なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

ふうせんの会


 様々な理由で家事、きょうだいの世話、家族の介護、感情的サポート、通訳等をしている(していた)子ども、若者たち(ヤングケアラー)のあつまりです。関西地域で活動しています。
2019年12月発足



当事者のつどい開催

会の目的

①高齢の家族や病気の家族等のケアを担っている(担っていた)子ども・若者たちの交流、情報交換等を行う。

②自分たちの存在を社会にアピールし、同じような立場の子ども・若者たちが暮らしやすい社会の実現に向けての情報発信や様々な取り組みを行う。

家族のケアを担う子ども・若者たち
「ヤングケアラー」とは

例えば、こんなことを担っている子ども・若者のこと
※このHPのイラストの使用希望者はふうせんの会の濱島までご連絡ください。

ヤングケアラーたちが集まって何をしているの?

①つどいの開催
日時 奇数月の第3日曜 午後2時~4時
         ※会場の都合等で変更する場合があります
場所 大阪歯科大学牧野キャンパス
  (枚方市「京阪牧野駅」から徒歩7分程度)
   ※オンラインでも参加可能です。

当事者が集まり、ケア経験を共有したり、     フリートークをしたりしています。
※他の人の話を聞くだけでもOKです。

その他、参加者の希望を聞いて、いろいろなことを行っていきたいと思っています。

 ②少人数で話そう
まずはこじんまりと話したい人のために、運営メンバーと少人数で話すこともできます。

誰が参加できるの?

家族のケア、手伝いをしている(していた)高校生以上の人ならだれでもOKです。

または、ヤングケアラーではないけどちょっと似ているかも?と思う人も大歓迎です。

どうして集まるの?

☆同じような経験をもつ者同士でつながりたい、他の人の経験について聞いてみたい、自分たちのことをもっと知ってほしい。そんな思いからこの会を始めました。

☆みんな、年齢も経験も背景も様々ですが、意外と共通点がみつかったりします。地域や学校を超えて、色々な人と出会えます。


ホームページリニューアルのお知らせ


ふうせんの会のホームページが新しくなりました。
https://ycballoon.org/
今後は新しいホームページでみなさまに情報をお届けします。ぜひご覧ください。

テレビに出演しました!

【特集】「もっと子どもでいたかった」
ヤングケアラーの現実

ふうせんの会 共同代表の著書が出版されました
『子ども介護者』のご紹介

NPO法人化のご報告

2019年12月からふうせんの会は任意団体として活動してきました。

この度、大阪府より設立認証をいただき、NPO法人格を取得し、新組織「特定非営利活動法人 ふうせんの会」として活動することになりました。

法人格取得により、地域の他の組織・機関と連携しながら、より安定的にヤングケアラー支援事業を展開し、多くの(元)ヤングケアラーの支えとなること、(元)ヤングケアラーの経験を社会に活かすことを目指していきます。

引き続きみなさまのご支援、ご参加をよろしくお願いいたします。

事務所所在地

大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F市民活動スクエア「CANVAS谷町」F09

★NEW★第12回つどいのご案内

第12回つどいの会場参加のお申し込みは締め切りました(6/24)。
ヤングケアラー・元ヤングケアラーのzoom参加はあと若干名お申込みいただけます。

第12回つどいの会場参加のお申し込みは締め切りました(6/24)。
ヤングケアラー・元ヤングケアラーのzoom参加はあと若干名お申込みいただけます。

研修用動画ができました

【運営メンバー】朝田、井上、尾形、尾上、喜多、柴田、高岡、新山、中瀬、西川、濱島、原田、南、森田、山中 

【代表】 濱島淑恵・朝田健太  【事務局長】 南多恵子 ※2021年9月現在。

【発起人】 濱島淑恵

ふうせんの会ではNPO法人の設立から間もなく、7月までは講演依頼、取材は受け付けておりません。大変申し訳ございませんが、夏以降、再開予定です。