色ブドウ球菌やアクネ菌のような、肌トラブルぼ原因になる悪玉菌もいます。

黄色ブドウ球菌は肌に炎症を起こしたり、アクネ菌はニキビの原因になります。

肌トラブルを減らすには、悪玉菌を減らすことが大事です。

美肌菌が増えるとどうなるの?

美肌菌の効果は、主に次の2つです。

・肌を保湿する成分を分泌する。
・悪玉菌の増殖を防ぐ



①肌を保湿する成分を分泌する。

美肌菌は肌から分泌される皮脂を分解して、脂肪酸やグリセリンという保湿成分を作ります。

グリセリンは化粧品や保湿剤などにも、使われている成分です。

しかし肌の表面からグリセリンを塗っても、肌の表面しか保湿できません。

美肌菌は角質細胞の間などにいるので、角質層の中から保湿できるという違いがあります。



保湿は、スキンケアの基本と言われています。

保湿により肌のバリア機能が強化されたり、肌のターンオーバーが正常化していきます。

しっかり保湿することにより、くすみのない美肌が目指せます。




②悪玉菌の増殖を防ぐ

美肌菌の作り出す脂肪酸やグリセリンは、肌を弱酸性に保つ効果があります。

健康な人の肌は、pH5.5前後の弱酸性になっています。


肌が弱酸性になっていると、肌のバリア機能が強化され、病原菌が侵入しにくくなります。

また肌が弱酸性に保たれると、悪玉菌である黄色ブドウ球菌やアクネ菌の、増殖を防ぐことができます。



黄色ブドウ球菌は、肌がアルカリ性に傾いたときに増殖して、炎症などを起こします。

ニキビの原因になるアクネ菌も、増え過ぎなければ和見菌として、うるおいベールをつくる働きをします。

つまり肌を弱酸性に保つことで、肌トラブルを防いで、潤いのある美肌を目指せるのです。

美肌菌を増やす方法とは?

美肌菌を増やす方法は、普段のスキンケアに美肌菌配合の化粧品を加えることです。

美肌菌入のコスメも増えましたが、最近新発売され話題のアピナチューレWリッチローションを紹介します。
アピナチューレWリッチローションは美肌菌が配合されているのが、一番の特徴と言えます。

しかし美肌菌以外の様々な美肌へのこだわりが、人気のヒミツかもしれません。



アピナチューレWリッチローションには、ビフィズス菌培養溶解質と酵母エキス
配合されています。

ビフィズス菌は、腸内菌を増やすことでも有名です。

ビフィズス菌培養溶解質と酵母エキスは、高い保湿力による整肌作用があり、肌トラブルを起こしにくくします。



そして、高い保湿力と抗菌力のあるマヌカハニーも、配合しています。

マヌカハニーはハチミツの中でも、特に栄養価の高い希少種です。

美肌菌を増やすには、肌の保湿も重要です。

肌が乾燥していると、悪玉菌のほうが増えやすく、美肌菌は減ってしまいます。

美肌菌を減らさないための生活習慣!

せっかく美肌菌を増やしても、普段の生活習慣で美肌菌を減らしては、意味がありません。

美肌菌を減らさないための、生活習慣をレクチャーします。


①洗顔のし過ぎに注意!

洗顔をし過ぎると、美肌菌は減ってしまいます。

美肌菌は角質細胞の間にいるので、ゴシゴシ擦って角質を落としてしまうと、美肌菌も一緒になくなってしまいます。

そもそも肌を擦ること自体が、肌にとってはマイナスです。

洗顔は刺激の少ない洗顔料で、よく泡立ててから、泡のクッションで汚れを落としてください。

また洗顔やお風呂では、熱いお湯は避けてください。

熱いお湯は角質をふやけさせて、剥がれやすくします。

お風呂も長風呂はやめて、ぬるま湯で15分程度を目安にしてください。



②アルコール入りのコスメは使わない。

アルコールには殺菌作用があり、美肌菌を死滅させます。

またアルコールは、肌を乾燥させやすくするので、美肌菌が減りやすくなります。

アルコールの濃度によっては、あまり気にしなくてもいいようですが、コスメなど顔につけるものは、なるべくアルコールフリーのものを選びましょう。

またアルコール入の除菌ウェットティッシュなどで、顔を拭くのもやめましょう。



③メイクは美肌菌を減らす

美肌菌を増やすためなら、なるべくメイクはしないほうがいいです。

しかし毎日すっぴんで、出かけるわけにはいかないでしょうから、一日の終りにはきちんとメイクオフしてください。

メイク残りは雑菌が増える原因になり、美肌菌を減らしてしまいます。

メイクをしたまま寝てしまうなどは、絶対にダメです。

ただしメイクを落とすのに、肌をゴシゴシ擦ってはダメです。

肌に優しいクレンジングやメイク落としシートを使って、肌に負担を与えないようにしましょう。



④しっかり睡眠を取る

美肌菌は夜寝ている間に、育んでいきます。

寝る前にきちんとスキンケアしたら、後はぐっすり眠ってください。

人間は寝ている間に、汗や皮脂を分泌します。

この汗や皮脂が、美肌菌のエサになります。

また夜ぐっすり眠ることで、肌のターンオーバーも正常化していきます。

美肌のためには、」しっかり睡眠を取ることが大事です。



⑤顔にはなるべく触らない

手には知らないうちに、様々な細菌が付着していしまいます。

手で顔に触ることで、雑菌が顔に付いてしまうと、美肌菌を減らす原因になります。

また顔を擦ったり引っ掻いたりしても、角質を傷つけて美肌菌を減らします。

メイクやスキンケアなどするときは、手洗いをした清潔な手で触れるようにしてください。