【2019年版】バランススクーターおすすめメーカー5選と選び方。価格やスペックなど徹底比較!

今や新世代の乗り物として注目を浴びるバランススクーターですが、これから購入するのにどれを選んで良いか迷ったりしませんか?

バランススクーターでもっともポピュラーなメーカー・機種にはセグウェイのミニセグウェイですが、実はこの他にも自信を持っておすすめできるバランススクーターがあります。

そこで、バランススクーターおすすめメーカー5選をご紹介し、特徴を比較しながら上手な選び方について徹底的に解説します。

バランススクーターとは?セグウェイとの違いは?

そもそもバランススクーターとはどのようなものを指しているのかご存知でしょうか。

バランススクーターとは、簡単に言えばバランスをとることに徹底的にこだわった乗り物です。前後左右のバランスとともに体重を移動させることによって走行できる乗り物、これがバランススクーターです。

バランススクーターはミニセグウェイの名でも親しまれていますね。バランスクーターに詳しい人なら、セグウェイ(Segway)の名はすでにご存知でしょう。

セグウェイは、アメリカの発明家によって開発された電動式の立ち乗り二輪車として根強い人気を誇ります。名古屋市で開催されたロボットミュージアムでは、セグウェイHTが公開され、一躍話題となりました。

見た目にはセグウェイとバランススクーターは似ていますが、決定的な違いが1つあります。セグウェイにはハンドルがついていますが、バランススクーターにはハンドルはありません。

セグウェイよりもやや小ぶりな乗り物なので、バラナススクーターのことをミニセグウェイと呼ぶのでしょう。

バランススクーターおすすめメーカー5選

それでは人気のバランススクーターおすすめのメーカーを厳選して5種類ご紹介します。
キントーン
バランススクーターの人気メーカーと言えば、誰もがキントーン(Kintone)の名を口にすることでしょう。キントーンでイチオシのバランススクーターには、Kintone オフロードモデルがあります。

カラーバリエーションはオールブラック・シルバー・ブルー・ピンク・カモフラージュ・カーディナルレッドの6色です。

このアイテムのおすすめポイントは、8.5インチの極太タイヤによって、操作の安定性にも優れていることです。

価格:48,900円(税込)
保証:180日間保証
品質:PSEマーク取得
防水:IP34
充電時間:2時間
走行距離:20km
登板力:25度
最高速度:15km
チックスマート
チックスマートのバランススクーターは、シンプルで飽きのこないデザインが魅力的です。

チックスマートならではのおすすめポイントは、意匠権をすでに取得済みであり、特許証と意匠登録証が発行されています。

正規品のバランススクーターには、チックスロボット(AHIC-Robot)の純正ロゴマークが入っています。

チックスマートのバランススクーターのバリエーションは、マットレッド・マットブルー・マットブラック・マットホワイトの4色です。

チック社だけが取得した特許の内容は、2つのプレートに乗り、動く物に対する特許として証明されたものです。チックスマートのバランススクーターは、NHKの「クローズアップ現代」の番組でも電動式二輪車として紹介されたことがあります。

価格:29、800円(税込)
保証:1年間保証
品質:特許・意匠登録証・PSE取得
防水:IP34取得済み
充電時間:3時間
走行距離:15~20km
登板力:最大20°度
最高速度:時速約10km
エアーバイク
エアーバイクのバランススクーターは、日本国内メーカーの立ち乗り二輪電動スクーターとして、愛用者に厚く支持されています。

その理由は他社よりもリーズナブルな価格で、しかも安心の5年間保証ですからビギナーにはとくにおすすめです。

バランススクーターが趣味の人は、何台も購入する人もいますが、1台買っておいて長く愛用したい人には、絶対にエアーバイクがイチオシです。

走行中はLEDライトが光り、踏み台は滑りにくくて安定性に優れています。

価格:18,500円(税込)
保証:5年間保証
品質: PSE取得
防水:なし
充電時間:3~4時間
走行距離:15~20km
登板力:最大20度
最高速度:20km
スマートバランスホイール
スマートバランスホイール(SMART BLANCE WHEEL)は、PSE認証済みで高品質なLG社製のリチウムバッテリーが搭載されたこだわりのバランススクーターです。

バランススクーターのメーカーや機種によっては、バッテリーが弱いことが原因でハッカの可能性が高いものもありますが、その点、スマートバランスホイールは安全面に徹底的にこだわり、一流の中の一流です。

それなら価格が他社のバランススクーターよりも高価なのでは?と心配するかもしれませんが、思ったよりもリーズナブルな価格なので安心感があります。人気アイテムであるため、品切れになることも珍しくありません。

スマートバランスホイールのカラーバリエーションは、ブルー・レッド・ブラック・ホワイトの4色です。

価格:23,800円(税込)
保証:1年間保証・バッテリーの保証期間は半年間
品質: PSEマーク取得
防水:不明
充電時間:1.5時間~2時間
走行距離:20km
登板力:最大30度
最高速度:時速12km
ナインボット
ナインボットのバランススクーターは、常に進化し続けています。2019年4月以降に出荷される製品は、ミニプロからエスプロ(S-pro)と新たに生まれ変わります。

ナインボットのバランススクーターの魅力は、軽量でコンパクトサイズ、シンプルな操作で安全に走行できることです。

ライトはフロントとバックに搭載されており、次世代モビリティーとしてこの先どこまで進化を遂げていくのか楽しみです。

走行距離はバランススクーター業界としては最高の30km、カラーバリエーションはホワイト・ブラックの2カラーです。

他社のバランススクーターと特徴が大きく異なる点は、専用のスマホアプリを使えば遠隔操作によるリモートコントロールもできることです。

バランススクーターに夢中になり、周りが暗くなった時にも、リアライトとフロントライトがついているので安全・安心ですね。

価格:150,000円(税込)
保証:1年間保証
品質: PSEマーク取得
防水:不明
充電時間:4時間
走行距離:30km
登板力:15度
最高速度:時速18km
チックスマート
チックスマートのバランススクーターは、シンプルで飽きのこないデザインが魅力的です。

チックスマートならではのおすすめポイントは、意匠権をすでに取得済みであり、特許証と意匠登録証が発行されています。

正規品のバランススクーターには、チックスロボット(AHIC-Robot)の純正ロゴマークが入っています。

チックスマートのバランススクーターのバリエーションは、マットレッド・マットブルー・マットブラック・マットホワイトの4色です。

チック社だけが取得した特許の内容は、2つのプレートに乗り、動く物に対する特許として証明されたものです。チックスマートのバランススクーターは、NHKの「クローズアップ現代」の番組でも電動式二輪車として紹介されたことがあります。

価格:29、800円(税込)
保証:1年間保証
品質:特許・意匠登録証・PSE取得
防水:IP34取得済み
充電時間:3時間
走行距離:15~20km
登板力:最大20°度
最高速度:時速約10km

バランススクーター選びのポイント

これからバランススクーターを購入するのに、どのように選んで良いか迷ったりすることはありませんか?

そこで、バラナススクーターの失敗しない上手な選び方について、5つのポイントをまとめてみました。
正規品か、偽物じゃないか
バランススクーターは乗り物ですから、カッコ良さを求める人も多いですね。

しかし、バランススクーターを選ぶ上でもっとも重要なことは、その品物が正規品であることです。

有名ブランドのバッグやお財布には必ず偽物がどこかに存在しています。

バランススクーターにおいてもそれと同じことが考えられるので、まかり間違っても偽物を購入しないように注意しなければなりません。

今の時代、欲しいものがあればお店にわざわざ行かなくても、ネット通販やフリマアプリを通して何でも買える時代です。

バランススクーターが欲しいと思えば、各メーカーの公式サイトから購入するのが最善策です。

「公式サイトよりも価格で安いから」という理由だけで、バランススクーターを公式サイト以外の通販サイトやフリマアプリで購入することはおすすめできません。

万が一、自分が手にとった品物が偽物だとしたら、それは粗悪品である可能性大です。
保証はあるか
バランススクーターを購入する上で、重視すべきポイントはメーカー保証です。

家電製品を購入する時に必ずメーカー保証がついているのと同様に、バランススクーターにもメーカー保証はもちろんあります。

しかし、単にメーカー保証の有無で判断するのではなく、メーカー保証はついていて当たり前なのです。

バランススクーターを購入した後の保証期間はどれくらいあるのか、保証期間を過ぎた後は、どのように対応してもらえるのか、ここが重要ポイントになります。
安全基準、品質は問題ないか
バランススクーターが乗り物である以上は、安全な乗り物でなければなりません。バランススクーターはけっして安い買い物とは言えません。

一生懸命お金を貯めて購入したのに、乗り始めてからすぐに故障して修理が必要になったり、ケガをしてしまったら大変ですよね。

そこで、バランススクーターの安全性に関する規準としてPSEマークについて知っておくべきです。

日本国内では電気用品安全法と呼ばれる法律に、これに基づいて電気製品の製造メーカーはPSEマークの表示が義務づけられます。

電気用品安全法における「認証」とは、電気用品を製造するメーカーではなく外部の第三者の機関において、安全の基準を満たしていること、その適合性をきちんと証明してもらう必要があります。

このPSEマークがついた乗り物は、第三者機関から「安全な乗り物であり、なおかつある一定の基準を十分に満たし、適合する」ことを意味します。

ただし、このPSEマークは日本国内の規格であり、海外規格にはUL認証(UL規格)があります。UL認証は、アメリカ保険業者安全試験所(Underwriters Laboratories Inc)による規格であり、製品の安全性を証明する規格です。

簡単にまとめると、日本国内のバランススクーターならPSEマーク、外国製ならUL認証ということです。
安全基準、品質は問題ないか
バランススクーターが乗り物である以上は、安全な乗り物でなければなりません。バランススクーターはけっして安い買い物とは言えません。

一生懸命お金を貯めて購入したのに、乗り始めてからすぐに故障して修理が必要になったり、ケガをしてしまったら大変ですよね。

そこで、バランススクーターの安全性に関する規準としてPSEマークについて知っておくべきです。

日本国内では電気用品安全法と呼ばれる法律に、これに基づいて電気製品の製造メーカーはPSEマークの表示が義務づけられます。

電気用品安全法における「認証」とは、電気用品を製造するメーカーではなく外部の第三者の機関において、安全の基準を満たしていること、その適合性をきちんと証明してもらう必要があります。

このPSEマークがついた乗り物は、第三者機関から「安全な乗り物であり、なおかつある一定の基準を十分に満たし、適合する」ことを意味します。

ただし、このPSEマークは日本国内の規格であり、海外規格にはUL認証(UL規格)があります。UL認証は、アメリカ保険業者安全試験所(Underwriters Laboratories Inc)による規格であり、製品の安全性を証明する規格です。

簡単にまとめると、日本国内のバランススクーターならPSEマーク、外国製ならUL認証ということです。
坂道走行は可能か
優良なバランススクーターを選ぶには、坂道の走行が可能かどうか、ここが重要チェックポイントになります。

バランススクーターを上手に乗りこなすなら、坂道もしっかり上れるほどのパワフルさって絶対に必要ですね。

バランススクーターを購入したばかりの頃は、うまく乗りこなすまでに時間がかかるかもしれません。

でも、うまく乗りこなせるようになったら、平面な道だけではなく、坂道を登ってみたいと思うのは当然のことです。

しかし、バランススクーターのメーカー・機種によっては、坂道を登るのに向いていないものもあるので、購入前には注意が必要です。モーターとタイヤが丈夫でもバッテリーが弱ければ、坂道を登れるほどのパワーが発揮できません。

バッテリー充電量はあるのにモーターのパワーが弱いようでは、坂道を安全に走行することはできません。

バランススクーターで坂道を登るには、バッテリーとモーターとタイヤ、この3拍子がしっかり揃っていなければなりません。
防水対応か
優良なバランススクーターを選ぶポイントと言えば、乗り物としての安全性やメーカー保証にこだわりがちですが、それだけでは不十分です。

バランススクーターを購入したら、できるだけ長く乗りたいですよね。そのためには、防水性も重視する必要があります。

防水仕様のバランススクーターなら、乗っている最中に急に雨が降り出した時にも安心です。

もし、防水仕様ではないバランススクーターに乗っていたとしたら、急に雨が降り出した時に、スクーターの隙間から雨水が入ってしまい、品質を劣化させる原因となってしまうのです。

防水性に強いバランススクーターにこだわって選ぶのは、今やもう常識です。

バランススクーターの購入前の注意点

バランススクーターはハンドフリーでとってもカッコイイからぜひ乗ってみたい!とワクワク気分になったりしませんか?

しかし、バランススクーターを購入する前に知っておかなければならない注意点が3つあります。
公道や歩道などNG
バランススクーターを購入したら、常に安全に乗ることは肝に銘じておかなければなりません。自分が安全に乗るだけではなく、常に周囲の安全にも配慮が必要です。

自分の周りには人がいて車や自転車が通ることもあるので、公道や歩道でバランススクーターを乗り回すのはNGと心得ておきましょう。
子どもは乗れない。16歳以上から
バランススクーターは年齢に関係なく、誰でも乗れるものではありません。

「運動神経には十分に自信があるからバランススクーターに乗っても大丈夫」と過信してはいけません。

バランススクーターを購入する前に、メーカーの公式サイトを必ず閲覧しましょう。ほとんどのメーカーで年齢制限が設けられており、16歳以上となっています。

日本国内では自動車の運転免許は18歳以上、原付免許は16歳以上と決められています。

バランススクーターの場合は、16歳という年齢が原付免許の取得が可能な年齢であることに基づいたものと考えられます。

バランススクーターに乗るのにとくに年齢の上限は定められていません。

しかし、身体が不自由な人や高齢者が乗るのは危険ですから、十分に注意しましょう。
ヤフオクやメルカリなど中古の購入は要注意
バランススクーターの購入に関する注意点として、メルカリやヤフオクなどのオークションサイトでは買わないことです。

バランススクーターは、必ず正規販売店で購入するものと心得ておきましょう。

中には「公式サイト以外で購入したほうが安く買えるから」と思い込み、安く買えるネット通販やオークションサイトを探す人もいます。

また、「とくに新品にこだわる必要もないし、初めて購入する時は中古品で十分」と思い、中古品を探す人もいます。

しかし、中古品だとメーカー保証がついていないので、おすすめはできません。

メーカー保証がついていないどころか、故障箇所があるのにそのまま出品される可能性も考えられます。ヤフオクやメルカリなどで中古品を購入するのは絶対にやめましょう。
ヤフオクやメルカリなど中古の購入は要注意
バランススクーターの購入に関する注意点として、メルカリやヤフオクなどのオークションサイトでは買わないことです。

バランススクーターは、必ず正規販売店で購入するものと心得ておきましょう。

中には「公式サイト以外で購入したほうが安く買えるから」と思い込み、安く買えるネット通販やオークションサイトを探す人もいます。

また、「とくに新品にこだわる必要もないし、初めて購入する時は中古品で十分」と思い、中古品を探す人もいます。

しかし、中古品だとメーカー保証がついていないので、おすすめはできません。

メーカー保証がついていないどころか、故障箇所があるのにそのまま出品される可能性も考えられます。ヤフオクやメルカリなどで中古品を購入するのは絶対にやめましょう。

バランススクーターの乗れる場所

これからバランススクーターを購入するなら、どんな場所なら乗れるのか、知っておかなくてはいけません。

一般的に、バランススクーターの乗れる場所は広い公園や大型ショッジングモールなどの商業施設の敷地内にあるフリースペースなどです。

バランススクーターに乗るには、安全が確保される場所であること、そして周囲の人に迷惑をかけないように配慮しなければなりません。

バランススクーター体験をするなら、スポッチャで乗ることができます。スポッチャとは、ラウンドワン(ROUND1)のスポーツ・アミューズメントのことを指します。

バランススクーターの購入を検討してはいるけど、自分に向いているかどうかちょっぴり不安に感じる人は、ラウンドワンに遊びに出かけた時にでも、まずは1度体験しておくことをおすすめします。

なお、スポッチャでは保護者同伴であれば、子どもの入場も可能です。バランススクーターのメーカー・機種によっては、体重20kg以上の人であれば使用可能となっているものもあります。この条件に該当すれば、スポッチャでは保護者同伴なら子どもが乗ることもできるというわけですね。

バランススクーターの乗り方は初心者に難しい?

「セグウェイならハンドル付きで乗りやすそうだけど、バランススクーターはハンドルがついてないからなんだか難しそう」そんなイメージを抱いてはいませんか?

結論から言えば、バランススクーターは初心者でも難しくはありません。そこで、バランススクーターの乗り方の手順と上手に乗るコツを伝授します。

バランススクーターに初めて乗る人は、安全に走行できる事が重要ポイントになります。

バランススクーターに初めて乗るのにもっともふさわしいのは、傾斜面や砂利などがない場所です。広さのある公園がとくにおすすめの場所です。

バランススクーターの電源をオンにします。

右足または左足のどちらか片方の足をボードに対して水平になるように意識して乗せます。

この時に、かかと・つま先に必要以上に力をかけないのがコツです。イメージとしては、片方の足の裏で乗っかるような感じです。

片方の足を乗せたら、もう片方の足もボードに乗せます。両足が乗った時にひざをまっすぐにした状態を維持することです。

そして、お腹と腰に適度に力を入れてまっすぐに立つのが重要ポイントです。

ここまで準備が整ったら、いよいよバランススクーターを動かします。

前に進む時・後に下がる時・旋回する時は、それぞれ行きたい方向に前後左右の重心を移動させるだけでOKです。

ハンドルがないから操作が難しいと思っていたら、足の重心のかけ方を工夫すれば自由自在に動くのですから、やってみれば意外とあっさり簡単です。

早い人なら5分~10分もあれば、上手に乗りこなせるようになります。

バランススクーターを上手に乗りこなすコツとしては、最初は前方に進む練習を繰り返して行うことです。

最初から後に進む練習ばかりしていると、重心のかけ方にまだ慣れていなくて旋回する可能性もあります。ふだん歩く時にわたしたちは常に前進していますが、後歩きをするのはちょっと慣れていないですよね。バランススクーターもそれと同じようなものです。

まずは直進に進む練習から始めて、慣れてきたら左右に進む練習を積むと良いでしょう。ある程度、バランス感覚になれてきた段階で後進にチャレンジすると良いですね。

国内未発売の海外メーカー4社

バランススクーターを製造・販売するメーカーは国内だけではなく、海外にも人気メーカーが多数存在します。

ここでは国内未発売で、入手が困難になるほどの人気の海外のメーカー4社についてご紹介しましょう。
スワグトロン
海外のバランススクーターメーカーでダントツ人気と言えば、なんといってもスワグトロン(Swagtron)ですね。

がアメリカのロサンジェルスに設立されたのは2015年、まだ歴史の浅い企業ですが、バランススクーターのブランドとしてはトップクラスです。

バランススクーターや電動スケートボード、電気自動車メーカーとしても抜群の信頼性があります。スワグトロン社は、アメリカの厳しい安全性の規準であるUL認証を取得しています。

日本でもスワグトロンのバランススクーターのニーズが高まってはいますが、あまりの人気ぶりに入手困難となっています。現在、日本国内には直営店がないため、公式販売はされておらず、代理販売のみとなっています。
エピクゴ
エピクゴ(EPIKGO)はアメリカ国内ではもちろん、日本のバランススクーター愛好者にも注目される存在です。エピクゴのバランススクーターはすでにUL2272の認定を受けており、安全性・機能性はお墨付きです。

バランススクーターはスポーティーテイストのものからプレミアムタイプのものまで、は幅広く取り扱われています。
レーザーホバートラックス
「Razor」の黒文字のログマークでおなじみのバランススクーターのメーカーと言えば、レーザーホバートラックスですね。

まるでスケボーのように自由自在に操ることができる、それがレーザーホバートラックスのバランススクーターならではの最大の魅力でしょう。

メーカーによってはシンプルなデザインのバランススクーターも数多くありますが、レーザーホバートラックスでは斬新なデザインと豊かな色彩がとても魅力的です。

バランススクーターは種類がとても豊富で、メーカー保証も充実しているので安心です。
ホバーゾン
高性能でなおかつリーズナブルな価格のバランススクーターを求めているのなら、迷わずにホバーソン(Hoverzon)を選ぶと良いでしょう。

バランススクーターを製造・販売する海外の他メーカーでは、バランススクーター以外の製品も多数取り扱われていますが、ホバーソンはバランススクーターのみ取り扱われています。

それゆえに徹底的にこだわりの製品を販売しており、バランススクーターのビギナーからベテランにまで幅広く愛用されています。
エピクゴ
エピクゴ(EPIKGO)はアメリカ国内ではもちろん、日本のバランススクーター愛好者にも注目される存在です。エピクゴのバランススクーターはすでにUL2272の認定を受けており、安全性・機能性はお墨付きです。

バランススクーターはスポーティーテイストのものからプレミアムタイプのものまで、は幅広く取り扱われています。

バランススクーターまとめ

バランススクーターは若い世代の人にこよなく愛される身近な乗り物として、根強い人気があります。この記事では、バランススクーターのおすすめのメーカーや上手な乗り方のコツ、失敗しない選び方、人気の海外メーカーなどをご紹介してきました。

この記事を読んでいただいて、「バランススクーターに乗りたいけど、どれを選んだら良いかわからない。」「初心者でも安全に乗るにはどうすればいいの?」そのような疑問点が少しでも解消されたらとてもうれしく思います。

近くにバランススクーターを販売するお店が見つからなくても、今やパソコンやスマホのインターネットを活用すれば簡単にショッピングが楽しめる、そんな時代になりました。

洋服や小物なら自分の好みに見合うものを選んでネット通販やオークションで手軽に購入できるけれど、バランススクーターは乗り物ですからそんなわけにもいきません。

バランススクーター選びで肝心なことは、乗り物としての安全性・機能性・メーカーの信頼性です。車やバイクに乗るのと同じように、自分だけではなく、周囲の人にも安全な乗り物でなければなりません。

バランススクーターには価格が高めのものからリーズナブルな価格まで多数ありますが、その中で自分にどんな物が合うか、慎重に判断して後悔しない買い物になればと思います。

バランススクーターを安全に楽しく乗りこなすための乗り方やコツを簡単にまとめて紹介したので、そちらも合わせて今後の参考にしてもらえたら幸いです。