ベイビーサポートの使い方・タイミングは?

ベイビーサポートの使い方・タイミングで成功?!

男女産み分けを成功させるためには、ベイビーサポートを使用するだけでなく、タイミングも重要なんです。

ベイビーサポートと排卵日のタイミング法を活用した産み分けを行えば、成功確率は80%です。
男女産み分けに100%の成功方法は今のところありません。

男女を産み分けるには、女性の膣の中の酸性度がX(女)、Y(男)精子のどちらを受け入れやすくなっているかによって決まります。

ベイビーサポート「for boy」は男の子を産む因子を持つ精子が膣の中でより有利に動けるように、膣内をアルカリ性にするためのゼリーです。

 「for girl」は女の子を産む因子を持つ精子が膣の中でより有利に動けるように、膣内を酸性にするためのゼリーです。

女の子を希望する場合は、ベイビーサポート「for girl」を欠かさないことが、確率を高めることになります。

女性の膣内は雑菌の侵入を防ぐため酸性ですが、排卵日は酸性度が最も弱い時期で、Y精子が活発に動きやすくなります。

逆に排卵よりも少し日を空けて性交したときには、酸性度が強い中で精子が排卵を待たなければならないため、Y精子が減り、X精子が生き残りやすくなります。このように、排卵日も産み分けには重要になります。

ベイビーサポート「for boy」男の子

男の子を産み分けるタイミング

男子の赤ちゃんを希望する場合、Y精子が活発に動きやすくなる環境を作ることが大切です。
Y精子は、X精子に比べ、泳ぐスピードが早い一方、酸性の環境に弱く、寿命が短いのが特徴です。

※排卵日にセックスをする
膣内は酸性ですが、妊娠する排卵日は、酸性度が最も弱まるので、Y精子は、活発に動けるようになり、Y精子が受精する確率が高まります。

※5日間は禁欲してY精子の数を増やす

精子の数を増やすのに最もシンプルな方法は禁欲です。
射精の回数を減らすと、精子が蓄積され、一回に出る精子の数が増えます。

しかも、X精子とY精子の比率は1対1ではなく、精子の数が多くなるほど、Y精子の比率は上がると言われています。そのため、禁欲すると、Y精子の量も増えるのです。

※女性がオルガスムスを感じやすいセックスをする
女性が性的刺激を受けて、オーガズムを感じると、アルカリ性の子宮頚管粘液が分泌されて、膣の酸性が中和されます。

男性器をなるべく奥まで挿入してから射精すると、Y精子は酸性の膣を長く泳がなくてもいいので、数をあまり減らさないで受精し子宮膨大部にたどり着くことができます。また子宮の近くは、アルカリ性の頚管粘液とよばれるものが分泌されていますので、Y精子は、酸性の膣の中よりも活発に動けるようになります。したがって、泳ぐスピードの遅いX精子よりも有利になります。

※ベイビーサポート「for boy」を使用する

膣の酸性度には、個人差があります。もともと酸性が強い人もいますし、オーガズムを感じても、アルカリ性の子宮頚管粘液が少ない人もいます。そこで、膣内の環境をアルカリ性に傾けるには、

ベイビーサポート「for boy」を使うという方法があります。ベイビーサポート「for boy」 は、セックス前に、膣の中に注入します。副作用を及ぼす可能性はありません。安心して使えます。

※リンカルを服用する
リン酸カリウム錠剤は病院でもらいます。SS研究会会員の医師を通じても購入可能。杉山レディスクリニックのホームページにある通信販売でも入手できます。

ベイビーサポート「for girl」女の子

女の子を産み分けるタイミング

女の子を希望する場合は、X精子にとって有利な環境を作るようにします。Y精子が酸性に弱い性質なのに対し、X精子は酸性の環境に強いのが特徴です。

※排卵日2日前にセックスをする

酸性が弱まる排卵日にセックスするのではなく、酸性が強く保たれている2日前にセックスします。排卵日2日前というのは、排卵まで2日程度待つ必要があるので、寿命が長いX精子は有利になります。 

Y精子の方が、X精子よりも泳ぐスピードが速いため、Y精子の方が子宮膨大部に先に到達しますが、泳ぎ着いても、2日間排卵を待つ間に、寿命の短いY精子は死んでしまうのです。

ここで問題なのが、排卵日2日前を推測するのがとても難しいのです。基礎体温をつける習慣を身につけて、排卵日を確実に知るようにしてください。排卵検査薬で排卵日を予測してください。排卵検査薬はドラッグストアや通販でも購入可能です。

※精液を薄める
精子の数が増えると、Y精子の比率が高くなるので、精液をあまりため込まないように、少なくとも5日に1回は射精することが、女の子の産み分けには望ましいと言われています。
注)精液を薄めるためのセックスは、必ず避妊してください。

※セックスはあっさりと
X精子は、Y精子に比べて酸性に強いという特徴がありので、女性がオーガズムを感じると、アルカリ性の粘液が分泌され、膣内が中性に傾いて、Y精子にとって動きやすい状態になります。
女性がオーガズムを感じないような、刺激の少ないセックスが良いでしょう。

※ベイビーサポート「for girl」を使用する

男の子が欲しい場合は、ベイビーサポート「for boy」でしたが、女の子がほしい場合はベイビーサポート「for girl」を使用します。ベイビーサポート「for girl」は膣内を酸性に保つのに有効です。副作用を及ぼす可能性はありません。

※セックス後は避妊する
ベイビーサポート「for girl」を使用する日以外は避妊してください。
排卵日2日前以降のセックスで射精された精子が受精する可能性をなくすためです。

ベイビーサポートの使い方

ベイビーサポートの使い方は簡単です。

性交の直前に使用してください。

袋から取り出し、先端のキャップを取り外して局部に5㎝ほど注入する。

ピストンを最後まで押すだけです。

ベイビーサポートの使い方は簡単なのでベイビーサポートで100%産み分けできるという保証はありませんが、産み分けしたい方は少しでも産み分けの確率を上げるために「ベイビーサポート」を試してみてはいかがでしょうか?

 

ベイビーサポート使い方・タイミング まとめ

ベイビーサポートを使用しょうと思っている方は、通院の時間がない、病院が近くにないなど、ご自宅で産み分けを成功させたい方が多いと思います。私もその一人です。

基礎体温表と排卵検査薬で、排卵日を割り出して、ご自分のタイミングで実践することをオススメします。
(排卵検査薬は薬局やドラッグストア・通販で購入できます)

基礎体温は、毎朝同じ時刻に、目が覚めて体を動かす前にはかるのが原則です。
ベット(布団)の中で基礎体温をはかってくださいね。

月経が始まってから排卵日までが低温期、排卵から次の月経が始まるまでが高温期、そして、高温期の上がり始めの日が排卵日です。

男の子を希望する場合は排卵日当日、女の子を希望する場合は排卵日の二日前~前日にベイビーサポートを使用し性交してください。

ベイビーサポートのここがスゴい!

ベイビーサポートは、妊活中の「男の子(女の子)が欲しい」という希望をサポートする潤滑ゼリーです。

ゼリー・容器・袋・外箱すべてが日本製という特徴があります。

一般的な潤滑ゼリーでは「内容量が少ない」「悪影響がないか不安」といった声がありましたため成分は国産の天然成分を使用し、内容量も最適な量と言われる4.5mlとなっています。

妊活の成功をサポートするため、pH値と粘度にもとてもこだわっております。

また、容器に関しては医療業界向け製品の衛生環境で手術室での基準値になるほどの清潔な空間で製造しております。

2箱セット以上の購入者を対象に返金キャンペーンをしており1本単位から返金できます。

※予告なしにキャンペーン終了または、変更する場合があります。
必ず公式サイトで最新情報を確認してください。