いま人気のおすすめ竹塩ランキングBEST5

海と竹の豊かなミネラルを含み、その強力な還元力(抗酸化作用)で食用としてはもちろん、スキンケアなど外用としても重宝され、利用者も多い「竹塩」。
その竹塩を人気ランキングでまとめてみました。

第1位 超還元弥盛塩(ちょうかんげんいやしろそると)

80g 3,600円(税抜)
20g 1,000円(税抜)
製造発売元 ジュゲン株式会社
日本国製

★★★★★

透明度が高くミネラルが豊富な玄界灘の海塩と生命力に富んだ九州の孟宗竹を原料に作られた国産100%の還元竹塩です。

ジュゲン㈱と九州工業大学が共同開発した特許製法で化石燃料を使わず、還元高温焼成して作られています。

酸化還元電位もマイナス500mv(ミリボルト)と非常に高く、塩なのにアルカリ性食なので量を食べてものどが渇きずらいのも特徴。

竹塩特有の温泉卵のような香りと味がしますが、雑味がないのでとても美味しく、微粉末化されているので、料理をはじめ様々な用途で使いやすいです。竹炭をはじめ、塩以外の有効成分量が多いので、健康維持やアンチエイジングのための健康食品としておすすめ度◎です。

第2位 仁山紫竹塩

250g 8,300円(税込)
製造発売元 株式会社仁山家 
韓国製

★★★★☆

仁山竹塩は、韓国の西海の遠海で採れた天日塩を、南海岸で育った真竹の筒の中に入れて、何度も繰り返し焼いた、韓国伝統の民間療法から生まれた塩です。
一般の塩と大きく違うのは沢山食べても体にやさしいアルカリ性の物質という点。

主材料は、天日塩・竹・松脂・黄土の4種類で、すべて韓国産の天然原料を使用。
3年以上育った青竹の筒に天日塩を詰め込み、口を黄土でふさいで鉄釜の中に入れ、松の薪を燃料として800度以上の高温で9回焼いて作られた低塩分でパウダー状の塩です。それにより塩の毒素を取り、竹のミネラルを吸収した栄養満点の天然塩です。
酸化還元電位マイナス420mv

仁山紫竹塩のお買いものページ

第3位 高原の竹塩9回焼き

200g 3,600円(税抜)
製造発売元 高原ファーム
日本国製

★★★★☆

天日塩を竹に入れて鉄釜で焼くことによりできた塩です。
この塩は、世界で稀な還元塩で「体にいい塩」として、焼けば焼くほど有効成分が強くなっていきます。

9回焼きは、その中でも最も高級で、天日塩に、竹、黄土、松脂、鉄釜のエキスに全てが注ぎ込まれた状態になっております。
舐めるだけで、頭がスッとする感じになる不思議な9回焼き竹塩。
健康的に薬塩として、舐めるだけでも良いですし、1回焼き、6回焼き同様の使い方としても使えます。

高原の竹塩9回焼きのお買いものページ

第4位 開岩竹塩

250g 6,640円(税込)
製造元 開岩通商株式会社
韓国製

★★★☆☆

千三百年前から秘伝として伝えられて来た竹塩の元祖、開岩竹塩は韓国で千年以上前からお寺で健康のための秘伝として伝えられて来た、特別な製法の健康塩です。

朝鮮半島の西海岸の天日塩を大竹の中に詰め込んで、高温(1000~1500℃)で焼くことを9回繰り返すと、竹に含まれている成分が塩のなかに染み込みます。

竹塩の殺菌、解毒、細胞の活性化などの効果は、まさに塩のミネラルと 竹の有効成分の調和によるものです。

開岩竹塩のお買いものページ

第5位 三宝真竹塩

200g 1,800円(税抜)
製造発売元 三宝竹塩株式会社
韓国製

★★★☆☆

天日塩を竹筒に入れ、黄土の窯で松の木だけの燃料で850℃で8時間燃焼。この工程を5回繰り返し、最後の焼きの工程では高圧釜に入れ、1,500℃で燃焼すると、塩は液状になり、溶け出します。冷えて岩塩状になった竹塩を砂目状に加工して「六回塩」を製造しています。

鉄分を錆び付かせない、還元力豊かな健康焼塩です。

かっては、塩を竹筒に入れ焼いた塩を、食あたりや止血剤・消毒に使っていました。竹塩はこの製法を研究・発展させたものです。

韓国の食文化を支えてきた伝統食品といえます。

三宝真竹塩のお買いものページ



ストレス社会に生きる私たちにとって、強力な還元力(抗酸化力)を持った竹塩は体の酸化をケアしてくれる救世主。みなさんも自分に合った竹塩を見つけて、毎日の食生活に活用していきましょう!