子育てセミナー
ママの笑顔で子どもは育つ
アドラーいいとこ取りでHappy子育て
〜べきべきの呪いからの解放〜

「子どものために笑顔を心がけるべき」ではなく
「自然と笑顔が増える!」そんな子育てにしませんか?


「べきべきの呪い」から解放しませんか?
○ママはいつも笑顔でいるべき!!
○良いママでいるべき!!
○ちゃんとするべき!!

この○○○べき!! が当たり前なんて誰が決めたのでしょう?

このべきべきの呪いから解放されて
「子どものために笑顔を心がけるべき」ではなく
「自然と笑顔が増える!」そんな子育てにしませんか??
子どもの困った言動、自分の怒りやイライラ、
その両方の「意味」を知ることで、気持ちがぐっと楽になり、
毎日、心穏やかに、子どもと接することができます。

すべてのママに、幸福感いっぱいの
子育てをしてほしい・・・

アドラー心理学を用い、感情や言動の意味を解説。
子どもの困った言動、自分の怒りやイライラ、その両方の「意味」を知ることで、気持ちがぐっと楽になり毎日、心穏やかに、子どもと接することができます。
さらに、具体的な「声掛け」のポイントをわかりやすく説明。
~すべてのママに、幸福感いっぱいの子育てをして欲しい~
それがこのセミナーの目的です。
アドラー心理学は「実践の心理学」です。
昨日まで「やめなさい!」と言っていた場面で「〇〇してくれると嬉しいな」と一度でも伝えることができればそれは、実践の第一歩。
「やめなさい!」と言ってしまったとしても、あの時「○○してくれると嬉しいな」と言えばよかったな。。と思えれば
それも、昨日とは違う大きな第一歩です。
ダメな母親なんていない。 
「ダメ」と感じているのは自分です。
まずは、自分の「ダメ」「できていない」を手放し、
自分を認めることから始めましょう。
アドラー心理学とは
アルフレッド・アドラー(1870~1937)は
オーストリア出身の精神科医で心理学者です。
「心理学」と聞くと、「相手の言動を操作する」「相手の心を読む」
というイメージが有るかもしれませんがアドラー心理学は
「自分の心に働きかける」ものです。
「他者は変えられない、変えられるのは自分だけ」とアドラーは
言っています。
ただ、自分がかわると周りの反応も変わってきます。
子ども、特に乳幼児期は母親の影響を多大に受けて育ちます。
アドラー心理学は「実践の心理学」とも言われています。
まずはやってみて、自分の心の変化を感じてください。子どもとの、かかわり方が変わると、どんどん子どもの反応が変わることを実感できるでしょう。
セミナー内容

セミナーでは

下記の10項目、ペアワークなどを組み合わせ
ゆったりと楽しく進めていきます。
1, 子どもに幸せになってほしい  
 すべては自己肯定感から。
・好奇心、探究心が伸びる
・やる気、集中力、独創性、学習能力アップ
・心が安定

2, 自己肯定感を高めるポイント
・条件付きではなく、そのままの自分を受け入れられている安心感
・できた!の積み重ねによる自信 
・人の役に立つことができた経験

3, 心は言葉でできている
・自己肯定感を高める魔法の言葉
「ありがとう」「助かる」「嬉しい」・・
積極的、肯定的な声がけで
相手も、そしてママ自身も自己肯定感が高まります。

4,「子どものため」は「自分のため」
子どものために・・と自分が思っていること、
本当に子どものためですか?
良い母親と思われたい、ちゃんとした子育てをしたい。。
実は自分のため。「いい子」とは「都合のいい子」なのです。
まずは、自分のエゴに気づきましょう。

5, イライラは上下関係からやってくる
イライラ、怒りは、上下関係をたやすくアピールする手段
ということを知りましょう。
「人間はすべて対等」(アドラーの言葉)
信頼関係は、対等な関係からしか生まれません。
「ママの言う通りにすればいいの!」(操作)
「〜しなさい!」(命令)
「そんなんだったら○○しないよ」
「そんな○○くん(ちゃん)いやだな」(脅迫)
「そんなことしたらダメ!」(否定)
「えらいね〜」(評価)
これらの声掛けは、上下関係をアピールし信頼関係を打ち砕きます。

 6, 共感と「愛メッセージ」
子どもの気持ちに寄り添い共感の言葉かけ。
そして「ママ〜」から始まる「愛( I ) メッセージ」
・どうして「あなた」ってそうなの!
・「あなた」は散らかしてばっかり!
→「YOU メッセージ」では愛が伝わりません。

・「ママ、片付けてくれると嬉しいな〜」
・「そこのお皿、下げてきてくれるとママ助かる!」
→愛メッセージ

7,「課題の分離」それって誰の課題?
それって誰の課題?
子どもの課題、自分の課題、共同の課題。
課題を分けることで
感情的にならず
お互いに納得して取り組める
子どもの課題を、自分の課題と受け止めがち。
干渉、指示、イライラにつながり
信頼関係を築く障害に。


8, こんな時・・・・・
・店で「○○買って〜!」と泣く、わめく、床に転がる。
[対応] 家を出る前に「お約束」する。
「今日はおやつを買う日じゃないから絶対買わないよ」と
静かに話す。
店で泣いても、絶対買わない。←ママがまず約束を守る
「そっか、これが欲しいんだね。でも今日は買わないお約束だと」
と静かに話す。→交感神経と副交感神経の関係

[子どもの言動の意味]
泣いたりわめいたりして、要求する。
もしかしたら愛情をもっと感じたいのかも・・
「泣くとかまってもらえるから」
その「もの」自体が目的ではないことも・
過去に、泣いてわめいて要求が通った経験があると
その傾向は顕著に。「学習による強化」

9, 自己肯定感を高める時間
遊びでスキンシップ・・くすぐりあいっこ、いもむしごろごろ、
おなかでブッブーハグ・・大好き!ぎゅ〜!と声かけ
布団の中で絵本読み聞かせ・・・安心感、愛されている実感。

10,「いいね!」日記
今日、「いいね」だったことを書いておこう。
ママの「いいね!」子どもの「いいね!」夫の「いいね!」
同僚の「いいね!」バスの運転手さんの「いいね!」
→ 他者を肯定的にみることも、自分の肯定感を高める手助けに。


セミナーご依頼の流れ

1) ご相談・ご依頼

メールにてお気軽にお問合せください。事前にセミナーの詳細
(開催予定日・場所・予算等)が決まっているとスムーズです。

2)内容の確認とスケジュール調整
お問合せ内容の確認後、講師のスケジュール調整を行います。

3)スケジュール決定
講師のスケジュール調整が完了した時点から、正式に契約スタートと
なります。

4)内容等のご相談
テーマやタイトル、演出方法、会場までの移動方法など、実施内容についてお打ち合わせさせていただきます。

5)セミナー開催
講師の送迎や準備するものなど、事前にご確認をお願いいたします。

6)お支払い
請求書を発行いたしますので、セミナー当日より7営業日以内にご入金下さい。

セミナー申込はこちらから

セミナーのご要望・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
講師紹介

花園 ゆき

フリーアナウンサー
話し方セミナー講師
子育てセミナー講師
札幌観光大使、札幌シティガイド
SSI認定 唎酒師(北海道2位)


大学入学と同時に、地元札幌でフリーアナウンサーとしてデビュー。
卒業後、本格的に活動開始。式典やイベント、トークショーの司会、ラジオパーソナリティー、
テレビのリポーター、CMナレーター、講師など幅広く活動。

2009年、結婚を機に、拠点を関東に移し活動中。
6年間のラジオパーソナリティー、計5年のケーブルテレビニュースキャスターの経験から、
取材力、構成力、生放送での対応力が強み。

また、長男妊娠をきっかけに、「子育て」について学び始める。
コーチングやアサーションなど様々なアプローチののち、アドラー心理学にたどり着く。

家族、友人、仕事など、すべての対人関係に作用するアドラー心理学で、
人生がよりよく豊かになることを広めたいと、カフェ相談、講演活動をスタート。

フリーアナウンサーとして培ってきた伝える力と、聴く力で、
悩めるママの心を、日々解放中。
趣味は手相観。


セミナーのご要望、ご相談はお気軽にお問い合わせください。
マネジメント 株式会社トップモア