なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

CONCEPT

オンラインではなく、直接会って届けたい歌。
音の振動、響きあう空気、人間本来の生の声。
重要文化財「明日館」の歴史の面影にこだまする音楽。
リアルでなくては感じられない「風」になぞらえて、
「音の風」として皆様にお届けしたいと思います。
2020年11月21日(土)14:00開演(13:30開場)
重要文化財 自由学園明日館講堂
(池袋駅メトロポリタン口より徒歩8分)
全席自由 チケット/3000円

重要文化財 自由学園 明日館

自由学園明日館は、1921年(大正10)、自由学園の校舎として アメリカの巨匠 フランク・ロイド・ライトの設計により建設されました。敷地の南側に建つ講堂は遠藤新の設計で、昭和2年(1927)に完成。体育館や礼拝堂の役割を果たしてきました。平成元年(1989)9月より外庇や玄関、水切、建具の補修工事など、大規模な改修工事が行われたのち、平成9年(1997)5月に重要文化財に指定されました。

ACCESS

重要文化財 自由学園 明日館

東京都豊島区西池袋2-31-3
自由学園 明日館:03-3971-7535
池袋駅メトロポリタン口より徒歩8分。
他の出口からだと大回りになりますのでご注意ください。
【新型コロナウイルス感染予防対策について】

MAX280名収容可能な講堂(467㎡)に、100名程度の客席レイアウトで開催し、休憩時間は換気を徹底します。入室時の検温・手指消毒、マスクの着用、参加者名簿の作成にご協力をお願いします。出演者へのプレゼント・差し入れ等はお控えくださいますよう、お願いいたします。

PROGRAM

グノー「アヴェ・マリア」、「オンブラマイフ」
オペラ「仮面舞踏会/死にましょう、でもその前に」
オペラ「エルナー二/エルナー二よ、一緒に逃げて」
「クヌルプ」「光りて」ほか

※曲目は当日一部変更になる可能性があります

Angiu PROFILE

Angiu(アンジュ)芦沢安寿

ソプラノ歌手。石川県金沢市出身。東京学芸大学D類音楽声楽科卒業後、リクルートに就職。歌手になる夢を諦めきれず、37歳の時に声楽の道を再開。その後、東京国際声楽コンクール愛好者A部門准本選1位、本選全国2位。グランプリ部門入賞。日本クラシック音楽コンクール上位受賞。「素直で豊かな声」と評価され、オーケストラとの共演の他、各種コンサートに出演。独自企画「Bel Cantante!(ベル・カンタンテ!)」コンサート主催。ふじみ野音楽家協会会員

Special Guest

Christopher So Gibson, cello
クリストファー・聡・ギブソン
(チェロ)

アメリカ・ミシガン州生まれ。4才よりチェロを始める。横浜インターナショナルスクール卒業後、2005年に米イェール大学に進学、哲学・政治学を二重専攻。在学中、Janos Starker氏の助手も長年勤めたイェール音楽院のOle Akahoshi氏にチェロを師事する。2012年冬、国際演奏家協会新人オーディションにてバッハ無伴奏バイオリンパルティータ第2番の演奏で入賞。2017年にはNPO法人Emotion in Motion主催のもと、”BACH Solo” 無伴奏チェロリサイタルシリーズをサントリーホール「ブルーローズ」などで開催。チェリストとして東京、鎌倉、長野などを中心に活躍中。

Christopher So Gibson ホームページ

Pianist

原田 緑(ピアノ)

岐阜県出身。愛知県立芸術大学ピアノ専攻卒業。愛知県春日井市音楽コンクール一般の部第2位。名古屋演奏家育成塾コンサートに於いて、特別聴衆賞及び名古屋市長賞受賞など。
ピアノ教師。ピアノをもっと身近に感じて頂き、共に豊かな時間を過ごしたいと、様々な形態の音楽会を企画参加。ソロコンサートなども開催する他、作曲や様々な音楽家との共演、福祉施設などでの演奏、音楽療法NPO法人音楽スタッフなどの活動も行う。2014年には画家渡邊智美氏の作品集とのコラボCDを作成

AND MORE

Blog

曲紹介や、それにまつわるアンジュの想いをブログに綴っています。

ブログをみる

Facebook

過去のコンサート記録はFacebookページをご覧ください。

Facebookをみる

LINE

応援メッセージやご感想はこちらから。チケット予約も承ります。

LINEをひらく