バッチフラワーレメディ® 花・水・木
傾聴スキル1500人超
2万人超の企業での実績
国際プラクティショナー
80年の歴史
国際プラクティショナー

会社の経営!こんなお悩みありませんか?

  • 会社全体や関わっている人、すべての人にHAPPYになってほしい
  • 組織としてパフォーマンスをあげたい

  • 社員が肉体的にも精神的にも健康であってほしい

  • 同じベクトルを持って成長していきたい

  • 本人の成長意欲をもっと引き出したい

  • 組織としてパフォーマンスをあげたい

弊社サービスを企業内で取り入れると・・・
ストレスに対する考え方がオープンになっていき、問題となっていることに対して閉鎖的でなくなります

信頼関係を構築・改善ための有効なひとつの手段として

仕事上のコミュニケーション・マネジメントにとどまらず、日常のあらゆる場面で応用・実践いただくことが可能です

会社として・また個人としても

業務におけるパフォーマンスが向上していき、進化・成長の助けになります。

信頼関係を構築・改善ための有効なひとつの手段として

仕事上のコミュニケーション・マネジメントにとどまらず、日常のあらゆる場面で応用・実践いただくことが可能です

バッチフラワーレメディとの出逢いで大きく変化!

わたしは10年間働けなかった経験があります

友達にも恵まれている
会社もとてもいい会社だったと思う



しかし体調不良が原因で働けなくなりました



原因不明の頭痛と腹痛
それを我慢して生活していたため
原因不明めまい・吐き気



小学生の低学年から
35歳を過ぎるまで

ずっとこれを我慢して
生活していました

 
きっと会社を辞める間際まで
そして休職中も
そういう状態だとは周りの人に気がつかれずに
生活していました



体の不調は
全て「ストレスが原因」だと片づけられました

友達にも恵まれていたし
会社もとてもいい会社だと思う


「ストレス」


何と戦っていいのか分からない日々でした





それがバッチフラワーレメディに出逢って
使っていたら
いつの間にか体調がよくなり
また働けるようになりました



わたしは想うのです



余裕がなくて
心療内科や精神科を探す元気がありませんでした



だから会社の中に
何か相談できる機関があったらと



バッチフラワーレメディ




小学生の時に
20代の頃に・・・
もっと早く知っていたら

わたしみたいな人を
一人でも多く救えるのではないかと


わたしを救ってくれた
「バッチフラワーレメディ」を
広く知っていただくために


企業向けに福利厚生で使っていただくために
ストレスケアのお手伝いをしています

バッチフラワーレメディとは?

80年前からある植物療法です

【 フラワーエッセンスとも呼ばれています 】

つらいこと、心配なこと、不安なこと、
イライラ、怒り、落ち込み・・・
そんなマイナス感情に働きかけます

80年前にイギリスの医師 エドワードバッチ博士が作った
赤ちゃんにもペットにも使える植物療法
世界中 70ヵ国以上で使用されています

英国では代々イギリス王室でも利用されているセルフケアできるツール

安全な植物療法なので副作用や依存性、常習性のないものです


バッチフラワーレメディで
このようなことが得られます!

  • 身体的な治癒を妨げると考えられる落ち込みや不安感のような感情面に対応します
  • 不安感やストレスなどを受けたときにそれ以上進まないように未然に防ぐことができます。
  • 医学的に特定されない疲労感調子が悪いように感じる場合の助けになります。
  • 不安感やストレスなどを受けたときにそれ以上進まないように未然に防ぐことができます。

【バッチフラワーレメディのコンサルテーション】
具体的に何をするの?

基本的に御社へご訪問する形を取っております



就業中の合間 1か月に1度30分間
バッチフラワーのお時間をとっていただきます


応接室や会議室 職場の一室をお借りして
おひとりおひとりのお話しを聴かせていただき
レメディの提案をさせていただきます



おひとりに対して
1か月に1度のコンサルテーションでご利用いただくお時間は30分~



2~3週間の間レメディを飲んでいただきます
1か月後経過をお話しいただき
コンサルテーション→レメディの提案→2~3週間飲んでいただく
というサイクルを繰り返します



社員の人数に応じて訪問の日数や時間を増やしていきます

このような企業にオススメです!

  • ストレスケアやメンタルヘルスに対しての体制が整っていない
  • 健康経営を考えている
  • 採用不幸なミスマッチ
  • リワーク対策で困っている
  • 診断書を突き付けられて待ったなし!!
  • ストレスケアをどのようにして浸透させるか考えている
  • ストレスケアをどのようにして浸透させるか考えている

ご利用いただいている企業さまの声

株式会社 ペライチ さま  

創業者 山下翔一 さま
「日本はストレス系のケアが遅れているから」
やりがいがあって超たのしい
スタッフ達がチャレンジし続ける人であってほしい

日本はストレスケアが遅れているから
そういったところもアプローチしつつ
やってみたらいいと思った

自身が使ってみてとてもよかったと思う

株式会社 ペライチ さま

代表取締役 橋田一秀 さま
「まだ体制が整っていないから。」
大きな会社であれば、医務室などの体制も整えることはできるけれど
うちはまだそこに到達していないので・・・

体制が整っていないので
そういった面からもその代わりとして
バッチフラワーレメディのようなものを利用してもいいと思っています。

話してスッキリした。
色々と日々気にしてしまう事が多い方にオススメです。

某システム会社 さま

代表 五十嵐 理香 さま
「プロにお願いするのはよいなと思いました。」
◆ 受けてみようと思われたきっかけは?
→ 薬じゃないのでメンタル面にいいかな?

◆ バッチフラワーの印象はどうですか?
→ 日常の場面でお守りのように選べるのは大きい。
判断に迷うときに助かる。

◆ やはりプロにおねがいするのはよいなと思いました。すぐになくなると思うのでまたお願いしたいです。

某大手保険会社 N 社 さま

社員 陣内貴美子 さま (仮名)
「かねこさんに聴いてもらった方が断然よかった。」
うちではストレスチェックが行なわれていて
先日、高ストレスで産業医に面談することになりましたが
「気のせい気のせい。」・・・といわれて
あまり真剣に話を聴いてもらえませんでした
何のために面談したのか分かりませんでした。

これだったらかねこさんの方が断然よかったです

こんなところでも利用されています

●内科・心療内科

北海道 光のいずみクリニック
大阪 クリニック千里の森
               等々・・・
医者としてバッチフラワーレメディを活用して心療内科や内科の治療で成果が出ています。

●大学

立命館大学
立命館大学では2012年から
3年生、4年生の授業の必須科目になっている
構内にバッチフラワーレメディを常備している大学もあります。

● イギリスでは・・・

救急車やレスキュー隊の箱の中に常備されています。
英国王室でも使われています。
大英博物館にも展示してあります。

● みなさまにご利用いただいています

経営者 個人事業主 会社員 歯科医師 声優 俳優 メイクアップアーティスト ネイリスト 助産師 看護師 セラピスト 整体師 教師 神職 占い師 ヒーラー トレーナー ライター デザイナー WEBデザイナー 等々・・・  

弊社サービス

「1か月に1回 30分 自分時間持ちませんか?」

従業員10人の場合
月額6万円
(税別)

1人 6000円 × 10人
3か月以上のご契約が必要です
従業員15人の場合
月額9万円
(税別)

1人 6000円 × 15人
3か月以上のご契約が必要です
300分チケット
6万円
今なら5万円
(税別)

個人事業主さま応援価格で【限定10名様】
個人事業主さまお一人でのご利用に!
60分 × 5回

今ならキャンペーンにつき
ボトル代人数分サービス!!

時間や人数によって料金は変わります
まずは無料相談をご利用ください!


うちの会社はオープンだしストレスなくいけてるよ!

「うちは社員数少ないし」
「オープンだし」
やりとりは細かにしているのでストレスはないんですよ」



そういった声もたくさんあります





しかし本当にそうでしょうか?


わたし自身
10年間塞ぎこんでいたわけではありません
 

ご利用いただいた企業さまは
みなさんストレスを抱えてて
ストレスに悩んでいて・・・

・・・といったことでご利用いただいていたわけではありません


「社員がよりよく楽しく仕事をしてほしい」
「もっと幸せになってほしい」
「よりパフォーマンスが上がるように」

といった願いのもと
ご利用いただいています

単発(1回のみ)ではお受けしない理由

まず、自分の気持ちというのは

確信が持てなかったり
感じている気持ちと言葉に違いが生じたり
それを言葉にすることが難しかったり

自分の気持ちがそもそも分からなかったり
伝えられなかったり・・・


わたくしバッチフラワーレメディのプラクティショナー(実践者)は
クライアントさんのお話しに
耳を傾け
その気持ちに寄り添った
レメディの提案をいたしますが


感情と言葉に相違点がある場合
「効かない」
といったことが起こってしまいます



バッチフラワーレメディは
必要のない場合は
その感情には働きかけません



「効かない」

と感じる場合は
その感情でなかったということを
知ることができ

また

的確なものにたどり着けた時には
劇的に変化を感じることもあります



それには1回で変化を感じる場合もある
表層にある感情を剥がしていく作業が必要な場合
マッチングさせていくことに
時間がかかる場合もあります



よく「感情のリトマス紙のようなもの」

説明していますが

今どんな気持ちなのか
分かりづらい感情を
はっきりと知ることができるツール

本当の気持ちに辿り付くことができるツール

それがバッチフラワーレメディであり

他のセラピーとは全く違うところなのです
  



わたしは
バッチフラワーレメディに出逢って
人生が変わりました

もしかしたら
これがなかったら
未だに働けていなかったかもしれません


そのようにならないために
未然に
精神と肉体の健康を整える習慣をつけていっていただきたいと想っています

かねこ じゅんこ

バッチ国際登録プラクティショナー
◆1978年 12月11日 生まれ 

長崎県島原市出身

◆傾聴スキル1500人超え
社員数2万人以上の某大手企業にてコンサルテーションを行う

◆通常ストレスケアなどメンタルヘルス系のケアはデリケートなこととして扱われるが、バッチフラワーレメディのコンサルテーションは、80年以上の歴史があるものの、聞くに新しいものなので最初は希望者をクローズドで集めてくださっていたが、初日からその必要もなく社員の方々自らオープンに希望された経緯があり。おひとりおひとりの相談内容に関しては守秘義務があるのでもちろんオープンにはしないがストレスケアを行うという抵抗感は低く感じてもらえている。
◆また 、カウンセリングや病院などでの治療と違って対処的な方法ではなく原因からアプローチしていくやり方をとるので今までにないストレスケアのやり方を提案できる。

◆高ストレスで産業医に面談した方から、「全然かねこさんの方がよかった」との感想をいただく