精子提供マッチングサイト

~ベイビースクエア~

妊活のあたらしい選択

▼精子提供や精子バンクでの妊活を望むすべての女性&お夫婦様へ

精子提供を望む女性と精子提供ボランティア男性をつなぐ精子提供者マッチングサイトです。全国の精子提供希望男性かご希望条件の提供者を選んでコンタクトして相互合意すれば精子提供がスピーディーに軽い費用負担で実現できます。

▼精子提供を選ぶ理由
・セックスレスにより妊娠が見込めない
・無精子症(精液の中に精子がない)
・乏精子症(精液の中の精子の数が少ない)
・精子無力症(精子の運動率が悪い、元気な精子が少ない)
・精子死滅(精子に受精能力がない、もしくは精子が死んでいる)
・精子過剰症(精子の数が正常の2倍以上で、固まったりくっついたりする)
・パートナーが性同一障害・性的少数者(LGBT)・GD、GID
・非配偶者間人工授精(AID)での妊娠を希望
・さらには選択的シングルマザーによる精子提供希望者も多くなっています。
・結婚はしなくてもいいけど子供は欲しい
・キャリア(仕事)に忙しく結婚より先に出産はしておきたい
・離婚して親権は夫側のためもう一人産みたい
・実家暮らしで両親に子育てを協力してもらえる


salon image

精子提供について

news image

1.シリンジ(容器)提供

シリンジ(容器)提供はご自宅でおひとりでも簡単にできるセルフ人工授精法です。

針のない注射器(シリンジ)を使って精子を注入するだけです。

喫茶店等で待ち合わせして、容器への提供を30分程度お待ちいただきお手渡しします。

news image

2.タイミング法提供

タイミング法(直接精子提供)は排卵のタイミングに合わせて、自然なセックスにより精子提供を行う方法です。

男性との性交渉が苦手な場合は、射精時のみ挿入するなど最大限女性の負担がないように配慮します。

ホテルなどの用意が必要で時間も1~2時間は必要です。

news image

2.タイミング法提供

タイミング法(直接精子提供)は排卵のタイミングに合わせて、自然なセックスにより精子提供を行う方法です。

男性との性交渉が苦手な場合は、射精時のみ挿入するなど最大限女性の負担がないように配慮します。

ホテルなどの用意が必要で時間も1~2時間は必要です。

精子提供の流れ

design image

1.精子提供男性ボランティアにコンタクト

精子ドナーはその時のタイミングや精子希望の女性の条件に応じて返信の有無を判断しますので、ご自身が精子提供を希望する利用や生活状況を個人情報を伏せて可能な限り詳しく伝えましょう。

<最低限伝えるべき内容>
・ご自身の年齢や既婚未婚などのプロフィール
・精子提供を受けたい理由
・精子提供を受けたいタイミング
・男性提供者を選んだ理由(男性提供者にのぞむ条件など)
design image

2.精子提供男性ボランティアと面談

精子提供を受ける前に、必ず事前に面談のタイミングを持つことを推奨しています。

お互いの素性や活動の理由など、実際に会話してコミュニケーションすることで信頼感や安心感も得られます。また、精神的な障壁がクリアになったりしてその後の活動がスムースになります。逆に、不安に思ったりした際にははっきりとお断りされることも大切です。
design image

3.提供条件や提供方法の確認

精子提供者に応じて提供条件が異なります。対応可能な日時タイミングや提供費用、提供方法(シリンジ法かタイミング法)について希望を伝えたうえで、精子ドナーと条件を相互に確認して合意いたしましょう。

精子提供費用はドナーにより異なりますが、基本的には交通費やホテル代などの実費は提供を受ける女性側がご負担いただくのが前提になっています。

また、活動費用謝礼として1回ごとに1万円~程度の提供費用を設定して活動することを当会では推奨しています。
その理由に関してはこちらをご確認ください。
design image

4.精子提供の実施

精子提供の方法は主に2方式です。

 1.シリンジ法
これはいわゆる容器提供で精子を容器やシリンジに採取して、女性が別途膣内に注入する方法です。提供容器はいずれかで用意しましょう。医療用の滅菌容器が望ましいですが、市販の容器でも構いません。妊活用のシリンジセットなども市販されておりますのであらかじめご購入されるのもよろしいかと思います。

2.タイミング法
タイミング法は通常の性行為により妊娠タイミングの高い日を選んで提供する方法です。自然な提供手法ですがパートナーの理解や心理的な不安などの課題もあることから慎重に選択しましょう。タイミング法は排卵に合わせて性行為をする方法ですので基礎体温の計測や医療機関などでの相談など、きちんとしたタイミングを計り計画的に精子ドナーとの日程調整が大切になります。
design image

4.精子提供の実施

精子提供の方法は主に2方式です。

 1.シリンジ法
これはいわゆる容器提供で精子を容器やシリンジに採取して、女性が別途膣内に注入する方法です。提供容器はいずれかで用意しましょう。医療用の滅菌容器が望ましいですが、市販の容器でも構いません。妊活用のシリンジセットなども市販されておりますのであらかじめご購入されるのもよろしいかと思います。

2.タイミング法
タイミング法は通常の性行為により妊娠タイミングの高い日を選んで提供する方法です。自然な提供手法ですがパートナーの理解や心理的な不安などの課題もあることから慎重に選択しましょう。タイミング法は排卵に合わせて性行為をする方法ですので基礎体温の計測や医療機関などでの相談など、きちんとしたタイミングを計り計画的に精子ドナーとの日程調整が大切になります。
★継続して精子提供を受ける場合★

精子提供が1度で成功する確率は低いため、通常はしばらく毎月の精子提供を同じドナーから受けられることを推奨します。

また、無事妊娠された場合も第二子の相談など、長期にわたる関係が継続する場合もありますが、むやみなコンタクトをされることはトラブルのもとになります。

子供に合わせることを条件にするなどの男性ドナーは信頼に値しないため精子提供を受けることを見合わせた方がよいでしょう。

事前に精子提供条件をしっかりと確認しておきましょう。

精子提供を望まれる方へ

当会は妊活中や赤ちゃんを授かりたいすべての女性をサポートする活動をしています。特に男性側・旦那・パートナーの身体的な理由により現実的に赤ちゃんを授かるのが難しい女性へ精子提供活動を通して赤ちゃんが授かる機会をご提供する男性ボランティアをご自身で探してマッチングができます。

男性不妊(無精子症・乏精子症、精子無力症など)により妊娠が望めないが、「どうしても赤ちゃんが欲しい!」という女性にとって精子提供を受けるというのは選択肢のひとつだと思います。

精子バンクや精子提供を活用して妊娠する女性は年々増えており、また海外では一般的な妊娠活動といっても過言ではありません。

ただ、海外での提供は費用が高額ですし、国内医療機関では第三者からの精子提供はハードルが高く、ご自身で活動する以外に道がないのが現実です。

精子提供自体に様々な議論があることは承知していますが、実際にあきらめていた赤ちゃんを授かり本当に幸せな人生を歩まれている女性やご夫婦が多くいらっしゃることも事実です。

妊活や不妊治療に悩む女性を少しでもサポートし幸せな未来を実現するために当会では健康で妊娠するに十分な精子を提供します。

salon image

精子提供という選択

男性不妊やトランスジェンダーや性同一性障害のご夫婦・カップル様に関しては、精子提供によって子供を授かることが選びうる選択肢の中でも養子などに選択しやすい方法です。

また、選択的シングルマザーとして社会的経済的に自立した情勢が結婚することなく子供を産み育てる選択をされる女性も多くいらっしゃいます。

あるいは、妊娠適齢期を前にして、結婚はゆっくりパートナーを選ぶにしても子供は産めるうちに産んでおきたいと考えて、精子提供を受けられる女性も多いです。

昨今は離婚率も高くシングルマザーや晩婚化も手伝って社会的な許容も広いため、精子提供による妊娠出産を選ばれる女性からのご依頼にお答えしています。

精子提供を依頼するには?

ベイビースクエアでは原則、精子提供活動費として男性提供ボランティアへ1万円程度の謝礼をお支払いいただくことを前提としています。

もちろん、相互のお話合いや男性提供者の活動方針に沿って自由に活動いただいてますので、無償提供の方もいらっしゃいますし、謝礼条件も個別にご確認いただければ結構です。

なぜ金銭を介在させるのかと申しますと

1.心理負担をなくす(無償だと複数回提供いただくと申し訳なくなる)
2.男性の権利を一切放棄することを前提とする
3.生活経済基盤の確認

が主な理由です。

メールでのやり取りと面談

次に、当サイトで条件に近い提供者へコンタクトして精子提供への打診をしてください。

メールで返信あれば、まずはメールで何度か連絡を取り合い、信頼できそうか?ご自身の条件に合っているか?などを確認したのち、必ず事前面談を行ってください。

面談時に排卵日のタイミングと合わせて提供まで進まれても結構ですし、お話だけして後日提供を受けるかどうか回答しても結構です。

面談をしたからと言って必ず提供を受けなくてはいけないわけではありませんから、納得いく提供者に出会うまで面談を行ってください。

精子提供希望の男性へ

▼登録費用3万円で女性提供希望者よりオファーが届きます

精子提供マッチングサイト「ベイビー・プラチナパートナー」では、精子提供ボランティアができる男性を広く募集しております。

登録は以下の条件にあてはまる方であればどなたでも結構です。

登録いただくと当サイト経由で女性の精子提供希望者から、提供依頼のメールが届きます。

登録後すぐに依頼がある場合もありますし、依頼が半年以上なかなか来ない場合もあります。ご自身の活動エリアや年齢や体型等の条件によって様々です。

できるだけプロフィールやアピールポイントを詳細にご登録いただくことで女性希望者も選びやすくなります。

 

男性の精子提供者の登録条件

・心身ともに健康で、性病などの罹患なく性病検査の診断書が提出できる方
・遺伝病等の子供への影響があるとみなされる病気がない方
・精子提供後の提供者への一切のコンタクトをしないことをお約束できる方
・安易な性行為目的や金銭目的などではなく、心から妊娠を望む女性への精子提供のボランティアであることの活動理念に共感いただける方
・一般的な言動やマナーに気を使い、コミュニケーションがきちんととれる方

精子提供登録者とは?


精子提供をしてほしい女性と、精子提供ボランティア活動する男性をマッチングします。

基本的には初期登録料として3万円をご入金いただければ、以後は費用は一切かかりません。

登録後は精子提供活動費用として女性希望者より以下の謝金を受け取ることを推奨しています。

・シリンジ提供1回につき1万円

・タイミング法(性行為)による提供1回につき1万円

活動費用はご自身にて受領いただき当会への支払い義務も一切ございません。

交通費やホテル代等も基本的に女性希望者に実費ご負担いただくことが原則ですので、ご自身の活動で費用が発生することはございません。

 

▼なぜ活動費用をいただくの?


女性提供希望者とドナーとのあいだに若干でも金銭を介在させることで心理的な負担をなくすことができます。女性は数度にわたり男性提供者に精子提供を依頼することがありますが、無償ボランティアの場合は回数を重ねると申し訳ない気持ちになってしまうらしく、せっかくの提供行為自体が心理的に負担になります。

また、男性側も金銭を介在させることで提供後の一切の権利を放棄することを前提とした活動であると精神的に割り切ることができます。

精子提供活動をお互いに心理的負担をなるべく抑えて、フラットな状態となるためには貸し借りのない関係性を作るうえで、活動費の支払いは当会の運営上スムーズであると長年の経験上で培った知恵として定着しています。

女性提供者の生活基盤の確認の上でも1万円程度の負担に支障がある場合は子供を育てる安定した生活を送ることができないということにもなりますし、中には女性側が性行為目的で依頼する場合もあり、ある程度の金額設定は理にかなっていると理解しています。

実際に提供依頼はあるの?


精子提供依頼は、ほぼ毎日のように全国から依頼が届きます。

皆さんが思う以上に妊活や子づくりで悩まれている女性が多く、また昨今ではトランスジェンダーや性同一性障害を乗り越えたカップル&ご夫婦の結婚も増えており、そのような方々の子供を持ちたいという希望に対して、選択肢の一つとしての精子提供は広がりつつあります。

 

選ばれるポイントとしては、学歴や身体的優位性(背が高い・二重瞼・スタイルがよいなど)のほか、血液型やパートナーとの身体的特徴とできるだけ似てる方からの提供を希望される場合もあるので、どなたでも精子提供の機会はあります。


登録方法と活動手順

1.当サイトから必要事項フォーム入力
2.登録料3万円を指定の銀行口座に入金、または以下PAYPALにてカード決済
3.女性希望者からの依頼メールを待つ
4.依頼メールあれば対応し、初回面談を実施する(双方で面識を持ち精子提供への懸念や手順を相互に確認)
5.面接時または後日に精子提供(タイミングや日程によって)


初期登録料お支払い(カード決済対応)

ご要望にお応えしてヤフオクシステムを使ってカード決済ですぐに登録が完了できるようにいたしました。

以下のURLより入金決済をお手続きください。※フォームには必ず記入して送信作業を完了してください。

 https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r260589120

salon image
【よくあるご質問】

Q.精子提供や精子バンクって何ですか?

女性の妊活の際に、男性側の理由により妊娠が見込めない場合にパートナー以外の男性から精子だけを提供してもらうケースがあります。日本ではあまり認知はされていませんが、精子提供や精子バンクによって誕生する命も想像以上にいらっしゃいます。海外ではそのような非配偶者人工授精がポピュラーとなりつつあります。

精子バンクとは、男性から提供された精液を冷凍して保管する機関・施設です。妊娠を望む女性に、保管していた精子を提供します。全く知らない男性の精子というわけではなく、ある程度精子提供者のプロフィールを知ることができるので、自分が望む遺伝子を持つ男性かどうかを把握して利用することができます。パートナーが無精子症などの男性不妊のために妊娠できないと判断されたカップルや、男性との性交渉は行わずに子どもを育てたいと願う同性愛の女性、結婚しないままで子供だけを産み育てたいと思う女性など、様々な女性が対象です。

精子提供とは、こうした精子バンクなどへ自分の精液を提供したり、インターネットなどを通して個人的に知り合って性交渉や容器提供で精子を提供してもらう場合もあります。有償・無償どちらの場合もありますが、当会は活動理念として有償としています。



Q.事前の性病検査はどうすればいい?

A.ブライダルチェックや産婦人科でも検査は受けられますが、費用や手軽さからインターネットで検査キットを購入してチェックするのがおすすめです。

1.5万円程度でクラミジア、淋菌、血液HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎、クラミジア、淋菌がチェックできます。「性感染症検査キッド」などと検索してみてください。



Q.面談は必ず必要ですか?

A.基本的には対面しての面談をお願いしています。遠方などで交通費のご負担などを考えて、面談と提供を同日に行うことは可能です。その際は排卵日等の日程を予め確認して都合よい日程をご相談ください。

しかしながら、対面での面談がどうしても苦手だったり、会うと精神的に子育てに影響があるとお感じの場合は個別にご相談ください。メールや電話での面談など臨機応変に対応します。



Q.精子提供の場所はどのような所が良いですか?

A.シリンジ(容器)提供の場合は、スターバックスなどのカフェやシティホテルのラウンジで待ち合わせして30分程度お待ちいただきご提供することがほとんどです。

どうしても他人の目が気になる場合は、カラオケボックスや非対面での提供方法をご相談ください。

直接精子提供の場合は、シティホテルやビジネスホテルをご予約いただいてお部屋にお伺いする場合もありますし、待ち合わせてラブホテルにご一緒に入室することも可能です。



Q.精子提供の期間や回数・人数に制限はありますか?

A.毎月一回の提供がほとんどですので、数か月から1年程度の精子提供を継続される方が多いようです。最大で月2~3回の精子提供(排卵日の前後&直接提供とシリンジ提供の併用)を行った場合もございます。

特に制限はございませんが、当会は有償精子提供とさせていただいているためご負担が大きくならない範囲内での提供をお勧めします。
ただ、精子提供期間は直接提供は男性一名に限定させていただきます。

1か月以内に複数男性からの直接精子提供は認められません。また、男性精子提供者が変わる場合は都度初回精子提供費用および性病チェックのご提出をお願いしています。



Q.精子提供男性の希望はできますか?

A.現在、男性提供希望者を募集しておりますが、私以外の精子提供は見合わせています。事前に私以外の精子提供希望者と面談等のやり取りを経て、この人であれば!という方を探していますが、なかなか人数は増えませんし、私も責任を取り切れない部分もありまして実現に至っておりません。

ただ、地理的な問題や血液型の問題で私が提供できないケースもございますので、検討事項としていつか実現できる体制を整えたいと思っています。



Q.非配偶者間人工授精(AID)ってなんですか?

A.提供精子を用いる人工授精 は任意の精子提供者や精子バンクからの精子を子宮内へ注入することで妊娠に至る方法です。健康な男性により提供された精子はその質も量も優良であることが多く、男性不妊やパートナーの理由により妊娠が見込めない場合に最も効果的な妊活方法になります。

提供精子を用いる人工授精は、男性に遺伝性疾患がある場合や精子が作られない場合(精巣機能不全)、若しくは男性パートナーのいない女性に適用されることが多いです。





Q.どのくらいの回数で妊娠するでしょうか?

A.これはまったく平均的な妊娠までの提供回数というものはなく、1回で妊娠される方も多くいらっしゃいますし、半年から1年程度の提供で妊成功された方もいますので、何とも言えません。

が、比較的成功率を高める方法としては、やはり婦人科等で妊娠しやすいタイミングにあわせて精子提供を受けることが重要なようです。また、妊娠しやすい身体的な準備も重要なようなので、仕事が忙しかったり体調不良などがある場合は見合わせ、妊娠に向けて前向きな環境が整った段階が望ましいです。

また、確率的にはシリンジ提供よりは直接提供(ストレート提供)の方が妊娠率は高いようです。ご参考ください。



Q.二人目不妊でも精子提供いただけますか?

A.はい。二人目の赤ちゃん妊活中の方の精子提供依頼もございます。

基本的に面談のうえ提供可能であると判断した場合はご協力させていただきます。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

当サイトでは個人の情報は厳正に取り扱い、外部に漏洩や情報提供することは一切ありません。

 

 

 ユーザーの個人情報をお預かりするにあたり、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築します。
当社は個人情報に関する法令を遵守し、個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底し、個人情報の適切な取扱いと保護を推進致します。

個人情報の取得
当社は、適正に個人情報を取得いたします。

個人情報の管理
ユーザーの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

個人情報の利用目的
個人情報を以下の目的のために利用いたします。

・当サイトからのご連絡や掲載のご案内やご質問に対する回答
・サービスに関する情報提供

個人情報の第三者への開示・提供の禁止
当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

お客さまの同意がある場合
お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
法令に基づき開示することが必要である場合

個人情報の安全管理
当社は、個人情報の漏えい・紛失防止のため、また正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

ご本人の照会
お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

法令、規範の遵守と見直し
当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

salon image