激安プランで浴室リフォームしたけど大満足

旅行や引っ越しに関する料金比較サイトって、よく見かけますよね。

それなら、浴室リフォームの比較サイトもあるのではないかと検索したところ、タウンライフリフォームというサイトを見つけることができました。

依頼フォームに必要事項を入力して、間取り図や浴室の画像を添付するだけで、リフォーム業者に自宅まで来てもらわなくても見積書の作成が叶うのです。

複数のプランを提示してもらいましたが、私はその中から激安のプランを選択しました。

激安といっても事前に浴室リフォームについてのアドバイスをもらい、プランニングが十分にできていたので不安はありませんでした。

デザインがおしゃれなのはもちろんですが、梅雨の時期でもカビが生えにくくなり、掃除の手間が大幅に省けたので大満足です。

お風呂を格安でリフォームする方法

従来のバスルームからシステムバスルームへのリフォームの場合、コスト構造はおおよそ以下のようになります。

浴室のリフォームにかかる費用は、主に製品の購入費と必要な解体・組立作業費で構成されています。解体・組立などの必要な作業の費用は、業者や家の状態によって異なりますが、目安としては製品の購入費用のみです。

費用構成を見てもわかるように、バスルームのリフォームで一番お金がかかるのは、製品の購入費です。そのため、必ず複数の会社から見積もりを取り、工事費用を比較することをお勧めします。

すでに複数の会社から見積もりを取ることをお勧めしていますが、ここでは具体的に検討すべき項目をご紹介します。

製品購入費ユニットバスやシステムバスの製品やオプションの購入費などです。大工工事費電気、配水、配管工事の費用が含まれます。コンクリート床の設置浴室の床レベルに合わせたコンクリート床の設置費用が含まれます。

工事を行う前に、業者が住居を訪問し、レイアウト、配管、周辺環境、既存のユニットバスの状態などを確認し、修理や工事が必要かどうかを判断することが重要です。

工事費込みの激安水回りリフォーム

戸建ての場合は125万円です。また、既存の浴室にユニットバスがある場合は、低価格でのご提供も可能です。

フラット用のバスルーム製品を、工事費込みで989,000円という驚きの低価格でご提供します。売れ筋商品を4点セットにして、激安価格でご提供します。

一戸建て用の4点セットは、いつも暖かい「ほっカラリ床」がおすすめのTOTOの一戸建て用ユニットバス「サザナHS」シリーズ、お手入れが簡単で収納にも便利なリクシルの壁掛け式洗面ボウル「ピアラ」、オネストラインの大人気システムキッチン「ラクエラ」(クリナップ製)の4点セットです。をご用意しております。オネストラインで一番人気のシステムキッチン「ラクエラ」(クリナップ社)や、様々なクリーン機能を搭載したお手入れ簡単なシステムトイレ「GG-800」(TOTO社)が、一戸建て向けに激安価格で登場しました。

清掃性と機能性に優れたTOTOのユニットバス「マンションリモデルWGシリーズ」、お手入れが簡単で収納にも便利なリクシルの壁掛け洗面台「PIARA」、圧倒的な人気を誇るオネストラインのシステムキッチン「ラクエラ」、TOTOのシステム トイレ「GG-800」が一戸建て向けに激安価格で登場しました。TOTOのシステムトイレ「GG-800」がフラッツで激安価格で登場しました。

ノーリツは給湯器のトップメーカーですが、昔から水回りの商品を開発してきた老舗メーカーでもあります

ノーリツの一戸建て用4点パックは、大人気の浴槽洗浄機能付き一戸建て用ユニットバス「ユパティオ」、スクエアなデザインで使いやすい洗面台「キューボ」、人工大理石の天板が特徴のシステムキッチン「レシピア」、TOTOのシステムトイレ「ピュアレストQR+S1」がセットになっています。ピュアレストQR+S1」などをセットにして、大変お得にご提供いたします。

ノーリツの水まわり商品が、工事費込みで142万円と激安で提供されています。

安い費用でユニットバスの交換工事をする

ユニットバスリフォームの最安値を検討する際には、見積書に含まれている工事内容の費用が安く見積もられている場合には、その内容を確認することが大切です。

既存のお風呂の交換・解体費用の最安値をリフォーム会社に直接問い合わせる。まず注目したいのは、システムバスの交換費用です。

交換費用は会社ごとに異なるので、複数の会社から見積もりを取って比較することが大切です。

ちなみに、ホームプロの以下のサイトを参考にすると、ユニットバスの交換費用の相場は「20万円~80万円」程度となっています。

リーズナブルな価格でユニットバスの交換を請け負ってくれるリフォーム会社はたくさんありますが、表示されている価格には工事費が含まれている点に注意が必要です。

浴室の交換をどの会社に依頼するか検討する際には、工事費用だけにこだわらず、リフォーム会社の質もチェックしてみましょう。

また、バスルームのリフォーム費用を抑えるには、あなたに代わって作業をしてくれる職人を探し、日当を支払うという方法もあります。

フラットのバスルームリフォームでは、在来工法のバスルームのように高額な撤去費用がかかることはほとんどありません。

在来工法のバスルームからの変更には、壁を作ったり、床下を補強したりといった大工仕事が必要になることが多いのです。