堺シュライクス(つくろう堺市民球団) 応援プロジェクトページ

堺シュライクス(つくろう堺市民球団)
より、新しいサポーター制度のご案内

2018年7月、株式会社つくろう堺市民球団を設立いたしました。

つくろう堺市民球団は、関西のプロ野球独立リーグ・ベースボールファーストリーグ(以下BFL)に2019年シーズンからリーグ参入します。

BFLは現在、大阪府東大阪市、兵庫県三田市、和歌山県田辺市を拠点に、3球団でリーグ運営、【野球で生きていく】という覚悟や強い志を持つ人、トップリーグを目指す人たちの挑戦の場。

日本プロ野球(NPB)と比べて認知度は低いものの、高みを目指して本気で野球と向き合っています。

 

運営会社だけで形づくる球団ではなく、地元の野球少年、野球好きな人、頑張っている人を応援したい人など、いろんな人を巻き込んで、みんなの球団をつくりたい!!

そんな想いを込めて、会社名を「つくろう堺市民球団」と名付けました。

最新の試合結果はこちらからご確認ください。
堺シュライクスのメンバー紹介

DL学園のユニフォーム着用による
堺シュライクスのホームゲーム開催

このプロジェクトが実現することで、『バトルスタディーズ』のファンはもちろん、高校野球ファンの方々に少しでも喜んでもらえたらなと願っています。

堺シュライクスの選手が、PL学園がモデルとなったDL学園のユニフォームを着て試合をする。
高校野球の歴史を鮮やかに彩ったあのユニフォームがスタジアムで躍動する。
その光景をPL学園と堺シュライクスの地元関西で、もう一度見てみたいのです。

8月9日(金)、堺シュライクスのホームゲームでの一日限定企画です。
折しも令和初の夏の甲子園開幕直後。

PL学園の勇姿を彷彿とさせるDL学園のユニフォームがスタジアムに躍る。
野球を愛するすべての人々にとって、熱い感動の一日になることでしょう。

堺シュライクス新コーチ発表

大阪府堺市を活動拠点としたプロ野球独立リーグ、堺シュライクス(株式会社つくろう堺市民球団:大阪府堺市、代表取締役:夏凪 一仁、以下 つくろう堺市民球団) は、2018年9月16日、新コーチに藤江均氏の就任を決定したことを報告いたします。

藤江均氏は、大阪府堺市出身。上宮太子高等学校卒業後、NOMOベースボールクラブ入部。その後東邦ガスに移籍。2008年ドラフト2位、横浜ベイスターズに指名され入団。

横浜ベイスターズ、横浜DeNAベイスターズ、東北楽天ゴールデンイーグルスなどで活躍。

2016年にはアメリカの独立リーグ、ランカスター・バーンストーマーズでもプレーしている。

つくろう堺市民球団、球団名決定『堺シュライクス』に!

大阪府堺市を活動拠点としたプロ野球独立リーグの球団を運営する、株式会社つくろう堺市民球団(本社:大阪府堺市、代表取締役:夏凪 一仁、以下 つくろう堺市民球団) は、2018年9月11日、球団名が「堺シュライクス」に決定したことを報告いたします。

2018年7月3日の記者会見

(手前から球団代表の夏凪一仁、監督の大西宏明、(株)NOMAL代表の松本祥太郎)

みんなでつくる球団という想いはこれから実現していきますが、当然球団を運営するには、大きな運営資金が必要になってきます。

ご支援いただける企業スポンサー様も獲得していますが、他にも球団運営資金の一部を獲得することができないかと考えていたところ、「天然水ウォーターサーバー」を活用した新しいスポンサー制度を導入させていただくことに致しました。(ファミリーウォーター様とのコラボレーション)

昨今、健康かつ便利なツールとして企業やお店でよく使われ、家庭にも普及し始めている天然水のウォーターサーバーは、自動宅配の定期購入という「便利で簡単な仕組み」であることから、永くご愛用される方が多く、ますますユーザーが増えていく見込みです。

その他の堺シュライクス情報

天然水の定期ご購入代金のうち10%が「つくろう堺市民球団(堺シュライクス)」の活動資金に充当され、チームの強化に役立てられる、基金のような応援プロジェクトです。ご利用中はご支援が継続される仕組みのため、チームとしては安定かつ継続的に予算化でき、備品購入や優秀な人材の確保、年間活動計画をより積極的に立てやすくなります。

 

ぜひ、一人でも多くのご親族や友人知人にご紹介いただいたり、よく行かれるお店などにパンフレットを置いてもらったり、普段使われているLINE、facebook、インスタグラムなどのSNSでご紹介いただいたり、といった、ごくごく簡単な方法でご協力いただけると助かります。

どうか何卒温かいご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

選べる天然水

選べるサーバー

監督:大西宏明について

堺出身の元プロ野球選手。

「庭代台ビクトリー」、ボーイズリーグ「堺ビッグボーイズ」から「PL学園」へ進んだ、「松坂世代」の一人。

伝説となった夏の甲子園準々決勝、「PL学園vs横浜」延長17回の死闘では、5番バッターとして同点タイムリーを含む3本のヒットを松坂投手から放ち脚光を浴びる。

「近畿大学」を経て、ドラフト7位で「大阪近鉄バファローズ」へ入団。

2年目から頭角を現して主に1番バッターとして起用され、プロ初本塁打を初回先頭打者本塁打で飾ったり、サヨナラ打を放つなど、記憶に残る活躍でファンを沸かせた。

近鉄球団の消滅に伴う選手分配ドラフトにより「オリックス・バファローズ」へ移籍した後、「横浜ベイスターズ」、「福岡ソフトバンクホークス」を経て2011年にユニホームを脱ぐ。

引退後は東心斎橋に焼肉店「笑ぎゅう」をオープンし、繁盛店のオーナーとして多忙な日々を送っている。

2018年6月、同級生で堺ビッグボーイズのチームメイトでもあった夏凪一仁からの要請を快諾し、初代監督に就任。

球団について

株式会社つくろう堺市民球団
球団名:堺シュライクス
代表取締役 夏凪一仁(なつなぎかずひと)
堺出身。大西宏明監督とは中学時代の同級生で、ボーイズリーグ「堺ビッグボーイズ」のチームメイトでした。

〒590-0952 大阪府堺市堺区市之町東3−1−10 OSセンタービル6F

MAIL : info@basaball-sakai.jp

公式サイト:https://baseball-sakai.jp/
(球団設立の経緯を詳しくご紹介しております)

球団事務所の地図

サポーター制度のお問い合わせ先

ファミリーウォーター
カスタマーセンター
フリーダイヤル:0120-927-907
(月-金8:00〜17:00 祝日、年末年始、GW、夏期休日を除く)