美肌美人に
なるための秘訣!

美人は見た目だけではない

綺麗にな恋愛したいしモテたいし…何なら結婚もしたいっ!
やっぱり綺麗な女性はモテるはず!
しかし、美人は見た目だけではなく、内面から溢れるオーラであったり、雰囲気、表情、香り、考え方や心構えも大きく関係します。美に対する意識を変えるだけでも、女性はガラリと変わります。

まずは日常生活で意識すべき10の方法を教えます。

肌荒れの原因とすこやか肌をキープする方法ってあるの?

①肌荒れを引き起こす原因とは

季節の変わり目に伴う乾燥や、体調がよくない時、心身ともに疲れている時などに現れる肌荒れ。カサつきやゴワつき、粉ふき、ニキビ、赤み、ヒリつきやかゆみなど、その症状はさまざまですが、原因もさまざまです。

【原因①】 紫外線

紫外線は日焼けやシミの原因になるだけではなく、肌にダメージを与えてバリア機能を低下させてしまいます。紫外線が降り注がない日はないため、季節を問わず日焼け止めを塗りましょう。

また紫外線にはUV-A とUV-Bがありますが「生活紫外線」とも呼ばれるUV-Aは、窓ガラスを透過するため、室内や車の中でも油断は禁物ですよ。「レジャー紫外線」とも呼ばれるUV-Bは、肌に急激に作用して赤みや炎症、乾燥の原因になります。

【原因②】 乾燥

冬の外気やエアコンによる湿度の低下などによって、角層の水分や皮脂の量が減少。うるおいバランスを保てず乾燥を招きます。

【原因③】 バリア機能の低下

私たちの体を覆っている皮ふには、ちりやほこりなどの異物の侵入を防いだり、肌内部の水分蒸散を防いだりする役割があります。

このバリアの役割を担っているのが、皮膚のいちばん外側にある「角層(角質層)」です。すこやかな角層は、天然保湿因子(NMF)が角層細胞の水分をキープ。角層細胞の間は「細胞間脂質」で満たされ、ぴったりと隙間のない構造をつくっています。さらに角層の表面を、皮脂と汗からできた「皮脂膜」が保護。これらの条件がそろうことで、バリア機能が働きます。

ところが、バリア機能がなんらかの原因で低下すると、外部刺激が浸入しやすい状態に。肌の水分量も減少し、肌荒れが起きやすくなります。

また最近では、マスク着用による肌荒れに悩む人が続出。マスク着脱による温度や湿度の変化などが影響しバリア機能が低下することで、肌荒れが起こりやすくなっています。

【原因④】 間違ったスキンケア

汚れをしっかり落とそうと、肌をゴシゴシこするように洗っていませんか? 肌を清潔にすることは大切ですが、強く摩擦するとバリア機能が低下する原因に。時間をかけすぎたり、必要以上に何度も洗顔したりするのは避けましょう。

また「化粧水や乳液をしっかり浸透させたい」と、化粧水をつける時に強くパッティングしたり、乳液をすりこんだりすると、刺激を与えてしまいかえって肌に負担がかかってしまいます。不要な刺激を与えないように注意してくださいね。

【原因⑤】 生活習慣の乱れ

生活習慣が不規則で睡眠不足になると、血流が低下。また偏食や無理なダイエットなどで栄養不足になると、すこやかな角層細胞が育ちにくくなり、バリア機能の低下につながります。

【原因⑥】 内臓の不調

身体の不調は、肌の不調としても現れがち。例えば、腸内環境の悪化は便秘につながります。便秘になると、排泄されない老廃物が発酵して有害物質が発生します。この有害物質がにきびや吹き出物、シミの原因に...。また、有害物質は新陳代謝を低下させ、血液循環の不調を引き起こします。結果的に、肌荒れを起こしたり、ツヤやハリ不足になってしまうことも。

【原因⑦】 生理周期による皮脂分泌の増加

女性の場合、排卵後から月経前までは黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンが分泌されます。その影響で皮脂の分泌が活発になり、毛穴が詰まってニキビや吹き出物ができやすくなったり、肌荒れしやすくなったりします。

【原因⑧】 活性酸素の影響

紫外線や大気汚染、精神的なストレスなどを受けると、肌の内部では活性酸素が発生しやすくなります。活性酸素は本来、私たちの体を守る働きを担うもの。ただし、増えすぎると肌細胞が酸化を引き起こし、肌荒れが起こりやすくなってしまいます。

②肌荒れを治す方法はあるの?

では、起きてしまった肌荒れを治す方法はあるのでしょうか。スキンケアは薬ではないので肌荒れを改善することはできないですが、毎日のスキンケアですこやかな肌をキープして肌荒れが起きないようにサポートすることはできます。

肌荒れしがちな人に特に大切にしてほしいポイントは、「うるおいバリア機能を整える」ことです。ここからは、正しいスキンケア方法とうるおいバリア機能を整えてくれるアイテム、さらに肌荒れをしてしまった時の場合に備えて、すこやかな肌を取り戻すための生活習慣についてもご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

肌荒れさせないためのスキンケアのポイント

【ポイント①】 クレンジング・洗顔の見直しを

毎日のクレンジング・洗顔で大切なのは、汚れをきちんと落としつつ、うるおいを残すことです。そのためにも、適正な使用量をきちんと守り、肌に余計な刺激が加わらないよう気をつけて行いましょう。肌への刺激は乾燥の引き金にもなるため、やさしくていねいに! を心がけてくださいね。

■肌荒れさせないためのクレンジング方法
メイクをした日は、「クレンジング料」でその日の汚れをその日に落とすことが大切です。クレンジングの使用量が少ないと肌への摩擦が大きくなるため要注意!

適量を顔にのばし、指先でらせんを描くようにメイクとなじませてからすばやく洗い流しましょう。指先には力を入れず、あくまでも軽いタッチをキープ。ついゴシゴシこすり洗いしてしまいそうなアイメイクや口紅などのポイントメイクは、専用のリムーバーであらかじめ落としておくのがおすすめです。

健康的な美肌の作り方!

どんな肌を目指したらいい?美肌とは明るく健康な肌のこと!

美肌を目指すとひとくちに言っても、実際に美しい肌とは、いったいどのような要素を備えている肌のことなのでしょうか。美容業界でよく使われる美肌の条件に、「うなはだけつ」があります。「う=うるおい、な=滑らかさ、は=はり、だ=弾力、け=血色、つ=艶」というように、この6つのコンディションが整っている肌が美肌と呼ばれる肌です。

透き通るような美肌であるためには、第一にうるおいが重要です。これは肌表面の角層のコンディションがよく、角層に十分なうるおいがキープされている状態です。さらに、美肌はみずみずしくつややかで、その表面に触れてみると柔らかくて滑らか、吸いつくような感触があります。つまりは表皮の状態がよいということです。そのためには代謝がスムーズで、肌が生まれ変わるリズムが整っていなければなりません。

また、ハリや弾力があって、血行もよく健康的です。ハリや弾力が感じられる肌は真皮のコンディションがよく、コラーゲンなどで満たされています。血行がいいということは、血液の流れが良好という状態です。血液循環がいいと、肌を健康に保つための栄養や酸素を十分に届けることができます。そして、肌の内部で生まれた老廃物も、血液の流れに乗せて持ち去ってくれるのです。明るく透明感のある美肌というのは、このようにいくつかの条件を兼ね備えている必要があるわけです。

毎日の習慣が肌状態をわける!美肌の作り方

ローマは一日にして成らずという有名なことわざがあるように、美肌への路も残念ながら一朝一夕というわけにはいきません。しかし、毎日の努力と習慣が積み重なることで、肌のコンディションにも変化があらわれてくるものです。透明感のある美しい肌を手に入れるためにできることを、ポイントを押さえながら紹介していきます。

作り方1.しっかりと睡眠を取って成長ホルモンの分泌を促す

美しい肌作りに欠かせないのは良質な睡眠です。皮膚の細胞分裂は眠っている間におこなわれ、再生されているからです。自分では十分な睡眠を取っているつもりでも、実は足りていないこともあります。
理想的な睡眠時間は7時間といわれているので、それ未満の時間しか眠っていない人は、知らず知らずのうちに少しずつ、睡眠不足におちいってしまっています。忙しい毎日を送っていると、理想の睡眠時間を確保するのが難しいケースも少なくありません。

しかし、そこは透明感のある美しい肌のためです。
ライフスタイルの見直しを図り、毎日7時間の睡眠時間を確保できるように努力しましょう。

睡眠が美肌にとって重要なのは、なにも時間だけではありません。睡眠と関係の深い二つのホルモンが、美しい肌作りのカギをにぎっているのです。

そのうちの一つは成長ホルモンです。成長ホルモンは体の成長に必要なホルモンですが、細胞の修復やタンパク質の合成にもかかわっています。
成長ホルモンには新陳代謝をうながす働きもあり、ひいては皮膚細胞の分裂や再生も活発にしてくれているのです。この成長ホルモンが大量に分泌されるタイミングは、寝入ってから最初にやってくる深い睡眠の間なのです。
睡眠中に分泌するもう片方のホルモンはメラトニンといいます。メラトニンは脳から全身に分泌され、副交感神経を優位にさせます。すると、リラックスモードに入るので、もともと眠りをうながしてくれるホルモンとして知られていました。

それに加えてメラトニンには、活性酸素を無害化する働きがあることもわかったのです。強い抗酸化力を発揮するメラトニンは、アンチエイジングホルモンとしての作用も期待できます。
メラトニンがたくさん分泌されるのは、日が落ちてあたりが暗くなってきてからです。そして、午前2時くらいにピークを迎えます。また、メラトニンは成長ホルモンの分泌も活発にすることがわかっています。ですから、成長ホルモンとメラトニンの恩恵を十分に受けるためには、寝入りの1.5~3時間と午前2時が重なり合うようにすればいいということになりますよね。つまり、午前0時~3時くらいが肌にとってのゴールデンタイムなので、せめてその時間帯はベッドに入っているように心がけましょう。

作り方2.肌の大敵である紫外線を防ぐためにUVケアをする

紫外線は、浴びすぎると肌にダメージを与えてしまいます。ですから、適切なUVケアは美肌作りには欠かすことのできない重要なお手入れです。紫外線を浴びると体の中には活性酸素が増えて日焼けを起こします。そしてコラーゲンを壊してしまうような分解酵素も発生します。コラーゲンは肌にハリや弾力を与える大切な肌の構成組織です。肌のコラーゲンが壊れてしまったら、大変ですよね。また、紫外線を浴びて日焼けした肌はダメージを修復しようとするので、ターンオーバーが早くなる傾向があります。ターンオーバーが乱れると、角層のコンディションも悪くなります。すると、うるおいがキープできなくなってしまい、肌の乾燥を起こします。
さまざまな肌トラブルを引き起こす紫外線から肌を守るために、日焼け止めはマストアイテムです。毎日日焼け止めをていねいに塗ることを習慣化し、こまめに塗り直すことも忘れないようにしましょう。ただ、たしかに日焼け止めにはUVケア効果はあるのですが、しっかり塗ったからといって、それだけで安心してはいけません。日焼け止めを塗るだけでは、パーフェクトなUVケアをしたことにはならないのです。気温が高かったり、スポーツをしたりして汗をかくと、日焼け止めの効果が薄れてしまうことがあります。すると、肌は少なからず紫外線の影響を受けることになります。さらに、日焼け止めのアイテムを毎日塗り続けること自体が肌に刺激を与え、ダメージにつながることもあります。
日焼け止めを塗ったら、夜はメイクをしていなくてもクレンジングや洗顔料で洗いましょう。そして肌のうるおいを失わないように、しっかりと保湿をしましょう。

作り方3.十分に保湿をして肌のキメを整える

美肌を作るためには、保湿が非常に大切です。日本人の肌の角質は比較的、白人より薄いと言われます。角層が薄いと水分が逃げやすくなるので、保湿ケアには化粧水を取り入れて水分を与えてあげましょう。水分は、角層のコンディションをキープするためにも必要です。肌が十分な水分を吸収するとキメが整ってふっくらと柔らかくなり、透明感のアップも期待できます。さらに、スキンケアに化粧水を使うと、そのあとにつける美容液や乳液が肌に浸透しやすくなります。
化粧水をはじめとするスキンケ用品は、むらなくすみずみまでつけて、ていねいに押し込んであげることが大切です。たっぷりとつけているつもりでも無造作におこなっていると、細かな部分にはついていないこともありえます。化粧水をつけるときには強い力でパッティングしたりせず、やさしくいたわるようにしながらつけましょう。手に取ってつけることも、コットンを使ってつけることも可能です。手でつけるときには、何度か繰り返して重ねづけすると効果的です。化粧水でおこなうローションパックを、定期的に取り入れてみるのもいいですね。

作り方4.野菜や果物から美肌によい栄養素を摂取する

肌にうるおい補給をおこなうためには、外からのケアはもちろん大切です。しかし、体の中からのケアも忘れてはいけません。体が脱水症状におちいると、体内に流れている血液の量も減ってしまいます。すると、肌まで酸素や栄養分を運んでいる血液も少なくなるので肌荒れを引き起こし、肌の乾燥につながってしまうのです。そのため、透明感のある美しい肌の作り方には、口からの水分補給も重要な項目の一つなのです。たとえば、野菜や果物には多くの水分が含まれています。熱を加えなければ水分の含有量も減らないので、水分補給のためには野菜や果物をバランスよくそのまま食べるのがおすすめです。
野菜や果物を食べると、カリウムもたくさん摂取できます。カリウムには体から余分な塩分や水分を排出させる働きがあるので、むくみを防ぐ効果も合わせて期待できます。特に、季節の旬の野菜や果物を積極的に取り入れましょう。旬の食べ物には、体がその季節に必要としている栄養素が含まれているからです。肌のためには、ビタミン類やミネラルのほかに、たんぱく質も不可欠です。この3種類の栄養素は、体の機能を整えるためには特に重要なので、毎日しっかり摂りたいものです。バランスよく日々の食事で摂取できるように気をつけましょう。

これは避けよう!美肌のためにしないこと

しないこと1.無理な毛穴ケアをすると汚れが目立ちやすくなる

陶器のように白く滑らかな肌を手に入れたいのに、毛穴の汚れが目立ってしまうこともあります。毛穴にたまった汚れが気になりだすと、どうしても過剰な毛穴ケアに走りたくなる衝動に駆られる人もいるでしょう。自己流で毛穴の中に詰まった角栓を押し出すと、皮膚を傷つけてしまったり、毛穴が開いてしまったりする可能性もあります。どうしても毛穴が気になる際は、エステの毛穴ケアを受けるなど、プロにお任せしましょう。
自宅での毛穴のケアでは、汚れを無理に押し出したりせず、自然に浮き出てきたものだけを洗うだけでいいです。洗顔の際もゴシゴシこするのは禁物で、肌に刺激を与え過ぎないように注意します。泡立てネットなどを活用して洗顔フォームをよく泡立て、たっぷりもちもちの泡で肌を包み込んで洗うだけで十分です。ふわふわの泡が毛穴の汚れをやさしく吸着してくれるので、毛穴の広がりを心配することなく、肌を清潔に洗い上げることができます。

しないこと2.過剰なクレンジングは乾燥の原因となる

クレンジングは大切なスキンケアです。しかし、肌の汚れを落としたい一心で、クレンジングを念入りにしすぎてしまうことが、肌にダメージを引き起こす恐れがあります。クレンジング料はもともと洗浄力が強いので、そこに輪をかけて過剰なクレンジングをおこなうのは、美肌のためには避けたほうがいい行為なのです。クレンジングの方法を間違えると、肌を乾燥させてしまう原因になってしまうのです。
クレンジング料をつけてゴシゴシこすってしまうと、摩擦が肌の角層を傷つけます。また、強い洗浄力をもつクレンジング料が長い時間肌についたままだあと、角層から脂質が失われて、肌の中から保湿成分のセラミドも出ていってしまいます。乾燥の原因は、美肌にとって欠かすことのできないセラミドが失われるだけではありません。摩擦とクレンジング料の刺激で角層がダメージを受けると、ターンオーバーが乱れます。そのことも肌の乾燥に結びついてしまいます。クレンジングの目的は汚れを浮かせることなので長時間肌にのせたままにはせず、30秒ほどを目安にして、洗い流すことを心がけましょう。

毎日ヨガをやることの10のメリット

1. 柔軟性や筋肉の強度、姿勢を向上させる

毎日ヨガをやると、ストレッチに役立ち、体の筋肉を引き締める。プランクなど一般的なポーズは、腕や脚、肩、腹部を同時に強化。ヨガをやるのに体が特別柔軟である必要はなく、ヨガのいいところは、どんなレベルの能力の人でもできることなのだ。

1日に数分間、英雄のポーズ(ウォリアー)や下向きの犬のポーズなどを実践すると、よく曲げやすいところもそうでないところも、すぐに柔軟性に違いが実感できるようになる。
 

2. 全体的なフィットネスが向上Getty Images

フィットネスを向上させたい時、ほとんどの人はジムでハーハー息を切らすことを考える。が、ウエイトだけがワークアウトではない。ジムができることはヨガにもできる。しかも、穏やかで安全で、よりホリスティック(総合的)なやり方で。有酸素運動と機能的運動、筋力強化トレーニングの要素をひとつにまとめたのがヨガだ。それ以上、何が必要? ベストなのは、自宅で、自分のペースでできるということだ。

 
3. 体重減

痩せるために、ホットヨガをやったりヨガのポーズで2倍曲げたりする必要はない。日々の穏やかなヨガが代謝機能を刺激し、脂肪燃焼を助け、健康的に体重を落とすよう持って行ってくれる。
ストレスや低血糖値に対する反応として放出されるホルモンのコルチゾル値が低下し、あまり過食しなくなる。また、毎日ヨガをやると心と体の総合的なつながりが強化され、不快な感情を抑えるために食べ物に手を伸ばすのではなく、不安な感情により効果的に対処できるようになる。

4. エネルギー上昇

毎日数分間ヨガをやるだけで、多忙な生活に必要なエネルギーがアップして、新鮮な気分を長続きさせてくれる。体と呼吸に独特の相乗効果があるヨガは、エネルギーの蓄えが少なくなって来た時にパーフェクトだ。

毎日ヨガをやると、体のエネルギーの中枢(チャクラ)を覚醒させる。木のポーズなど背骨を伸ばすポーズは余分にエネルギーを取り込むのに優れていて、エネルギーを体全体に循環させ、コブラのポーズなど胸部を開くポーズによって、より呼吸しやすくなる。

5. ストレス低減

ヨガがストレス解消法として優れていることがわかり、ランチタイムにヨガセッションを提供している会社は多い。たとえ短時間でも、毎日のヨガには、ポーズ、呼吸、瞑想の3要素が不可欠。この3要素をすべて日常的にやっている人は、心拍変動(HRV)をうまく調節できる。つまり、一般的にそういう人たちは心拍数が低く、ストレスに体がより柔軟に対応できる能力があると言えるのだ。

激しいストレスと闘って、夜、眠れない? 研究から、毎日ヨガをやると、不眠症を緩和したり、完全に防いだりできることができることがわかっている。不眠症になったら、リラックスするアサナ(座法)か、ウッタナーサナ(立位前屈)や仰向けに横になって脚を上げて壁につける姿勢などを試してみよう。


6.呼吸の改善

深く穏やかに呼吸することは、毎日のヨガに不可欠。ヨガの呼吸テクニック(プラナマヤ)は、ゆっくりと、お腹から肺のてっぺんまで全体的に呼吸することにフォーカスしている。

この方法によってよりリラックスしてバランスがとれ、自信を持って穏やかに1日に立ち向かえるようになる。肺活量や、1回ごとの呼吸量(肺が1度にホールドしておける空気の量)を増やすという副次的なメリットもある。このテクニックは、日常生活で必要な時にいつでも応用できる。緊急事態でも落ち着きを保ったり、ストレスフルな状況下でもクリアに物事を考えたり、痛みを和らげたりするのに役立つ。

7. ハッピーになる

日々のルーティーンにいくつかヨガのポーズを加えると、より強い気持ちを持った、よりハッピーな人になれる。最近の研究で、日常的にヨガや瞑想をやると、セロトニン(幸福ホルモン)の値が高くなることがわかっている。

同じ研究からは、長い間ヨガをやっている人は充足感に関わる脳のエリアが広いいこともわかっている。また、別の研究では、ヨガをやった後は脳のガンマアミノ酪酸(GABA)の値が高くなることがわかっている。


8. よりマインドフルになる

ヨガとマインドフルネスは密接に関連している。ヨガをやると、各ポーズに付随する感覚や思考、感情に対する気づき(意識・アウェアネス)がシフトする。気づきによって心を今という瞬間に戻し(それがマインドフルネスの主要目的)、意識がハッピーになり集中する。

マインドフルネスを実践すると、身体的心理的に長く残るメリットがあり、それはヨガから受けるメリットと一致している。より穏やかでリラックスし、ストレスや不安が少なくなる。エネルギー値や熱意が高まり、自分に対する自信や自分を受け入れる気持ちをもっと持てるようになるのだ。

9. 集中力が向上し、思考がクリアになる

ヨガのポーズや瞑想をやるには、呼吸に集中する必要がある。この呼吸を意識するプロセスが心を落ち着かせ、メンタルをよりリラックスさせる。メンタルが安定した結果、より冷静になって、より多くの情報を得ることができるようになる。朝、数分間瞑想するだけで、一日中より良い集中力が保てるようになるのだ。
心をクリアでフレッシュにできると、認知機能は向上する。平和で穏やかな環境から、メンタル機能をより効果的に使うことができる。全体的に見て、毎日ヨガをやって精神的ストレスや身体的緊張を緩和すると、よりシャープで、まとまった思考ができるようになる。

 

10. 長生きできる

毎日のヨガがフィットネスのレベルを高め、心拍数を安定させ、ストレスレベルを低減し、よりハッピーな人になれることがわかった。こうした要素すべてが、人生に貴重な年月をさらにプラスしてくれるかもしれない。

ヨガが心臓病のリスクを減らし、呼吸のペースを落とすことがわかってるが、それは長寿と直接リンクしている。最近の研究で、ヨガの瞑想の要素が、染色体の末端にあるテロメアを守ることでエイジングのプロセスを遅らせる役に立つかもしれないことがわかっている。



誰も教えなかった美人になる方法

  • 1.スキンケア
  • 2.代謝を上げる
  • 3.朝食をしっかり摂る
  • 4.コーヒーをハーブティーに変える
  • 5.女性ホルモンを増やす
  • 3.朝食をしっかり摂る
  • 4.コーヒーをハーブティーに変える

1.スキンケア

年齢を重ねるほど、女性の見た目は顔立ちよりお肌の状態でかなり決まります。普段何気なく見ているお肌は、人の印象を左右する要素があるのです。お肌が荒れていたり乾燥していたりすると、見た目の不健康さもさることながら、普段の生活もボロボロなのでは?という印象を与えます。
スキンケアは思っている以上にシンプルです。バランスの良い食事をとり、しっかり睡眠をとり、自分の肌質に合った化粧品で肌を整えることです。

  • メリット:難しいことは無いので、基本的な生活の見直しが充分なスキンケアになる。
  • デメリット:毎日の忙しい中で睡眠を確保し、バランスの良い食事を作るのは意外と面倒。

2.代謝を上げる

普段の生活に少しだけ運動を取り入れるだけで身体の代謝が上がります。代謝が上がると、血行が促進されるので肌の新陳代謝も活発になり、メラニンの排泄が促され、シミを防いでニキビも抑えてくれます。脂肪も燃焼しやすくなるので、自然なダイエット効果も期待できます!

  • メリット:運動を取り入れるだけなので比較的トライしやすく難しくない。
  • デメリット:毎日続けることで初めて意味があるので、飽き性の人には辛い。

3.朝食をしっかり摂る

現代人は夜型人間が増えており、朝はギリギリまで寝て朝食は摂らないという話をよく耳にしますが、綺麗をつくるには栄養バランスのとれた朝食は必須です。タンパク質が不足していると顔はむくみやすくなりますし、栄養が偏ると冷え性を招いたり、便秘になったりと綺麗からどんどん遠ざかってしまいます。朝食からしっかりとバランスの良い食事をとりましょう。
  • メリット:バランスの良い食事は綺麗な身体をつくり、体調も安定する。
  • デメリット:朝は余裕を持って起きる必要があるので夜型生活を変える必要あり。

4.コーヒーをハーブティーに変える

あ〜疲れた!とブレイクタイムやランチの時にコーヒーを飲む方が多いと思いますが、綺麗になりたいなら断然ハーブティーです。ハーブティーには、むくみを取ったり、肌を整えたり、お通じを整えたり、免疫力を高めたりと綺麗をサポートする成分がたっぷり含まれています。美味しく飲んで綺麗になれるので無理せず綺麗になれますよ。
  • メリット:種類も豊富で楽しみながら綺麗になれる。
  • デメリット:コーヒー好きには正直なところ辛い。

5.女性ホルモンを増やす

女性の体調や状態は、女性ホルモンの働きにより大きく左右されます。女性ホルモンであるエストロゲンは、25歳をピークにどんどん減っていきます。
エストロゲンが減ると、身体のコラーゲンが減ってしまい身体全体が老けてしまいます。
アンチエイジングとして、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンなどを摂ったり、ザクロや山芋を摂り入れたり、アロマで嗅覚を刺激したりして意識的に女性ホルモンを増やしましょう。
  • メリット:女性ホルモンが安定すると、潤いのある女性らしい身体つきになる。
  • デメリット:アレルギーには注意。また、摂り過ぎると発ガンのリスクを高める可能性がある。

まとめ

美人になる方法は沢山あります。大金を払ってエステに行くだけが美人への道ではありません。
日常生活を気をつけたり、意識して外見を磨いたりすることも大切ですし、内面である心を豊かに充実させることも美人になる為には必要です。
美人は何か一つすれば美人がつくられるのではなく、見た目や中身、考え方が伴って初めて美人になるのです。美人になる方法一つ一つは難しくありませんから、少しずつ無理のない範囲で挑戦していくことが大切なのです。