BIGVAN X

BIGVAN Xとは、正体不明のバスのような雑誌。一年で四回発行の季刊誌(2020年9月 創刊予定)

無料で読める文芸誌

原稿を出すメリット

権利の心配なし
小誌には著作権など一切の権利は帰属せず要求しません。
将来売れっ子作家になった後も、自由に新刊を出せます。
プロへの道
作品及び作者について、大手出版業界への売り込みをします。希望があれば結果や感想について報告します。
安い!
同人誌ではないので、会費を支払う必要はありません。
作家さんが出したい時だけ、1枠8ページで6000円、とてもお値打ちです。
美しい
A5サイズ・無線綴じ・オフセット印刷。 
有料文芸誌を上回る素晴らしい品質です。
安い!
同人誌ではないので、会費を支払う必要はありません。
作家さんが出したい時だけ、1枠8ページで6000円、とてもお値打ちです。

原稿募集

  • 小説・ライトノベル・シナリオ・まんが・詩などの文芸作品。論文はNG。
  • 写真やイラストなども上記、文芸を添えていればOK。
  • 写真やイラストなども上記、文芸を添えていればOK。

本文サンプル その1(おまかせ)

A5サイズ・無線綴じ・オフセット印刷で作られます。1枠8ページで6000円になります。

 word[.doc .docx]もしくはテキストで入稿される方は、横17文字縦27文字の2段組み、MS明朝になります。ひと枠につき400字詰め原稿用紙16枚ほどの長さになります。複数枠購入いただいてもかまいません。

 デザインの細かい変更リクエストにはお答えしたいですが、もっとぐっと自由にやりたい方はPDFで入稿してください。

本文サンプル その2(自由)

 PDFで入稿することもできます。同じく白黒で8ページ6000円で、変わりありません。

 サンプルは写真・イラストなどを文芸の形にしたもの、word2010で作成しました。画像を入れるつもりがなくとも、自分で自由にデザインされたい方にお勧めです。

 素材の権利に関してはクリアしておいてください。

文学の復興のための新しい試み、新しい才能にふさわしい新しいチャンス

 大手文芸誌の売れ行きはあまりよくありません。文芸誌の中には雑誌の販売数よりも、新人賞の応募数が上回るものがあります。世の中には読みたいより書きたいの気持ちが、より多くを占めてきているのは事実。この「自分で作りたい時代」だからこそ、既存のものさしでは測れない圧倒的個性の出現がありそうです。
 私は文芸誌離れは起こっているが活字離れなんてものはないと考えています。ただ出版社と読者にズレ、世間と文学にズレがあるかもしれません。まだ陽の当たっていない、現代を象徴する作家さんや作品が世の中には存在しているように思います。できれば素晴らしい才能を世に送り出すきっかけになれたらと考えています。このような場からの雑草魂が、読者の心を巧みに揺さぶるのではないでしょうか。
 ネットにはたくさんの文芸があふれていますが、その多さと手軽さゆえに、読んでもらっている実感が薄く、そのサイト利用者のみの同人空間のようにもなりがちです。私はあえて紙の雑誌として印刷し、大手文芸誌に負けないクオリティーの体裁を作り上げ、それを無料配布することで、誰にでも読んでもらえるきっかけを作ります。今の世の中に求められる本当の才能は、文芸の世界のフィルターを通さず、ダイレクトに読者に届けられるべきなのかもしれません。新しいチャンスが新しいムーブメント起こすと信じて、創刊するに至りました。
 春日ひろし

配布協力してくださる方募集

お店などで本の配布場所を設けていただませんか。

▼▼原稿応募・広告希望・営業・本の入手方法・取材依頼・配布協力についてなど、わからないこと、お気軽にご質問ください。▼▼