【徹底比較】CBDオイルおすすめ人気ランキング6選 | 迷ったらこれ!【2021年最新版】

近年急激にCBDオイルの人気が高まっているのには理由があります。CBD オイルを長期間服用すると、ストレスや不安、不眠などの症状が改善するからです 。現在、CBDオイルはエリクシノールやネイチャーカン、CBDfx、Healthy Tokyoなどさまざまなブランドによって販売されています。商品数が多いので、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

日本におけるベストなCBDブランド

日本でCBDの人気が高まるにつれ、CBDブランドの数も増えています。数多いブランドの中からあなたがより良い選択ができるよう、日本におけるベストなCBDオイルブランド(2021年)を紹介します!

1. Naturecan (ネイチャーカン)

おすすめはズバリNaturecan (ネイチャーカン)です。ネイチャーカンのCBDオイルは第三者機関によるラボテストで証明された品質、優れた有効性そして透明性を兼ね揃えている上、全ての製品のTHCがゼロであるということも保証されています。彼らの取り扱っているブロードスペクトラムCBDオイルは、「アントラージュ効果」を生み出し、CBDの恩恵を最大限に引き出してくれるタイプです。また、ネイチャーカンの提供するCBDオイルはヤマト運輸によって翌日発送されるので、高品質なCBDオイルをスピーディーにゲットすることも可能です。他にもCBDバームやCBDクッキー、CBDブラウニー、CBDリキッド、CBDクリームなど世界的にも有数の品揃えを提供していますが、これらの商品は現時点ではイギリスからの国際発送によって届けられているようです。しかし幸いなことに、最近ネイチャーカンから「今年の夏までにこれら全ての商品を日本国内の倉庫からの発送にシフトする」との発表がありました!

一方で品質についてはどうでしょうか?ネイチャーカンは、独自の7ポイントテストプロセスを採用しており、高品質な成分の純度を保証しています。つまり、全ての製品において認証済みの安全性と品質を提供しているということです。その証拠として、日本で入手可能なCBDオイルのうち最高強度の40%CBDオイルが最高の効果と純度をもたらしてくれることが挙げられます。また ネイチャーカンは品質保証だけでなく、素晴らしいコストパフォーマンスも提供してくれます。例えば、彼らが提供する20%CBDオイルの15,800円という価格は、日本の他のブランドが提供する価格の約半分の値段です。以上が、Naturecanが日本における最高のCBDブランドとしてお勧めできる理由です!

2. Grön (グロン)

CBDオイルがブロードスペクトラムということは、すなわちその商品は高品質であることを示唆します。Naturecanと同じく、Grönの取り扱うCBDは高品質かつ高スペックなヘンプ農場で有名なオレゴンに由来します。商品のラベルに対するGrönのミニマリストなアプローチは気品を感じさせ、まさに2021年にチェックすべきブランドの一つと言えるでしょう。彼らのCBDオイルを試してみたところ、オイル自体は土のような独特な後味がすることもなく非常にスムーズに摂取することができました。GrönはCBDオイルの摂取というプロセスをよりシンプルなものにし、CBDオイルが容易にあなたの日々のルーティーンになることができるよう設計しています。

Grönの唯一の欠点を挙げるとすれば、商品が届くまでの時間でしょう。他のブランドが1-2日での配達を行っている中でGrönの場合配達に7日を要すので、商品が届くまで長い時間待つ必要があります。

3. Cannapresso (カンナプレッソ)

米国ブランドであるCannapressoは製品の一つ一つにラボレポートと成分証明書を提供しており、顧客へ十分な安心を提供しています。また、Cannapressoはマンゴー、ストロベリー、そしてノーフレーバーという3種のCBDのフレーバーを提供しており、フレーバーCBDを試してみたいという方には嬉しい品揃えです。

欠点を挙げるとすると、Cannapressoは豊富な品揃えを提供する一方で、商品価格が他の競合他社と比較してかなり高いという点です。ですから、利用可能なオファーがある場合に試してみるのがお勧めです!

4. AZTEC CBD 

AZTEC CBDが提供するCBDオイルは高品質ですが、同時に最も高額なブランドの一つでもあります。Naturecanが4000mg(40%)のCBDオイルを同価格で販売しているにもかかわらず、AZTEC CBDの1500mg(15%)CBDオイルに19,800円支払うのに価値があるかは疑問が残ります。しかしながら、AZTEC CBDはビジネスの面において非常に成功していると言えます。AZTEC CBDは2016年からヘンプ商品を生産しているヨーロッパのブランドであり、ヨーロッパに独自の認可済みのCBDオイル生産施設を保有しています。彼らのオイルを試してみたところ、オイルによる直接の身体的影響は感じませんでしたが、よりハッピーでポジティブな気分になれるなど精神面において素晴らしい効果を感じることができました。

5. Elixinol 

2016年の3月より日本で高品質なCBDを販売しているグローバルブランドであるElixinolのメインフォーカスは、良心的な価格で信頼できるCBDを提供することです。日本の消費者の多様なニーズに応えるため、Elixinolは5%、15%、そして30%のCBD オイルを日本で生産しています。彼らのCBDオイルを試してみましたが、残念ながら味は素晴らしいとはいえませんでした。正直なところ、今回試してみたCBDオイルの中で最もマリファナに近い風味を感じました。もちろんこれには「プラシーボ効果」のように、薬のような味がすることによって効果がより感じられるというプラスの側面もありますが、摂取後はお口直しに何かを飲んだり食べたりして苦味を消した方がいいでしょう。CBDオイルの効果としては、睡眠の質の向上を実感できただけでなく、素早く落ち着きを感じることができました。

6. CBDfx

カラフルなウェブサイトが特徴のCBDfxは、グミやオイル、ベイプキット、そしてバスボムなどの多様な種類の商品を展開しています。残念ながら今回、在庫切れによりCBDfxのオイルを試すことはできませんでした。2014年頃からCBDを提供しているこのグローバルなブランドは、厳格に試験が施されている米国の有機栽培の産業用ヘンプを使用したCBDを提供しており、高品質を保証しています。しかしながら、CBDオイルを探しているという方はCBDfxではなく他のブランドから購入されることをお勧めします。というのもCBDfxはかなりの高価格の500mgチンキ剤しか取り扱っていないからです。しかしながら、バスボブやグミなど多様な方法でCBDを取り入れたい!という方には打って付けのブランドと言えるでしょう!

CBDとは?

カンナビジオールの略であるCBDは、カンナビス植物内に見られる100以上の自然に発生する化合物のうちの一つです。THC(テトラヒドロカンナビノール)とは異なりCBDは完全に非精神活性であり、私たちの体内のエンドカンナビノイドシステムと相互的に作用してくれます。すなわち、CBDは私たちをいわゆる「ハイ」の状態にすることなく、カンナビス植物の利点を最大限にもたらしてくれるのです。

エンドカンナビノイドシステムは気分や食欲、睡眠、そして痛みなどさまざまな認知的及び生理的プロセスの調節を行なっています。これが、CBDの継続的な使用があなたの人生の在り方を変え得る理由の一つでもあります。しかしそれは、あなたが最良のCBDオイルを選ぶ場合に限ります。

CBDは現在ウェルネスにおけるバズワードとなっています。CBDが配合されたクッキーやバーム、チョコ、そしてオイルなどがネット上で手軽に手に入る今、世界中の人々がそれらの恩恵を受けています。

CBDは合法?

「CBD製品に興味はあるけど、果たして合法なのか不安...」という方も多いのではないでしょうか?そんな方のために、安全でベストなブランドを選ぶ基準をお教えします。

結論から言って、市場に出回っている大部分のCBD製品はTHCをほとんど含有していないので心配する必要はありません。THCレベルが検出不能である限り、そのCBD製品は完全に合法です。これは、独立した機関による試験の実施を保証しているブランドからCBDを購入するべき理由でもあります。そうすることによって、安心してCBDの恩恵を享受することができるからです。

さあ始めてみよう

一番のおすすめブランドはネイチャーカンです。世界トップレベルの品揃えとユニークな7ポイントテストプロセスを導入し、非常に優れた品質のCBDを使用しているからです。全ての人のニーズに対応した幅広い商品を提供するNaturecanの商品から、CBDライフをスタートしてみませんか?

ネイチャーカンのウェブサイトはこちら