上記の詳細は下記のブログへ。
https://onlinecare.jp/back-pain-physio-blog2/
論文のURLも記載されていま す。

<あなたにお届けすること>

✅ 科学的根拠に基づく、  あなたの今の腰痛の状態

✅ 繰り返す腰痛に対する  対応策

✅ 健康情報を見極める力

お問い合わせはこちらから


あなたの悩みをサポートする
3つの相談コース


メッセージコース

通話コース

Zoomコース

お問い合わせはこちらから

Back Pain Physio Marumoto
による
腰痛相談の特徴について

対象
①急にギックリ腰になって
 どうしたら良いかわからない方
②長期間の腰痛に悩む方
方法
改善効果が期待できる海外でも証明された方法
目的
①ギックリ腰を再発をしないようすること
②長期間の腰痛を自身でコントロール
 できるようにすること
相談ツール
・メール
・Line公式アカウント
・Facebook Messenger
・Zoom
その他
必要な場合は問診以外に動作のチェックなども
させて頂きたいと思っています。

実際に経験された方の声

S様
年齢:31
性別:男性
住まい:埼玉県
職業:国家公務員
カウンセリング後の3〜4日から効果を感じ、
仕事にも支障がなくなり現在も支障がありません‼️

<詳細>
2020年の冬から春にかけて1ヶ月続く腰痛に対し、
接骨院に3回行ったが通院後2〜3日で痛くなりました。
また仕事がデスクワークの為に座っていても辛く、
歩くのも痛みを感じながら歩いていました。
そして問診後にアドバイスを伺い
アドバイス通りにした結果3〜4日で効果を感じました。
週間で仕事や日常生活に支障がなくなり、
現在も特に支障は出ていません。(現在:2020.8.30)

オンラインで腰痛相談を行う
あなたの3つのメリット

①コストが明らかにお得‼️
②仕事・家事・育児などが
 終わった後でも相談できる
③場所に制限されない

<具体的には?>

①お金
初診料・画像検査料・薬代・再診料・交通費 →0円

②時間
・通院する為の移動時間 → 0時間
・検査・診察の待ち時間 → 0時間
・薬局に行く時間・薬の待ち時間 
 → 0時間

③身体的負担
画像所見と症状は必ずしも一致せず
ガンのリスクを高める可能性がある
レントゲン・CTなどの画像検査 
→なし 
※ 上記の文章は、検査そのものを否定しているのではなく、
  問診上、すぐに医療機関にて画像検査が必要な場合
    はお伝えします。
  下記の2点を考え時に、
  検査料金を払うメリットはないと私は考えます。
      ①画像検査によるガンのリスク
      ②画像と症状が一致しない場合がある

④精神的負担
医療従事者の前では
言いたいことが言えない、
医療機関等が苦手 
→あなたと私には
 上下関係はありません。

 一緒に腰痛に向き合う
 パートナーです。
 あたながくつろげる場所で
 相談ができる為、

 環境による精神的負担は
   ありません。

論文:
⑴Jarvik JJ et al,The Longitudinal Assessment of Imaging and Disability of the back (LAIDBack) study,Spine: May 15, 2001 - Volume 26 - Issue 10 - p 1158-1166
Amy Berrington de Gonzalez and Sarah Darby, Risk of cancer from diagnostic X-rays: estimates for the UK and 14 other countries. Lancet, 345-351,2004.

お問い合わせはこちらから


コース詳細


メッセージコース

<ツール> ①〜③のどれか
①メール
②Line公式アカウント
③Facebook Messenger
<内容>
①問診をさせて頂き、問診後、科学的根拠に基づく
 あなたの腰痛の状態をお伝え致します。
②その状態に対し、対処法をお伝え致します。

メッセージの往復:3回

電話コース

<ツール>①か②
①Line公式アカウント
②Facebook Messenger
<内容>
①問診をさせて頂き、問診後、科学的根拠に基づく
 あなたの腰痛の状態をお伝え致します。
②その状態に対し、対処法をお伝え致します。
 ※この時に科学的根拠があり、ネットで
 海外で効果を上げた
 改善目的のパンフレットが見れます。
③1週間後に状態確認の為の電話相談
  によるフォローを致します。

<時間>
①・②:30分
③:30分

Zoomコース

<ツール>
Zoom
<内容>

①問診をさせて頂き、問診後、科学的根拠に基づく
 あなたの腰痛の状態をお伝え致します。
②その状態に対し、対処法をお伝え致します。
   ※この時に科学的根拠があり、ネットで
 海外で効果を上げた
 改善目的のパンフレットが見れます。
③1週間後に状態確認の為の電話相談
  によるフォローをさせて頂きます。
④1週間の状態で動作などに変化がなければ、
    さらに詳しい問診と改善を目的とした
    カウンセリングを致します。
⑤ 今後、あなた自身で
  健康情報を見分けるための情報(モノサシ)を
  お伝え致します。
<時間>
①・②:30分
③:30分
④:30分
⑤:30分


申し込みの流れ


Step.1
お問い合わせ
・LINE公式アカウント
・メール
・Facebook Messenger
 のメッセージツールの中から
 下記を記載をし、
 ご連絡をお願い致します。
[記載事項]
 氏名、希望コース
【例】
 氏名:広島 龍馬
 希望コース:Zoomコース
Step.2
Marumotoより返信
ご連絡いただいた内容をもとに、
こちらからメッセージツールにて
返信致します。
Step.3
事前決済

ご希望のサービスを
買い物かごへ入れます。
支払い方法(カード、モバイル等)を
選択し、支払い完了となります。
※各種手数料は
ご購入者様のご負担となります。

Step.4
予約日時決定

ご入金確認後、電話相談・Zoomの場合、ご予約の日時をメッセージツールにて相談をして頂きたいと思います。Zoomの場合は、メッセージツールにて、Zoom IDをご連絡致します。

Step.5
相談開始

Zoom相談の場合

ご予約の日時にzoom IDにてログインしていただきサービス開始。

Step.2
Marumotoより返信
ご連絡いただいた内容をもとに、
こちらからメッセージツールにて
返信致します。

お問い合わせはこちら

事前決済はこちら

下記のロゴをクリックして頂ければ、 決済画面に移ります。

Back Pain Physio Marumotoの紹介

Tsuyoshi Marumoto

Support
Your Back Pain
科学的根拠に基づいた腰痛相談を行います。
一人でも多くの腰痛に困っている人が
科学的根拠がある情報で、
慢性的な腰痛にならないようにと思っています。
<信念>
腰痛を長引かせない、
自分で克服できるようにする

保有国家資格:理学療法士
出身:広島県

自分自身が
腰痛の当事者だった過去。
「だからこそ」。

自身が中学生の頃から腰痛に悩み、
理学療法士になった後、
腰痛椎間板ヘルニアの手術を経験し、
さらに誤診、
海外のガイドラインから、
明らかに外れた医療行為などで、
数年間働けなくなりました。
当然、経済的にも・精神的にも追い込まれました。
その中で、優れた理学療法士の方々から、
海外で効果が実証された
科学的根拠に基づく治療を受け、
その後、社会復帰を果たしました。

「もっと早く受けたかった」
「もっと早く知りたかった」
そんな思いが、当事者としての経験が、
科学的根拠に基づいて、
「腰痛に悩んでいる人の力になりたい」
 という思いを生んでいます。
私の当事者としての経験・学んできたものが、
あなたの腰痛の悩みに役立てられるかもしれません。


あなたが腰痛に悩まなくなり、
笑顔で幸せな人生を送って頂けることが、
Physioとしての喜びです。