馬肉自然づくりの評価と評判は?安全性と成分もチェック!

熊本産の新鮮な馬肉を元に開発されたドッグフード「馬肉自然づくり」!最近、愛犬のごはんの食いつきが悪かったり、健康状態が心配な飼い主さんは馬肉自然づくりをお試しする価値があると思いますよ。当サイトでは馬肉自然づくりの評価や評判、安全性、成分などを詳しくご紹介しています。

馬肉自然づくりの安全性と成分をご紹介!

馬肉自然づくりの成分ですが、主な主成分はカナダで生まれた馬に日本の飼料を与えて、熊本で育て上げた馬を馬肉とした馬肉が主になります。その馬肉にプラスとして鶏肉、小麦などのほか小松菜などの食物繊維を混ぜ合わせて作られています。馬肉については、高たんぱくであるのにもかかわらず、低カロリーであり、かつ豊富な鉄分を含んでいますのでダイエット目的としても使えるのが利点です。鶏肉につきましてはビタミンを多く含みますので病気の予防効果が期待されます。すべての食材において日本国内で生産された食材を使用しており、季節によって使用される食材が変わりますが、厳選された物のみを使用して馬肉自然づくりは作られています。使用されている食材の安全性については、保存料や、食品添加物を使用せず生産されていますので安全性は高いです。まず、使用されている馬肉は人が食べる際に使用する鮮度のものを加工してドックフードに加工しています。そのため、劣化している食品を加工し、ドックフードとして動物に与えるということはしていません。しかも、馬肉を解体する工場に至っては衛生面が特に高い日本の工場内で解体された馬肉をドックフードとして使用しています。ですので、動物用であるからと言って手を抜いているわけではなく厳正な審査の元商品を送り出していると言う訳です。これは馬肉を加工する工場だけではなく、加工した馬肉をドックフードに加工する工場においても厳正な衛生管理が敷かれているもとでドックフードを生産しているという意味です。安全面については、衛生管理及びドックフードの大きさなどの他、水分量が適切であるかなども管理していますので、高い品質を維持して生産及び、出荷をしています。そのため、工場の稼働率はあえて70パーセントと低く設定し、品質を管理することに重点を置いていますので高い品質のドックフードを提供することに重点を置いたのが馬肉自然づくりになります。

馬肉自然づくりの給餌量はどれくらい?

馬肉自然づくりの給餌量ですが、体重により与えるえさの量を調整します。体重1キロの場合役日当たりの与えるえさの量は24グラムとなり、1.5キロで35グラムが適正な量とされています。ですが、飼っている犬種や犬種の運動量にもより与えるべきえさの量は変化しますので、運動量が多い犬種の場合、与えるべき適正量を上げても餌のエネルギー量が足りない場合があります。これは、この馬肉自然づくりが高たんぱくであるがカロリーを抑えている商品のため、大型の堅守などでは栄養が足りない場合があるということです。小型の犬の場合、公式サイトから良くある質問に給餌量表という項目がありますので、そちらを確認することで与えるべきえさの量がわかるようになっています。なおシニア犬も同様にえさの量を調整してあげる必要があり、それらの調整法については、残念ながら公式サイトには調整法が記載されていませんので自分でえさの量を調整してあげる必要があります。あくまでこの、馬肉自然づくりは小型の犬向けエサでえさの粒も小さいので、大型の犬の場合、与えるべきえさの量を調整してあげる必要があります。

馬肉自然づくりの評価&評判が気になる!