日本バリアフリー達人協会

日本バリアフリー達人協会は、快適な老後を実現させるため
「バリアフリー達人」を排出する事を目的としています。

日本バリアフリー達人協会は、高齢者の「快適な老後」を実現させるため、
「バリアフリー達人」を日本中に生み出すことを目的に設立されました。

バリアフリービジネス

 2024年には高齢者の割合は30%突破が予測されています。昨年の結果を見ても、高齢者が人口の約26%を占め、
 歴史上初の超高齢社会となっています。

 高齢になるとともに様々な病気や障害が発生し、昔ながらの住環境では危険が多く 、生活に支障が出ています。
 少子高齢化が進み、年金制度も危ぶまれ、老後に大きな不安を抱えている人も少なくありません。

 そんな状態を打破したい!と、日本バリアフリー達人協会は設立されました。

バリ達!とは

「バリ達!」=「バリアフリー達人」
「バリ達!」は、バリアフリー改修工事を行うための知識や補助金制度の内容を熟知し、快適な生活空間を提供するとともに、金銭面の不安や、老人の抱える諸問題を解消し、「快適な老後を実現させる達人」のことです。

バリ達!検定試験に合格していくと、バリアフリー改修工事のいろいろな補助金制度について学べます。それを活用すれば、資金が無くても独立開業が可能になり、会社に依存して生きていく必要がなくなります!

快適な老後を過ごすために必要な最低限必要なお金は4000万円といわれています。市場ではほとんど知られていない恐るべき資金の増やし方を学べます。