水虫の原因菌である白癬菌を知る

水虫を治していくためにはまずは水虫ってどんな病気なのか?を知る事が大切です。

相手をまずは知る、っていう事ですね。

水虫の正体は一言で言ってしまえば、白癬菌と呼ばれるカビの一種です。

この白癬菌が足の皮膚や爪い住み着くと水虫としての症状がでてくるんですね。

この白癬菌にはいろんな種類があります。

中でも足の水虫から見つかる菌は限られていて、そのほとんどがトリコフィン・ルブルム(紅色菌)とトリコフィン・メンタグロフィテクス趾間菌の2種類で、99%以上を占めています。

白癬菌は人の皮膚や爪・毛に入りコンで寄生し、頭部白癬、体部白癬、股部白癬、手白癬、足白癬、などの病名が付けられています。

私たちが、一般的に「水虫:と呼んでいるのは、足に生じる白癬、つまり足白癬のことなんですね。

因みに、頭部白癬は「しらくも」、体部白癬は「たむし」、股部白癬は「いんきんたむし」、手白癬は「手の水虫」、爪白癬は「爪の水虫」と呼ばれています。


さて、水虫の原因となる菌である白癬菌は皮膚のどこに棲みつくのでしょうか?実は白癬菌は普通の時は人間に病気を引き起こす細菌やウィルスなどと違って、生きている細胞の中へは侵入しないんですよ。

死んだ細胞の中でのみ活動ができるのが白癬菌の特徴です。

私たちは生きている人間の皮膚に死んだ細胞などあるのか?と思うかも知れないですが、あるんですね。

それは皮膚の1番表面にある表皮と言われるところの角質層という部分にいます。それと爪や毛も死んだ細胞です。


この角質層では、ケラチンという硬いたんぱく質の詰まった角質細胞、これは核のない死んだ細胞ですが、この細胞がびっしり層状に重なりあって、外からいろいろなものが皮膚の中に入り込んでこないような構造になっています。細菌などの普通の微生物はこの角質層には、傷がない限り皮膚に入り込んでくる事はありません。


ただし、白癬菌はケラチンを分解するケラチナーゼという特殊な酵素を持っているので、この酵素を分泌してケラチンを栄養源にしながら角質層に棲みつく事ができるんですね。


白癬菌恐るべしです。

この角質層の厚さは体の美によって様々で、最も分厚いのが足の裏です。


爪や毛もこの角質層が分化したもので、やはりケラチンが主成分になっています。

ですので、白癬菌にとってはこのケラチンがたくさんある角質層は爪や毛というのは、「絶好の棲み家」と言えるんです。